虫眼鏡 ロゴ

【2021年最新版】富士通に就職すると年収はいくら? | 就活生必見!年代・役職別年収や、業界ランキングを徹底調査!

最終更新日:


富士通の平均年収ランキングのまとめ

富士通株式会社は、神奈川県に本社を構える、電気機器で事業を手掛ける企業です。 富士通の平均年収は865万円で、業界ランキング87位の平均年収となっています。 今回は、そんな富士通に就職すると年収がいくらになるのかについて、年代別・役職別などの軸で徹底分析をしていきます。 ぜひ就職後のイメージと照らし合わせながら読んでみてください!また、面接対策に役立つ富士通の事業内容や沿革も紹介していきます。 是非最後まで読んで、就職活動の参考にしてくださいね!

また、下記の記事では、富士通について、より就活生にたった視点で平均年収を分析しているので、就活生の方はぜひこちらもチェックしてみてください!


おすすめコンテンツ


富士通の平均年収はいくら?

平均年収のサマリー

2021年度の富士通の平均年収は、865万円でした(有価証券報告書調べ)。全国平均の年収が436万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

ここで、平均年収の推移をみてみましょう。

平均年収の推移

富士通の平均年収の推移

富士通の平均年収は直近6年間で、 +6.8%増加と上昇トレンドとなり、平均年収が増加していることが分かります。

年代別の平均年収

富士通の年代別平均年収

次に、年代別の平均年収をみてみましょう。25~29歳の平均年収は576万円で、 30~34歳になると664万円と平均年収が88万円プラスとなります。 さらに、35~39歳になると757万円で、40~45歳になると808万円40~45歳になると865万円となります。 そして、50~54歳になると934万円55~59歳になると933万円となります。

※こちらの試算は、富士通株式会社が発表をしている有価証券報告書と、厚生労働省が発表をしている 賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。 詳しい計算方法については、こちらのページを参考にしてください。

ここまで、富士通の平均年収のサマリーについてみてきました。 しかし、就職活動をする上で他社との比較は欠かせません。 富士通の平均年収は業界やエリア別で分析した際に、 上位何位なのでしょうか?

それでは、ランキングについて確認をしていきましょう!


ランキング

業界内ランキング

富士通の業界内年収ランキング

富士通が属する業界である、「電気機器」の上場企業平均年収は652万円でした。 そのため、富士通の平均年収は業界平均と比較をして 213万円高く、 業界内ランキングでは、1555社中87位と比較的高い平均年収となっています。

次に、エリア内のランキングについて確認していきましょう!

エリア内ランキング

富士通の役職別平均年収の比較

富士通の本社がある神奈川県における上場企業の平均年収は609万円となります。
そのため、富士通の平均年収はエリア平均と比較をして 256万円高く、 エリア内ランキングでは、1165社中51位比較的高い平均年収となっています。

以上、富士通の年収ランキングについて見てきました。 ここまで読んでボーナスの額や、出世するといくら貰えるか気になる方も多いかと思います。

それでは、ボーナスの額や役職別の平均年収について確認をしてみましょう!

富士通でキャリアを重ねると

ボーナスはどれくらい貰える?

富士通のボーナス額の平均値は、139万円でした。 同業種の業界平均が70万円であることから、 69万円程高い金額になっています。

出世するといくら貰える?

富士通のエリア内年収ランキング

次に、富士通の役職別平均年収をみてみましょう。

係長の平均年収は1073万円、 課長の平均年収は1403万円、 部長の平均年収は1691万円と、 同業界の平均と比較をして 比較的高い水準にあることが分かります。


富士通の生涯年収はいくら?

富士通の生涯年収ランキング

調査の結果、富士通の平均生涯年収は2.8億円でした。

全国の平均生涯年収が2.4億円であることを考えると、 富士通の生涯年収は 比較的高い水準となっています。

※ 生涯年収は、新卒または第二新卒から60歳まで富士通株式会社で働いたと仮定して算出しています。


富士通の従業員調査

ここまで富士通の年収を様々な角度から分析してきました。 しかし、就職先を検討する際には、給与・収入面だけでなく、その企業にどういった人が働いているかを知っておくことが重要です。 従業員のデータを予め分析して入社後のミスマッチを減らしておきましょう。

富士通の従業員数

富士通の従業員数比較

有価証券報告書によると、富士通の従業員数は、32026人でした。 電気機器の従業情報員の平均従業員数が、2068人であることから、 業界より比較的多い人数であることが分かります。
また、同業種内での従業員数ランキングが22位(1555社中)であることからも、 かなり規模の大きい企業であることが分かります。

富士通の従業員の平均勤続年数

富士通の平均勤続年数比較

有価証券報告書によると、富士通の平均勤続年数は、19.6年でした。 電気機器の従業員の平均属年数が、15.6年であることから、 一度富士通に就職した人が比較的長い期間働いている、定着率の高い職場と言えそうです。

富士通の従業員平均年齢

富士通の従業員の平均年齢比較

有価証券報告書によると、富士通の従業員の平均年齢は、43.8歳でした。 電気機器の従業員の平均年齢が、42.7歳であることから、 比較的年齢の高い職場であると言えます。

富士通の離職率

富士通の従業員の離職率

富士通の10年以内の離職率は男性従業員が27.0%女性従業員が30.9%

でした。 電子部品・デバイス・電子回路・電気機械器具・情報通信機械器具製造業の10年以内の平均離職率が、男性従業員が28.3%、女性従業員が38.4%であることから、 男女ともに比較的離職率が低いことが分かります。
※ 参考:厚生労働省発表 – 女性の活躍推進企業データベースオープンデータ(2021年10月25日時点)を加工して作成


富士通の勤務環境はブラック?それともホワイト?

ここまで、富士通の平均年収と従業員について分析してきました。 ところで、富士通の勤務環境はブラックなのでしょうか?それともホワイトなのでしょうか? 見極める一つの判断材料として残業時間や有給休暇日数について確認してみましょう!

富士通における従業員の平均残業時間と有給休暇の取得日数

富士通の平均残業時間

富士通の従業員の平均残業時間は、一月あたり25.7時間でした。 電子部品・デバイス・電子回路・電気機械器具・情報通信機械器具製造業の従業員の平均残業時間が、15.5時間であることから、 比較的残業時間が長いことが分かります。

富士通の従業員の有給休暇の平均取得日数は、一年で14.5日でした。 電子部品・デバイス・電子回路・電気機械器具・情報通信機械器具製造業の従業員の平均日数が、12.8日であることから、 比較的有給休暇をとりやすいことが分かります。


富士通は女性にとって働きやすい?

富士通が女性にとって働きやすい環境か気になる方も多いと思います。 それでは、育休取得率と女性従業員の割合をみてみましょう!

富士通における女性の育休取得率と女性従業員の割合

富士通の女性の育休取得率

富士通の女性従業員の育休取得率は、100.0%でした。 電子部品・デバイス・電子回路・電気機械器具・情報通信機械器具製造業の女性従業員の育休取得率が平均96.6%であることから、 比較的育休がとりやすいことが分かります。

富士通の女性従業員の割合

富士通の従業員に占める女性従業員の割合は、18.2%でした。 電子部品・デバイス・電子回路・電気機械器具・情報通信機械器具製造業の女性従業員の割合が平均20.2%であることから、 比較的女性従業員が少ないことが分かります。

富士通の女性活躍を推進する取り組み

富士通は次のような取り組みによって、女性の活躍を推進しているようです。

◆男女別採用競争倍率(3年間平均)
 男性:13.95倍、女性:11.46倍
◆労働時間等の働き方
 時間外労働と休日労働の合計が、全ての雇用管理区分で各月全て45時間 未満となっています。
◆多様なキャリアコースに関する実績
 ①非正社員から正社員への転換実績:1名
 ②30歳以上の女性の正社員採用:76名
◆男性の育児休業
  男性育児休業平均取得日数:71.6日

また、当社は「WEPs(女性のエンパワーメント原則)に賛同し、署名しております。

出典:厚生労働省発表 – 女性の活躍推進企業データベースオープンデータ(2021年10月25日時点)


富士通の事業展望

「せっかく富士通に採用してもらったのに、仕事内容や社風が合わない、、、」なんてことは避けたいですよね。 そのためにも、富士通が今後どのような成長戦略を考えているのかを知っておくことはとても重要です。 また、それだけでなく富士通がどのような人を採用したいと考えているのか見えてくるかもしれません。 それでは一緒に事業展望を見ていきましょう!

富士通は、事業戦略として、「温室効果ガス(以下、GHG)の排出規制等の様々な規制の強化が考えられ、これらに適合ができない場合には、企業レピュテーションが低下したり(移行リスク:評判)、省エネ製品・サービスの開発が不十分な場合に規制への適合を条件とする入札に参加できなくなったりする可能性がある(移行リスク:市場/技術)」ようです。
また、有価証券報告書によると、今後の事業成長のために以下の取り組みを掲げています。

  • DXビジネスを成長させるための戦略的なソリューションの開発のため、データプラットフォームビジネスやトークンを活用した異業種間の価値交換プラットフォームビジネスなどについて、強みを持つ企業等とエコシステムを形成しながら、新たな市場の創出も視野に入れ取り組んでいる
  • AI、データ活用などのテクノロジーをベースとしたDXビジネスと、DXに必要なクラウド移行などのモダナイゼーションとを合わせたデジタル領域を、お客様の事業の変革や成長に貢献する事業領域「ForGrowth」と定め、これを成長分野と位置付けて、規模と収益性の両方を伸ばしていく
  • ICTにより多様なモノやサービスをデジタルにつなげることで、物流や交通、ものづくりなど様々な分野でエコシステムを形成し、社会システム全体としてのエネルギーの最適利用を実現するとともに、先進テクノロジーをレジリエントな社会インフラの構築などに活用することが可能である

業績分析

続いて、有価証券報告書の決算情報をもとに、富士通の将来性を分析していきしょう!

売上額から見る富士通の将来性

富士通の売上高推移のグラフ

富士通は、主な事業として、テクノロジーソリューション・ユビキタスソリューションを手がけています。 ここで、富士通の売上高推移についてみて見ましょう。 直近6年間の売上成長率は-1.8%で、 成長がやや鈍化していると言えるでしょう。
また、富士通の売上高ランキングは、 同業種で20位業界を牽引している企業となっています。

純利益から見る富士通の将来性

富士通の純利益高推移のグラフ

次に、富士通の純利益推移についてみてみましょう。 直近6年間の純利益成長率は272.1%で、 高い成長率を誇っている会社と言えるでしょう。
また、富士通の売上高ランキングは、 同業種で27位業界を牽引している企業となっています。


富士通の競合企業は?

富士通と企業規模が比較的近く、かつ類似した事業内容を展開する企業は以下の企業です。 これらの企業の情報もチェックをしてみて下さいね。

企業名 平均年収 事業内容
新光電気工業株式会社 713万円 電気機器
株式会社富士通ゼネラル 697万円 電気機器
コニカミノルタ株式会社 747万円 電気機器
京セラ株式会社 684万円 電気機器
株式会社日立製作所 890万円 電気機器
富士通フロンテック株式会社 708万円 電気機器
日本電気株式会社 829万円 電気機器
クラリオン株式会社 684万円 電気機器
キヤノン株式会社 759万円 電気機器
アンリツ株式会社 783万円 電気機器

電気機器業界の企業年収ランキングは?

富士通が属する電気機器業界において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、電気機器業界における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一業界の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 株式会社キーエンス 2182万円 2599人
2位 株式会社リゾート&メディカル 1560万円 2人
3位 レーザーテック株式会社 1379万円 328人
4位 東京エレクトロン株式会社 1285万円 1771人
5位 ファナック株式会社 1098万円 4105人
6位 JALCOホールディングス株式会社 1068万円 8人
7位 ソニーグループ株式会社 1044万円 2973人
8位 マクセルホールディングス株式会社 1042万円 42人
9位 株式会社アクセル 1033万円 88人
10位 株式会社アドバンテスト 980万円 2025人

電気機器業界に属する会社の年収ランキングの続きは、こちらをご覧ください!


神奈川県の企業年収ランキングは?

富士通が属する神奈川県において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、神奈川県における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一エリア内の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 レーザーテック株式会社 1379万円 328人
2位 株式会社クリエイトSDホールディングス 1154万円 7人
3位 東京汽船株式会社 921万円 235人
4位 千代田化工建設株式会社 920万円 1591人
5位 ペプチドリーム株式会社 882万円 141人
6位 相鉄ホールディングス株式会社 878万円 89人
7位 ブライトパス・バイオ株式会社 866万円 44人
8位 富士通株式会社 865万円 32026人
9位 日揮ホールディングス株式会社 864万円 236人
10位 東京応化工業株式会社 859万円 1261人

神奈川県に本社を構える会社の年収ランキング続きは、こちらをご覧ください!


企業データ

最後に、富士通の企業データについて調査した結果を記載します。

項目詳細
会社名富士通株式会社
設立年月日1935年
会社ホームページhttps://www.fujitsu.com/jp/
所在地神奈川県川崎市中原区上小田中4丁目1番1号
代表取締役社長代表取締役社長 時田 隆仁
業種電気機器
事業内容通信システム、情報処理システムおよび電子デバイスの製造・販売ならびにこれらに関するサービスの提供

富士通の歴史

歴史を知っておくことは、その会社の安定性を理解するだけでなく、面接対策の観点からもとても重要です。 富士通の創設年は1935年で87年の社歴を持っており、 電気機器の中では 比較的長い社歴を持っています。

歴史をもっと見る

年月

摘要

1935年 6月

富士電機製造㈱(現 富士電機㈱)より電話交換装置・電話機・装荷線輪の製造及び販売権を承継し、富士通信機製造株式会社として設立

1938年11月

本店を神奈川県川崎市(中原区)上小田中に移転

1944年11月

㈱金岩工作所(現 富士通フロンテック㈱)をグループ会社化(1988年2月東京証券取引所に上場、2020年12月当社の完全子会社化により上場廃止)

1949年 5月

東京証券取引所再開と同時に上場

1951年 5月

電子計算機の製造を開始

1953年 8月

無線通信機器の製造を開始

1954年 4月

電子デバイスの製造を開始

1957年 6月

新光電気工業㈱をグループ会社化(1984年12月東京証券取引所に上場)

1960年12月

大阪証券取引所に上場(現在、東京証券取引所に統合)

1961年10月

名古屋証券取引所に上場

1962年 5月

富士通研究所を設置(1968年11月に㈱富士通研究所として独立)

1967年 6月

富士通株式会社に商号変更

1972年 4月

富士電気化学㈱(現 FDK㈱)をグループ会社化(1969年10月東京証券取引所に上場)

1975年 6月

日産コンピュータ㈱(現 ㈱富士通ビー・エス・シー)をグループ会社化(2000年10月に店頭登録、2004年12月にジャスダック証券取引所(現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に上場、2018年2月当社の完全子会社化により上場廃止)

1976年 4月

フランクフルト証券取引所に上場(2009年12月上場廃止)

1981年10月

ロンドン証券取引所に上場(2014年1月上場廃止)

1983年 9月

チューリッヒ、バーゼル、ジュネーブの各証券取引所(現在、各証券取引所はスイス証券取引所に統合)に上場(2009年12月上場廃止)

1986年 2月

日商岩井㈱との合弁により㈱エヌ・アイ・エフ(ニフティ㈱に商号変更。現 富士通クラウドテクノロジーズ ㈱)を設立(2006年12月東京証券取引所に上場、2016年7月当社の完全子会社化により上場廃止)

1989年 3月

保守部門の一部を分離独立し、富士通カストマエンジニアリング㈱(現 ㈱富士通エフサス)を設立(2004年10月株式交換により完全子会社化)

1990年11月

英国ICL PLC(現 Fujitsu Services Holdings PLC)をグループ会社化

1991年 4月

携帯電話の販売を開始

10月

 

1995年12月

1997年11月

米国にFujitsu Network Transmission Systems, Inc.(現 Fujitsu Network Communications,
Inc.)を設立

富士通館林システムセンター(現 館林データセンター)開設

富士通明石システムセンター(現 明石データセンター)開設

1999年10月

ドイツSiemens AGとの合弁によりFujitsu Siemens Computers(Holding)B.V.(現 Fujitsu

Technology Solutions (Holding) B.V.)を設立(2009年4月株式取得により完全子会社化)

2001年 9月

㈱高見澤電機製作所と富士通高見澤コンポーネント㈱が株式移転により富士通コンポーネント㈱を設立、東京証券取引所に上場 (2018年11月株式併合により上場廃止)

2002年 4月

サーバ事業及びストレージシステム事業を㈱PFUと共同で会社分割し、㈱富士通ITプロダクツを設立

2005年 3月

プラズマディスプレイモジュール事業を㈱日立製作所に譲渡

 4月

液晶デバイス事業をシャープ㈱に譲渡する契約を締結

2008年 3月

LSI事業を会社分割し、富士通マイクロエレクトロニクス㈱(現 富士通セミコンダクター㈱)を設立

10月

Fujitsu North America Holdings, Inc.を設立

 

Fujitsu America, Inc.をFujitsu Management Services of America, Inc.へ商号変更

2009年 4月

Fujitsu Computer Systems CorporationがFujitsu Consulting Holdings Inc.と合併し、Fujitsu America, Inc.へ商号変更

 5月

 7月

10月

第三者割当増資の引受によりFDK㈱を連結子会社化

ハードディスク記憶媒体事業を昭和電工㈱へ譲渡

ハードディスクドライブ事業を㈱東芝へ譲渡

2017年 4月

11月

2018年 3月

5月

2019年 1月

2020年 1月

10月

個人向けプロバイダ事業を㈱ノジマへ譲渡

カーエレクトロニクス事業を㈱デンソーへ譲渡

携帯端末事業をポラリス・キャピタル・グループ㈱へ譲渡

個人向けパソコン事業を中国Lenovo Group Limitedへ譲渡

富士通コンポーネント㈱を独立系投資会社ロングリーチグループへ譲渡

Ridgelinez㈱を設立

富士通Japan㈱を設立


まとめ

今回の記事では、富士通の年収を中心に、業績の推移や競合企業との比較など、就職活動のためになる情報を徹底調査をしてきました。
会社選びをするうえで、インターネットの評判や社員の方による口コミも参考になりますが、企業のデータを知ることもとても重要です。

関連する業界については、下記で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

また、他の同業種の企業についても企業研究をしたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい!

【関連企業の年収を徹底調査】

このサイトについて

各企業の平均年収や平均勤続年数・平均年齢・従業員数などの基本情報は、有価証券報告書をデータソースとして使用しています。また、年齢別年収・役職別年収・生涯年収は、政府が公表している各種調査情報を元に、統計的な手法によって独自に算出をしています。詳しい算出方法はこちらのページをご覧ください。

出典

監修 年収チェッカー編集部


本サイトの記事は、人材業界と統計学の双方に専門的な知識を持つ、年収チェッカー編集部によって作成されています。