虫眼鏡 ロゴ

ファナックの年収は1248万円|年齢帯別・役職別年収やボーナスなどを徹底調査【2022年最新版】

最終更新日:


ファナックの平均年収ランキングのまとめ

ファナック株式会社は、山梨県に本社を構える、電気機器で事業を手掛ける企業です。 ファナックの平均年収は1248万円で、業界ランキング5位の平均年収となっています。 今回は、そんなファナックに就職すると年収がいくらになるのかについて、年代別・役職別などの軸で徹底分析をしていきます。 ぜひ就職後のイメージと照らし合わせながら読んでみてください!また、面接対策に役立つファナックの事業内容や沿革も紹介していきます。 是非最後まで読んで、就職活動の参考にしてくださいね!

また、下記の記事では、ファナックについて、より就活生にたった視点で平均年収を分析しているので、就活生の方はぜひこちらもチェックしてみてください!


おすすめコンテンツ


ファナックの平均年収はいくら?

平均年収のサマリー

2022年度のファナックの平均年収は、1248万円でした(有価証券報告書調べ)。全国平均の年収が614万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

ここで、平均年収の推移をみてみましょう。

平均年収の推移

ファナックの平均年収の推移

ファナックの平均年収は直近7年間で、 -20.6%減少と減少トレンドとなり、平均年収が減少していることが分かります。

年代別の平均年収

ファナックの年代別平均年収

次に、年代別の平均年収をみてみましょう。25~29歳の平均年収は890万円で、 30~34歳になると1026万円と平均年収が136万円プラスとなります。 さらに、35~39歳になると1169万円で、40~45歳になると1248万円40~45歳になると1335万円となります。 そして、50~54歳になると1442万円55~59歳になると1441万円となります。

※こちらの試算は、ファナック株式会社が発表をしている有価証券報告書と、厚生労働省が発表をしている 賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。 詳しい計算方法については、こちらのページを参考にしてください。

ここまで、ファナックの平均年収のサマリーについてみてきました。 しかし、就職活動をする上で他社との比較は欠かせません。 ファナックの平均年収は業界やエリア別で分析した際に、 上位何位なのでしょうか?

それでは、ランキングについて確認をしていきましょう!


ランキング

業界内ランキング

ファナックの業界内年収ランキング

ファナックが属する業界である、「電気機器」の上場企業平均年収は667万円でした。 そのため、ファナックの平均年収は業界平均と比較をして 581万円高く、 業界内ランキングでは、271社中5位と比較的高い平均年収となっています。

次に、エリア内のランキングについて確認していきましょう!

エリア内ランキング

ファナックのエリア内年収ランキング

ファナックの本社がある山梨県における上場企業の平均年収は560万円となります。
そのため、ファナックの平均年収はエリア平均と比較をして 688万円高く、 エリア内ランキングでは、15社中1位比較的高い平均年収となっています。

以上、ファナックの年収ランキングについて見てきました。 ここまで読んでボーナスの額や、出世するといくら貰えるか気になる方も多いかと思います。

それでは、ボーナスの額や役職別の平均年収について確認をしてみましょう!

ファナックでキャリアを重ねると

ボーナスはどれくらい貰える?

ファナックのボーナス額の平均値は、201万円でした。 同業種の業界平均が107万円であることから、 94万円程高い金額になっています。

出世するといくら貰える?

ファナックの役職別平均年収の比較

次に、ファナックの役職別平均年収をみてみましょう。

係長の平均年収は1548万円、 課長の平均年収は2023万円、 部長の平均年収は2440万円と、 同業界の平均と比較をして 比較的高い水準にあることが分かります。


ファナックの生涯年収はいくら?

ファナックの生涯年収ランキング

調査の結果、ファナックの平均生涯年収は4.3億円でした。

全国の平均生涯年収が2.4億円であることを考えると、 ファナックの生涯年収は 比較的高い水準となっています。

※ 生涯年収は、新卒または第二新卒から60歳までファナック株式会社で働いたと仮定して算出しています。


ファナックの従業員調査

ここまでファナックの年収を様々な角度から分析してきました。 しかし、就職先を検討する際には、給与・収入面だけでなく、その企業にどういった人が働いているかを知っておくことが重要です。 従業員のデータを予め分析して入社後のミスマッチを減らしておきましょう。

ファナックの従業員数

ファナックの従業員数比較

有価証券報告書によると、ファナックの従業員数は、4257人でした。 電気機器の従業情報員の平均従業員数が、1958人であることから、 業界より比較的多い人数であることが分かります。
また、同業種内での従業員数ランキングが24位(271社中)であることからも、 かなり規模の大きい企業であることが分かります。

ファナックの従業員の平均勤続年数

ファナックの平均勤続年数比較

有価証券報告書によると、ファナックの平均勤続年数は、14.4年でした。 電気機器の従業員の平均属年数が、15.7年であることから、 比較的、出入りの多い職場であると言えるでしょう。

ファナックの従業員平均年齢

ファナックの従業員の平均年齢比較

有価証券報告書によると、ファナックの従業員の平均年齢は、40.3歳でした。 電気機器の従業員の平均年齢が、43.5歳であることから、 比較的若い人の多い職場であると言えます。

ファナックの離職率

ファナックの従業員の離職率

ファナックの10年以内の離職率は男性従業員が13.0%女性従業員が20.0%

でした。 電子部品・デバイス・電子回路・電気機械器具・情報通信機械器具製造業の10年以内の平均離職率が、男性従業員が28.3%、女性従業員が38.4%であることから、 男女ともに比較的離職率が低いことが分かります。
※ 参考:厚生労働省発表 – 女性の活躍推進企業データベースオープンデータ(2021年10月25日時点)を加工して作成


ファナックの勤務環境はブラック?それともホワイト?

ここまで、ファナックの平均年収と従業員について分析してきました。 ところで、ファナックの勤務環境はブラックなのでしょうか?それともホワイトなのでしょうか? 見極める一つの判断材料として残業時間や有給休暇日数について確認してみましょう!

ファナックにおける従業員の平均残業時間と有給休暇の取得日数

ファナックの平均残業時間

ファナックの従業員の平均残業時間は、一月あたり32.1時間でした。 電子部品・デバイス・電子回路・電気機械器具・情報通信機械器具製造業の従業員の平均残業時間が、15.5時間であることから、 比較的残業時間が長いことが分かります。

ファナックの従業員の有給休暇の平均取得日数は、一年で16.9日でした。 電子部品・デバイス・電子回路・電気機械器具・情報通信機械器具製造業の従業員の平均日数が、12.8日であることから、 比較的有給休暇をとりやすいことが分かります。

ファナックの長時間労働是正のための取組内容

ファナックは次のような取り組みによって、長時間労働是正に励んでいるようです。

組織全体・部署ごとの数値目標の設定とフォローアップ

出典:厚生労働省発表 – 女性の活躍推進企業データベースオープンデータ(2021年10月25日時点)


ファナックは女性にとって働きやすい?

ファナックが女性にとって働きやすい環境か気になる方も多いと思います。 それでは、育休取得率と女性従業員の割合をみてみましょう!

ファナックにおける女性の育休取得率と女性従業員の割合

ファナックの女性の育休取得率

ファナックの女性従業員の育休取得率は、100.0%でした。 電子部品・デバイス・電子回路・電気機械器具・情報通信機械器具製造業の女性従業員の育休取得率が平均96.6%であることから、 比較的育休がとりやすいことが分かります。

ファナックの女性従業員の割合

ファナックの従業員に占める女性従業員の割合は、7.0%でした。 電子部品・デバイス・電子回路・電気機械器具・情報通信機械器具製造業の女性従業員の割合が平均20.2%であることから、 比較的女性従業員が少ないことが分かります。


ファナックの事業展望

「せっかくファナックに採用してもらったのに、仕事内容や社風が合わない、、、」なんてことは避けたいですよね。 そのためにも、ファナックが今後どのような成長戦略を考えているのかを知っておくことはとても重要です。 また、それだけでなくファナックがどのような人を採用したいと考えているのか見えてくるかもしれません。 それでは一緒に事業展望を見ていきましょう!

ファナックは、事業戦略として、「今後もあらゆる面で基本理念である「厳密と透明」を徹底し、こうした諸施策をグループ一丸となって推し進めることにより、お客様の安心と信頼を高めるとともに、激しい環境変化に適応することで、永続的な企業となるべく努力していく」ようです。
また、有価証券報告書によると、今後の事業成長のために以下の取り組みを掲げています。

  • 事業活動を通じて、お客様の工場の自動化と効率化を推進することで国内外の製造業の発展に貢献し、今後も中長期的に拡大が見込まれる工場の自動化分野において、着実な成長を実現していく
  • 世界中のどこでもファナックのグローバルスタンダードに沿った高度な保守サービスを提供すること、お客様が使用し続ける限り保守を続ける「生涯保守」を行うこと、を基本理念とした「サービスファースト」を実践していく
  • ファナックの商品は製造現場でご使用いただく生産財であるとの原点に立ち、お客様の工場におけるダウンタイムを最小にして稼働率向上を図るため、「壊れない」「壊れる前に知らせる」「壊れてもすぐ直せる」ことを商品開発において徹底する

業績分析

続いて、有価証券報告書の決算情報をもとに、ファナックの将来性を分析していきしょう!

売上額から見るファナックの将来性

ファナックの売上高推移のグラフ

ファナックは、主な事業として、を手がけています。 ここで、ファナックの売上高推移についてみて見ましょう。 直近7年間の売上成長率は26.4%で、 高い成長率を誇っている会社と言えるでしょう。
また、ファナックの売上高ランキングは、 同業種で27位業界を牽引している企業となっています。

純利益から見るファナックの将来性

ファナックの純利益高推移のグラフ

次に、ファナックの純利益推移についてみてみましょう。 直近7年間の純利益成長率は-12.9%で、 成長がやや鈍化していると言えるでしょう。
また、ファナックの売上高ランキングは、 同業種で10位業界を牽引している企業となっています。


ファナックの競合企業は?

ファナックと企業規模が比較的近く、かつ類似した事業内容を展開する企業は以下の企業です。 これらの企業の情報もチェックをしてみて下さいね。

企業名 平均年収 事業内容
TDK株式会社 782万円 電気機器
新日本無線株式会社 667万円 電気機器
日置電機株式会社 923万円 電気機器
マクセルホールディングス株式会社 710万円 電気機器
東京エレクトロン株式会社 1285万円 電気機器
株式会社小糸製作所 619万円 電気機器
アンリツ株式会社 760万円 電気機器
コニカミノルタ株式会社 747万円 電気機器
ウシオ電機株式会社 721万円 電気機器
ミネベアミツミ株式会社 713万円 電気機器

電気機器業界の企業年収ランキングは?

ファナックが属する電気機器業界において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、電気機器業界における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一業界の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 株式会社キーエンス 2182万円 2599人
2位 株式会社リゾート&メディカル 1560万円 2人
3位 レーザーテック株式会社 1379万円 328人
4位 東京エレクトロン株式会社 1285万円 1771人
5位 ファナック株式会社 1248万円 4257人
6位 株式会社ワコム 1122万円 410人
7位 ソニーグループ株式会社 1084万円 2839人
8位 株式会社アクセル 1057万円 92人
9位 JALCOホールディングス株式会社 1040万円 9人
10位 株式会社アドバンテスト 1019万円 1986人

電気機器業界に属する会社の年収ランキングの続きは、こちらをご覧ください!


山梨県の企業年収ランキングは?

ファナックが属する山梨県において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、山梨県における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一エリア内の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 ファナック株式会社 1248万円 4257人
2位 株式会社 トリケミカル研究所 735万円 178人
3位 株式会社 山梨中央銀行 609万円 1614人
4位 株式会社キトー 608万円 687人
5位 リバーエレテック株式会社 601万円 64人
6位 富士急行株式会社 563万円 187人
7位 株式会社プレミアムウォーターホールディングス 547万円 40人
8位 株式会社オキサイド 540万円 209人
9位 株式会社エノモト 521万円 499人
10位 DCMくろがねや株式会社 441万円 161人

山梨県に本社を構える会社の年収ランキング続きは、こちらをご覧ください!


企業データ

最後に、ファナックの企業データについて調査した結果を記載します。

項目詳細
会社名ファナック株式会社
会社ホームページhttp://www.fanuc.co.jp
所在地山梨県南都留郡忍野村忍草字古馬場3580番地
代表取締役社長代表取締役社長  山 口 賢 治
業種電気機器
事業内容CNCシステム(CNC及びサーボモータ)、レーザ、 ロボット(ロボットシステムを含む)、ロボマシン(ロボドリル、ロボショット、ロボカット、ロボナノ)、の開発・製造・販売・保守サービス

ファナックの歴史

歴史をもっと見る

年月

事業内容

1972年5月

富士通株式会社よりNC部門が分離し設立、資本金20億円

1974年7月

米国ゲティス社とのライセンス契約により、DCサーボモータの製造販売開始

1975年6月

ドイツ、シーメンス社と営業、技術に亘る相互援助契約を締結

1976年5月

ドイツに現地法人FANUC SERVICE GmbH(後のFANUC FA Europe S.A.)を設立

1976年11月

東京証券取引所市場第二部に上場

1977年10月

日野地区に商品開発研究所を新設

1977年11月

米国に現地法人FANUC AMERICA CORPORATIONを設立

1978年5月

韓国貨泉機工社との共同出資により合弁会社KOREA FANUC CORPORATIONを設立

1980年12月

本社地区(山梨県忍野村)にロボットおよびNC工作機械製造工場を建設移転

1981年5月

ファナックパートロニクス株式会社を子会社化

1982年6月

米国ゼネラル モーターズ社との共同出資によりGMFanuc ROBOTICS CORPORATIONを設立

1982年7月

富士通ファナック株式会社をファナック株式会社に社名変更

1982年9月

本社地区にモータ工場を建設

1983年9月

東京証券取引所市場第一部に上場

1984年9月

本社地区に本館、CNC工場、産機工場、次世代技術研究所を建設

1984年10月

東京都日野市より山梨県忍野村へ本店を移転

1984年11月

電動射出成形機を開発

1986年3月

本社地区にロボット組立専用工場を建設

1986年12月

 

 

米国ゼネラル エレクトリック社との共同出資により、GE Fanuc Automation Corporationを設立、同社の子会社であるGE Fanuc Automation Americas,Inc.およびGE Fanuc Automation  Europe S.A.を順次設立

1986年12月

台湾に現地法人TAIWAN FANUC CORPORATIONを設立

1988年5月

商品開発研究所を本社地区に移転

1989年5月

本社地区にレーザ研究所を開設

1989年11月

茨城県に筑波工場を建設

1991年12月

鹿児島県に隼人工場を建設

1992年8月

合弁会社 FANUC INDIA PRIVATE LIMITEDを設立

 


まとめ

今回の記事では、ファナックの年収を中心に、業績の推移や競合企業との比較など、就職活動のためになる情報を徹底調査をしてきました。
会社選びをするうえで、インターネットの評判や社員の方による口コミも参考になりますが、企業のデータを知ることもとても重要です。

関連する業界については、下記で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

また、他の同業種の企業についても企業研究をしたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい!

【関連企業の年収を徹底調査】

このサイトについて

各企業の平均年収や平均勤続年数・平均年齢・従業員数などの基本情報は、有価証券報告書をデータソースとして使用しています。また、年齢別年収・役職別年収・生涯年収は、政府が公表している各種調査情報を元に、統計的な手法によって独自に算出をしています。詳しい算出方法はこちらのページをご覧ください。

出典

監修 年収チェッカー編集部


本サイトの記事は、人材業界と統計学の双方に専門的な知識を持つ、年収チェッカー編集部によって作成されています。