虫眼鏡 ロゴ

【2022年最新版】東日本旅客鉄道に就職すると年収はいくら? | 就活生必見!年代・役職別年収や、業界ランキングを徹底調査!

最終更新日:


東日本旅客鉄道の平均年収ランキングのまとめ

東日本旅客鉄道株式会社は、東京都に本社を構える、陸運業で事業を手掛ける企業です。 東日本旅客鉄道の平均年収は639万円で、業界ランキング26位の平均年収となっています。 今回は、そんな東日本旅客鉄道に就職すると年収がいくらになるのかについて、年代別・役職別などの軸で徹底分析をしていきます。 ぜひ就職後のイメージと照らし合わせながら読んでみてください!また、面接対策に役立つ東日本旅客鉄道の事業内容や沿革も紹介していきます。 是非最後まで読んで、就職活動の参考にしてくださいね!

また、下記の記事では、東日本旅客鉄道について、より就活生にたった視点で平均年収を分析しているので、就活生の方はぜひこちらもチェックしてみてください!


おすすめコンテンツ


東日本旅客鉄道の平均年収はいくら?

平均年収のサマリー

2022年度の東日本旅客鉄道の平均年収は、639万円でした(有価証券報告書調べ)。全国平均の年収が614万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

ここで、平均年収の推移をみてみましょう。

平均年収の推移

東日本旅客鉄道の平均年収の推移

東日本旅客鉄道の平均年収は直近7年間で、 -10.0%減少と減少トレンドとなり、平均年収が減少していることが分かります。

年代別の平均年収

東日本旅客鉄道の年代別平均年収

次に、年代別の平均年収をみてみましょう。25~29歳の平均年収は525万円で、 30~34歳になると580万円と平均年収が55万円プラスとなります。 さらに、35~39歳になると622万円で、40~45歳になると639万円40~45歳になると654万円となります。 そして、50~54歳になると649万円55~59歳になると646万円となります。

※こちらの試算は、東日本旅客鉄道株式会社が発表をしている有価証券報告書と、厚生労働省が発表をしている 賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。 詳しい計算方法については、こちらのページを参考にしてください。

ここまで、東日本旅客鉄道の平均年収のサマリーについてみてきました。 しかし、就職活動をする上で他社との比較は欠かせません。 東日本旅客鉄道の平均年収は業界やエリア別で分析した際に、 上位何位なのでしょうか?

それでは、ランキングについて確認をしていきましょう!


ランキング

業界内ランキング

東日本旅客鉄道の業界内年収ランキング

東日本旅客鉄道が属する業界である、「陸運業」の上場企業平均年収は529万円でした。 そのため、東日本旅客鉄道の平均年収は業界平均と比較をして 110万円高く、 業界内ランキングでは、104社中26位と比較的高い平均年収となっています。

次に、エリア内のランキングについて確認していきましょう!

エリア内ランキング

東日本旅客鉄道のエリア内年収ランキング

東日本旅客鉄道の本社がある東京都における上場企業の平均年収は652万円となります。
そのため、東日本旅客鉄道の平均年収はエリア平均と比較をして 13万円低く、 エリア内ランキングでは、2266社中1050位同程度の平均年収となっています。

以上、東日本旅客鉄道の年収ランキングについて見てきました。 ここまで読んでボーナスの額や、出世するといくら貰えるか気になる方も多いかと思います。

それでは、ボーナスの額や役職別の平均年収について確認をしてみましょう!

東日本旅客鉄道でキャリアを重ねると

ボーナスはどれくらい貰える?

東日本旅客鉄道のボーナス額の平均値は、102万円でした。 同業種の業界平均が85万円であることから、 17万円程高い金額になっています。

出世するといくら貰える?

東日本旅客鉄道の役職別平均年収の比較

次に、東日本旅客鉄道の役職別平均年収をみてみましょう。

係長の平均年収は792万円、 課長の平均年収は1036万円、 部長の平均年収は1249万円と、 同業界の平均と比較をして 比較的高い水準にあることが分かります。


東日本旅客鉄道の生涯年収はいくら?

東日本旅客鉄道の生涯年収ランキング

調査の結果、東日本旅客鉄道の平均生涯年収は2.2億円でした。

全国の平均生涯年収が2.4億円であることを考えると、 東日本旅客鉄道の生涯年収は 比較的高い水準となっています。

※ 生涯年収は、新卒または第二新卒から60歳まで東日本旅客鉄道株式会社で働いたと仮定して算出しています。


東日本旅客鉄道の従業員調査

ここまで東日本旅客鉄道の年収を様々な角度から分析してきました。 しかし、就職先を検討する際には、給与・収入面だけでなく、その企業にどういった人が働いているかを知っておくことが重要です。 従業員のデータを予め分析して入社後のミスマッチを減らしておきましょう。

東日本旅客鉄道の従業員数

東日本旅客鉄道の従業員数比較

有価証券報告書によると、東日本旅客鉄道の従業員数は、43013人でした。 陸運業の従業情報員の平均従業員数が、2392人であることから、 業界より比較的多い人数であることが分かります。
また、同業種内での従業員数ランキングが1位(104社中)であることからも、 かなり規模の大きい企業であることが分かります。

東日本旅客鉄道の従業員の平均勤続年数

東日本旅客鉄道の平均勤続年数比較

有価証券報告書によると、東日本旅客鉄道の平均勤続年数は、15.6年でした。 陸運業の従業員の平均属年数が、15.1年であることから、 一度東日本旅客鉄道に就職した人が比較的長い期間働いている、定着率の高い職場と言えそうです。

東日本旅客鉄道の従業員平均年齢

東日本旅客鉄道の従業員の平均年齢比較

有価証券報告書によると、東日本旅客鉄道の従業員の平均年齢は、38.2歳でした。 陸運業の従業員の平均年齢が、44.2歳であることから、 比較的若い人の多い職場であると言えます。

東日本旅客鉄道の離職率

東日本旅客鉄道の従業員の離職率

東日本旅客鉄道の10年以内の離職率は男性従業員が11.0%女性従業員が9.0%

でした。 運輸業、郵便業の10年以内の平均離職率が、男性従業員が38.4%、女性従業員が49.9%であることから、 男女ともに比較的離職率が低いことが分かります。
※ 参考:厚生労働省発表 – 女性の活躍推進企業データベースオープンデータ(2021年10月25日時点)を加工して作成


東日本旅客鉄道の勤務環境はブラック?それともホワイト?

ここまで、東日本旅客鉄道の平均年収と従業員について分析してきました。 ところで、東日本旅客鉄道の勤務環境はブラックなのでしょうか?それともホワイトなのでしょうか? 見極める一つの判断材料として残業時間や有給休暇日数について確認してみましょう!

東日本旅客鉄道における従業員の平均残業時間と有給休暇の取得日数

東日本旅客鉄道の平均残業時間

東日本旅客鉄道の従業員の平均残業時間は、一月あたり14.0時間でした。 運輸業、郵便業の従業員の平均残業時間が、23.5時間であることから、 比較的残業時間が短いことが分かります。

東日本旅客鉄道の従業員の有給休暇の平均取得日数は、一年で15.2日でした。 運輸業、郵便業の従業員の平均日数が、10.9日であることから、 比較的有給休暇をとりやすいことが分かります。

東日本旅客鉄道の長時間労働是正のための取組内容

東日本旅客鉄道は次のような取り組みによって、長時間労働是正に励んでいるようです。

企画部門における効率的な働き方の実践(メリハリワーク)

出典:厚生労働省発表 – 女性の活躍推進企業データベースオープンデータ(2021年10月25日時点)


東日本旅客鉄道は女性にとって働きやすい?

東日本旅客鉄道が女性にとって働きやすい環境か気になる方も多いと思います。 それでは、育休取得率と女性従業員の割合をみてみましょう!

東日本旅客鉄道における女性の育休取得率と女性従業員の割合

東日本旅客鉄道の女性の育休取得率

東日本旅客鉄道の女性従業員の育休取得率は、100.0%でした。 運輸業、郵便業の女性従業員の育休取得率が平均68.2%であることから、 比較的育休がとりやすいことが分かります。

東日本旅客鉄道の女性従業員の割合

東日本旅客鉄道の従業員に占める女性従業員の割合は、14.6%でした。 運輸業、郵便業の女性従業員の割合が平均18.3%であることから、 比較的女性従業員が少ないことが分かります。

東日本旅客鉄道の女性活躍を推進する取り組み

東日本旅客鉄道は次のような取り組みによって、女性の活躍を推進しているようです。

*①労働者に占める女性労働者の割合(雇用管理区分6以降)
  雇用管理区分6 グリーンスタッフ 38.8%
  雇用管理区分7 テンポラリースタッフ 30.3%

出典:厚生労働省発表 – 女性の活躍推進企業データベースオープンデータ(2021年10月25日時点)


東日本旅客鉄道の事業展望

「せっかく東日本旅客鉄道に採用してもらったのに、仕事内容や社風が合わない、、、」なんてことは避けたいですよね。 そのためにも、東日本旅客鉄道が今後どのような成長戦略を考えているのかを知っておくことはとても重要です。 また、それだけでなく東日本旅客鉄道がどのような人を採用したいと考えているのか見えてくるかもしれません。 それでは一緒に事業展望を見ていきましょう!

東日本旅客鉄道は、事業戦略として、「IT・Suicaサービスの3つのサービスの融合により、グループの力を最大化し新たな価値を生み出すことで、2025年度には運輸事業セグメントとそれ以外のセグメントの営業収益の比率を「6:4」にしていく」ようです。
また、有価証券報告書によると、今後の事業成長のために以下の取り組みを掲げています。

  • 運賃制度や列車ダイヤといった事業運営の基本となる事項について、ご利用状況等を踏まえ、より柔軟な運用に向けて検討を行うとともに、地方ローカル線については、沿線自治体等と持続可能な交通体系の構築に向けた協議を進める
  • グループ経営ビジョン「変革2027」の実現に向けて、「安全」を引き続き経営のトッププライオリティと位置づけ、「収益力向上(成長・イノベーション戦略の再構築)」、「経営体質の抜本的強化(構造改革)」および「ESG経営の実践」に取り組んでいく
  • 気運・移動需要を喚起して鉄道事業のご利用を回復させるとともに、ライフスタイルの変化に対応した新しい商品・サービスを展開し、持つ強みを活かして積極的に新領域へ挑戦する

業績分析

続いて、有価証券報告書の決算情報をもとに、東日本旅客鉄道の将来性を分析していきしょう!

純利益から見る東日本旅客鉄道の将来性

東日本旅客鉄道の純利益高推移のグラフ

次に、東日本旅客鉄道の純利益推移についてみてみましょう。 直近7年間の純利益成長率は-147.4%で、 成長がやや鈍化していると言えるでしょう。
また、東日本旅客鉄道の売上高ランキングは、 同業種で103位業界平均と同等程度、もしくは下位に位置しています。


東日本旅客鉄道の競合企業は?

東日本旅客鉄道と企業規模が比較的近く、かつ類似した事業内容を展開する企業は以下の企業です。 これらの企業の情報もチェックをしてみて下さいね。

企業名 平均年収 事業内容
西日本旅客鉄道株式会社 566万円 陸運業
日本通運株式会社 578万円 陸運業
京王電鉄株式会社 649万円 陸運業
東海旅客鉄道株式会社 687万円 陸運業
神姫バス株式会社 452万円 陸運業
小田急電鉄株式会社 697万円 陸運業
広島電鉄株式会社 509万円 陸運業
東京地下鉄株式会社 720万円 陸運業
九州旅客鉄道株式会社 469万円 陸運業
京浜急行電鉄株式会社 622万円 陸運業

陸運業業界の企業年収ランキングは?

東日本旅客鉄道が属する陸運業業界において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、陸運業業界における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一業界の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 ヤマトホールディングス株式会社 1018万円 25人
2位 相鉄ホールディングス株式会社 832万円 80人
3位 阪急阪神ホールディングス株式会社 819万円 204人
4位 株式会社日立物流 818万円 1224人
5位 株式会社西武ホールディングス 795万円 352人
6位 東急株式会社 745万円 1414人
7位 カンダホールディングス株式会社 739万円 28人
8位 SGホールディングス株式会社 728万円 231人
9位 関西高速鉄道株式会社 721万円 48人
10位 東京地下鉄株式会社 720万円 9880人

陸運業業界に属する会社の年収ランキングの続きは、こちらをご覧ください!


東京都の企業年収ランキングは?

東日本旅客鉄道が属する東京都において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、東京都における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一エリア内の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社 2735万円 731人
2位 M&Aキャピタルパートナーズ株式会社 2688万円 150人
3位 ヒューリック株式会社 1803万円 189人
4位 株式会社光通信 1682万円 7人
5位 三菱商事株式会社 1631万円 4629人
6位 ショーボンドホールディングス株式会社 1563万円 10人
7位 株式会社リゾート&メディカル 1560万円 2人
8位 株式会社めぶきフィナンシャルグループ 1490万円 16人
9位 ソレイジア・ファーマ株式会社 1490万円 21人
10位 三井物産株式会社 1482万円 5587人

東京都に本社を構える会社の年収ランキング続きは、こちらをご覧ください!


企業データ

最後に、東日本旅客鉄道の企業データについて調査した結果を記載します。

項目詳細
会社名東日本旅客鉄道株式会社
設立年月日1987年
所在地東京都渋谷区代々木2丁目2番2号
代表取締役社長代表取締役社長  深 澤 祐 二
業種陸運業

東日本旅客鉄道の歴史

歴史を知っておくことは、その会社の安定性を理解するだけでなく、面接対策の観点からもとても重要です。 東日本旅客鉄道の創設年は1987年で35年の社歴を持っており、 陸運業の中では 比較的若い企業であると言えます。

歴史をもっと見る

年月

事項

1987年4月

・ 東日本旅客鉄道株式会社を設立、日本国有鉄道(以下「国鉄」という)の事業等を引き継ぎ、旅客鉄道事業、旅客自動車運送事業等を開始(当社を含む6旅客鉄道株式会社および日本貨物鉄道株式会社が設立され、国鉄は日本国有鉄道清算事業団(現独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構)に移行)

   7月

・ 東日本キヨスク株式会社(現株式会社JR東日本クロスステーション)の株式取得、子会社化(現連結子会社)

1988年4月

・ 関連事業の推進体制の強化等を目的に、開発事業本部を設置

 

・ バス事業部門を分離するため、ジェイアールバス東北株式会社およびジェイアールバス関東株式会社を設立し、営業譲渡(現連結子会社)

   5月

・ 株式会社ジェイアール東日本企画を設立(現連結子会社)

1989年4月

・ ジェイアール東日本高架開発株式会社(現株式会社ジェイアール東日本都市開発)を設立(現連結子会社)

   11月

・ 情報システム部門を分離するため、株式会社ジェイアール東日本情報システム(現株式会社JR東日本情報システム)を設立し、営業譲渡(現連結子会社)

1990年3月

・ 日本食堂株式会社(現株式会社JR東日本クロスステーション)の株式取得、子会社化(現連結子会社)

   4月

・ 東京圏駅ビル開発株式会社(現株式会社アトレ)を設立(現連結子会社)

   8月

 

・ ジェイアール東日本ビルテック株式会社(現JR東日本ビルテック株式会社)を設立(現連結子会社)

1991年6月

・ 東北および上越新幹線東京~上野間(営業キロ3.6㎞)の営業を開始

   10月

・ 東北および上越新幹線鉄道に係る鉄道施設(車両を除く)を新幹線鉄道保有機構(現独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構)から譲受け

1992年4月

・ ジェイアール東日本メカトロニクス株式会社(現JR東日本メカトロニクス株式会社)を設立(現連結子会社)

   7月

・ 東北新幹線から奥羽線(福島~山形間)へ直接乗り入れる山形新幹線(通称)の運転を開始

1993年10月

・ 日本国有鉄道清算事業団(現独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構)所有の当社株式250万株の売却

・ 東京、大阪、名古屋の各証券取引所市場第一部および新潟証券取引所に株式上場

1996年10月

・ 東京地域本社(現東京支社)の一部を分離し、横浜支社を設置

1997年3月

・ 東北新幹線から田沢湖線(盛岡~大曲間)および奥羽線(大曲~秋田間)へ直接乗り入れる秋田新幹線(通称)の運転を開始

   6月

・ 関連事業本部と開発事業本部を統合し、事業創造本部を設置

   9月

・ 本社を東京都千代田区から東京都渋谷区へ移転

   10月

・ 北陸新幹線高崎~長野間(営業キロ117.4㎞)の営業を開始

1998年4月

・ 東京地域本社(現東京支社)の一部を分離し、八王子支社を設置

1999年8月

・ 日本鉄道建設公団(現独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構)所有の当社株式100万株の売却

   9月

・ 弘済整備株式会社(現株式会社JR東日本環境アクセス)の株式取得、子会社化(現連結子会社)

   12月

・ 山形新幹線(通称)の奥羽線乗り入れ区間を新庄駅まで延伸し、運転を開始

2000年4月

・ 社員教育の充実・強化を目的に、JR東日本総合研修センターを設置

 


まとめ

今回の記事では、東日本旅客鉄道の年収を中心に、業績の推移や競合企業との比較など、就職活動のためになる情報を徹底調査をしてきました。
会社選びをするうえで、インターネットの評判や社員の方による口コミも参考になりますが、企業のデータを知ることもとても重要です。

関連する業界については、下記で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

また、他の同業種の企業についても企業研究をしたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい!

【関連企業の年収を徹底調査】

このサイトについて

各企業の平均年収や平均勤続年数・平均年齢・従業員数などの基本情報は、有価証券報告書をデータソースとして使用しています。また、年齢別年収・役職別年収・生涯年収は、政府が公表している各種調査情報を元に、統計的な手法によって独自に算出をしています。詳しい算出方法はこちらのページをご覧ください。

出典

監修 年収チェッカー編集部


本サイトの記事は、人材業界と統計学の双方に専門的な知識を持つ、年収チェッカー編集部によって作成されています。