村田製作所の年収は797万円|年齢帯別・役職別年収やボーナスなどを徹底調査【2022年最新版】

最終更新日:


村田製作所の平均年収ランキングのまとめ

株式会社村田製作所は、京都府に本社を構える、電気機器で事業を手掛ける企業です。 村田製作所の平均年収は797万円で、業界ランキング36位の平均年収となっています。 今回は、そんな村田製作所に就職すると年収がいくらになるのかについて、年代別・役職別などの軸で徹底分析をしていきます。 ぜひ就職後のイメージと照らし合わせながら読んでみてください!また、面接対策に役立つ村田製作所の事業内容や沿革も紹介していきます。 是非最後まで読んで、就職活動の参考にしてくださいね!

また、下記の記事では、村田製作所について、より就活生にたった視点で平均年収を分析しているので、就活生の方はぜひこちらもチェックしてみてください!


おすすめコンテンツ


村田製作所の平均年収はいくら?

平均年収のサマリー

2022年度の村田製作所の平均年収は、797万円でした(有価証券報告書調べ)。全国平均の年収が614万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

ここで、平均年収の推移をみてみましょう。

平均年収の推移

村田製作所の平均年収の推移

村田製作所の平均年収は直近7年間で、 +1.9%増加と上昇トレンドとなり、平均年収が増加していることが分かります。

年代別の平均年収

村田製作所の年代別平均年収

次に、年代別の平均年収をみてみましょう。25~29歳の平均年収は568万円で、 30~34歳になると655万円と平均年収が87万円プラスとなります。 さらに、35~39歳になると746万円で、40~45歳になると797万円40~45歳になると853万円となります。 そして、50~54歳になると921万円55~59歳になると920万円となります。

※こちらの試算は、株式会社村田製作所が発表をしている有価証券報告書と、厚生労働省が発表をしている 賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。 詳しい計算方法については、こちらのページを参考にしてください。

ここまで、村田製作所の平均年収のサマリーについてみてきました。 しかし、就職活動をする上で他社との比較は欠かせません。 村田製作所の平均年収は業界やエリア別で分析した際に、 上位何位なのでしょうか?

それでは、ランキングについて確認をしていきましょう!


ランキング

業界内ランキング

村田製作所の業界内年収ランキング

村田製作所が属する業界である、「電気機器」の上場企業平均年収は667万円でした。 そのため、村田製作所の平均年収は業界平均と比較をして 130万円高く、 業界内ランキングでは、271社中36位と比較的高い平均年収となっています。

次に、エリア内のランキングについて確認していきましょう!

エリア内ランキング

村田製作所のエリア内年収ランキング

村田製作所の本社がある京都府における上場企業の平均年収は597万円となります。
そのため、村田製作所の平均年収はエリア平均と比較をして 200万円高く、 エリア内ランキングでは、75社中7位比較的高い平均年収となっています。

以上、村田製作所の年収ランキングについて見てきました。 ここまで読んでボーナスの額や、出世するといくら貰えるか気になる方も多いかと思います。

それでは、ボーナスの額や役職別の平均年収について確認をしてみましょう!

村田製作所でキャリアを重ねると

ボーナスはどれくらい貰える?

村田製作所のボーナス額の平均値は、128万円でした。 同業種の業界平均が107万円であることから、 21万円程高い金額になっています。

出世するといくら貰える?

村田製作所の役職別平均年収の比較

次に、村田製作所の役職別平均年収をみてみましょう。

係長の平均年収は988万円、 課長の平均年収は1292万円、 部長の平均年収は1558万円と、 同業界の平均と比較をして 比較的高い水準にあることが分かります。


村田製作所の生涯年収はいくら?

村田製作所の生涯年収ランキング

調査の結果、村田製作所の平均生涯年収は2.7億円でした。

全国の平均生涯年収が2.4億円であることを考えると、 村田製作所の生涯年収は 比較的高い水準となっています。

※ 生涯年収は、新卒または第二新卒から60歳まで株式会社村田製作所で働いたと仮定して算出しています。


村田製作所の従業員調査

ここまで村田製作所の年収を様々な角度から分析してきました。 しかし、就職先を検討する際には、給与・収入面だけでなく、その企業にどういった人が働いているかを知っておくことが重要です。 従業員のデータを予め分析して入社後のミスマッチを減らしておきましょう。

村田製作所の従業員数

村田製作所の従業員数比較

有価証券報告書によると、村田製作所の従業員数は、9771人でした。 電気機器の従業情報員の平均従業員数が、1958人であることから、 業界より比較的多い人数であることが分かります。
また、同業種内での従業員数ランキングが10位(271社中)であることからも、 かなり規模の大きい企業であることが分かります。

村田製作所の従業員の平均勤続年数

村田製作所の平均勤続年数比較

有価証券報告書によると、村田製作所の平均勤続年数は、14.3年でした。 電気機器の従業員の平均属年数が、15.7年であることから、 比較的、出入りの多い職場であると言えるでしょう。

村田製作所の従業員平均年齢

村田製作所の従業員の平均年齢比較

有価証券報告書によると、村田製作所の従業員の平均年齢は、40.1歳でした。 電気機器の従業員の平均年齢が、43.5歳であることから、 比較的若い人の多い職場であると言えます。


村田製作所の勤務環境はブラック?それともホワイト?

ここまで、村田製作所の平均年収と従業員について分析してきました。 ところで、村田製作所の勤務環境はブラックなのでしょうか?それともホワイトなのでしょうか? 見極める一つの判断材料として残業時間や有給休暇日数について確認してみましょう!

村田製作所における従業員の平均残業時間と有給休暇の取得日数

村田製作所の平均残業時間

村田製作所の従業員の平均残業時間は、一月あたり18.9時間でした。 電子部品・デバイス・電子回路・電気機械器具・情報通信機械器具製造業の従業員の平均残業時間が、15.5時間であることから、 比較的残業時間が長いことが分かります。

村田製作所の従業員の有給休暇の平均取得日数は、一年で13.4日でした。 電子部品・デバイス・電子回路・電気機械器具・情報通信機械器具製造業の従業員の平均日数が、12.8日であることから、 比較的有給休暇をとりやすいことが分かります。

村田製作所の長時間労働是正のための取組内容

村田製作所は次のような取り組みによって、長時間労働是正に励んでいるようです。

①ノー残業デーの実施
②長時間労働者への面談・健康診断実施

出典:厚生労働省発表 – 女性の活躍推進企業データベースオープンデータ(2021年10月25日時点)


村田製作所は女性にとって働きやすい?

村田製作所が女性にとって働きやすい環境か気になる方も多いと思います。 それでは、育休取得率と女性従業員の割合をみてみましょう!

村田製作所における女性の育休取得率と女性従業員の割合

村田製作所の女性の育休取得率

村田製作所の女性従業員の育休取得率は、99.0%でした。 電子部品・デバイス・電子回路・電気機械器具・情報通信機械器具製造業の女性従業員の育休取得率が平均96.6%であることから、 比較的育休がとりやすいことが分かります。

村田製作所の女性従業員の割合

村田製作所の従業員に占める女性従業員の割合は、22.0%でした。 電子部品・デバイス・電子回路・電気機械器具・情報通信機械器具製造業の女性従業員の割合が平均20.2%であることから、 比較的女性従業員が多いことが分かります。


村田製作所の事業展望

「せっかく村田製作所に採用してもらったのに、仕事内容や社風が合わない、、、」なんてことは避けたいですよね。 そのためにも、村田製作所が今後どのような成長戦略を考えているのかを知っておくことはとても重要です。 また、それだけでなく村田製作所がどのような人を採用したいと考えているのか見えてくるかもしれません。 それでは一緒に事業展望を見ていきましょう!

村田製作所は、事業戦略として、「独自の製品を供給して文化の発展に貢献する」ことを中核とした社是にもとづく経営を実践している」ようです。
また、有価証券報告書によると、今後の事業成長のために以下の取り組みを掲げています。

  • エレクトロニクス産業のイノベーションを先導していく存在でありたいという思いを込めたスローガン「InnovatorinElectronics」を全従業員で共有している

業績分析

続いて、有価証券報告書の決算情報をもとに、村田製作所の将来性を分析していきしょう!

売上額から見る村田製作所の将来性

村田製作所の売上高推移のグラフ

村田製作所は、主な事業として、を手がけています。 ここで、村田製作所の売上高推移についてみて見ましょう。 直近7年間の売上成長率は38.7%で、 高い成長率を誇っている会社と言えるでしょう。
また、村田製作所の売上高ランキングは、 同業種で21位業界を牽引している企業となっています。

純利益から見る村田製作所の将来性

村田製作所の純利益高推移のグラフ

次に、村田製作所の純利益推移についてみてみましょう。 直近7年間の純利益成長率は128.9%で、 高い成長率を誇っている会社と言えるでしょう。
また、村田製作所の売上高ランキングは、 同業種で7位業界を牽引している企業となっています。


村田製作所の競合企業は?

村田製作所と企業規模が比較的近く、かつ類似した事業内容を展開する企業は以下の企業です。 これらの企業の情報もチェックをしてみて下さいね。

企業名 平均年収 事業内容
アンリツ株式会社 760万円 電気機器
パイオニア株式会社 750万円 電気機器
ミネベアミツミ株式会社 713万円 電気機器
東京エレクトロン株式会社 1285万円 電気機器
アルプスアルパイン株式会社 602万円 電気機器
TDK株式会社 782万円 電気機器
クラリオン株式会社 684万円 電気機器
富士電機株式会社 759万円 電気機器
日東工業株式会社 600万円 電気機器
アルパイン株式会社 694万円 電気機器

電気機器業界の企業年収ランキングは?

村田製作所が属する電気機器業界において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、電気機器業界における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一業界の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 株式会社キーエンス 2182万円 2599人
2位 株式会社リゾート&メディカル 1560万円 2人
3位 レーザーテック株式会社 1379万円 328人
4位 東京エレクトロン株式会社 1285万円 1771人
5位 ファナック株式会社 1248万円 4257人
6位 株式会社ワコム 1122万円 410人
7位 ソニーグループ株式会社 1084万円 2839人
8位 株式会社アクセル 1057万円 92人
9位 JALCOホールディングス株式会社 1040万円 9人
10位 株式会社アドバンテスト 1019万円 1986人

電気機器業界に属する会社の年収ランキングの続きは、こちらをご覧ください!


京都府の企業年収ランキングは?

村田製作所が属する京都府において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、京都府における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一エリア内の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 任天堂株式会社 988万円 2634人
2位 オムロン株式会社 849万円 4610人
3位 株式会社 ジーエス・ユアサ コーポレーション 845万円 11人
4位 株式会社 島津製作所 841万円 3491人
5位 株式会社SCREENホールディングス 822万円 398人
6位 日本新薬株式会社 806万円 1827人
7位 株式会社村田製作所 797万円 9771人
8位 ローム株式会社 789万円 3546人
9位 株式会社ファルコホールディングス 766万円 3人
10位 三洋化成工業株式会社 762万円 1350人

京都府に本社を構える会社の年収ランキング続きは、こちらをご覧ください!


企業データ

最後に、村田製作所の企業データについて調査した結果を記載します。

項目詳細
会社名株式会社村田製作所
会社ホームページhttp://www.murata.co.jp/
所在地京都府長岡京市東神足1丁目10番1号
代表取締役社長代表取締役社長  中島 規巨
業種電気機器
事業内容あらゆる電子機器で重要な役割を担う電子部品・モジュールの開発、製造、販売を行っています。

村田製作所の歴史

歴史をもっと見る

年月

沿革

1944年10月

村田 昭が京都市に個人経営の村田製作所を創業し、セラミックコンデンサの製造を開始

1950年12月

資本金1百万円の株式会社に改組し、商号を株式会社村田製作所に変更

1961年2月

本社を 現 京都府長岡京市に移転

1962年9月

八日市事業所を開設

1962年9月

㈱福井村田製作所に資本参加(現在100%所有)

1963年3月

株式を大阪証券取引所市場第二部に上場(1970年2月 市場第一部に指定)

1965年5月

米国に販売会社 現 Murata Electronics North America, Inc.を設立

1969年12月

株式を東京証券取引所市場第二部に上場(1970年2月 市場第一部に指定)

1972年12月

シンガポールに生産・販売会社 Murata Electronics Singapore (Pte.) Ltd.を設立

1973年10月

中国に販売会社 Murata Company Limitedを設立

1978年4月

欧州で初めての販売会社をドイツに設立

1978年11月

台湾の生産・販売会社 現 Taiwan Murata Electronics Co., Ltd.を買収

1980年9月

カナダの多国籍企業Erie Technological Products, Ltd.を買収(現在の米国・欧州子会社の一部)

1981年5月

㈱小松村田製作所を設立

1982年10月

㈱富山村田製作所を設立

1983年8月

㈱出雲村田製作所を設立

1984年8月

㈱金沢村田製作所を設立

1987年7月

野洲事業所を開設

1988年9月

タイに生産会社 Murata Electronics (Thailand), Ltd.を設立

1988年10月

ドイツに欧州統括会社を設立(2004年8月 オランダに 現 Murata Electronics Europe B.V.を設立し、機能を移管)

1988年11月

横浜事業所を開設

1989年12月

オランダに販売会社を設立(2014年4月に現 Murata Electronics Europe B.V.に統合)

1990年7月

ブラジルに販売会社 Murata World Comercial Ltda.を設立

1992年4月

㈱岡山村田製作所を設立

1993年5月

マレーシアに生産・販売会社 Murata Electronics (Malaysia) Sdn. Bhd.を設立

1994年12月

中国に生産会社 Wuxi Murata Electronics Co., Ltd.を設立

1995年5月

中国に販売会社 Murata Electronics Trading (Shanghai) Co., Ltd.を設立

1999年3月

東京支社(東京都渋谷区)を開設

2000年12月

韓国に販売会社 Korea Murata Electronics Company, Limitedを設立

2002年7月

メキシコに販売会社 Murata Electronics Trading Mexico, S.A.de C.V.を設立

2004年10月

本社を現在地に建設・移転

2005年6月

中国に生産会社 Shenzhen Murata Technology Co., Ltd.を設立

2005年12月

中国に中華圏の販売統括会社 Murata (China) Investment Co., Ltd.を設立

2007年8月

米国の開発・生産及び販売会社 現 Murata Power Solutions, Inc.を買収

2010年10月

インドに販売会社 Murata Electronics (India) Private Limitedを設立

2010年10月

ベトナムに販売会社 Murata Electronics (Vietnam) Co., Ltd.を設立

2011年9月

フィリピンに生産会社 Philippine Manufacturing Co. of Murata, Inc.を設立

2012年1月

フィンランドの開発・生産会社 現 Murata Electronics Oyを買収

2012年3月

ルネサスエレクトロニクス㈱のパワーアンプ事業を譲受

2013年8月

現 ㈱岩手村田製作所を買収

2014年3月

現 ㈱埼玉村田製作所を連結子会社化(2016年5月に完全子会社化)

2014年12月

米国の開発・生産及び販売会社 現 pSemi Corporationを買収

2016年10月

㈱指月電機製作所との合弁会社 ㈱村田指月FCソリューションズを設立

2016年10月

フランスの開発・生産及び販売会社 現 Murata Integrated Passive Solutions SASを買収

2017年9月

ソニー㈱及びそのグループ会社の電池事業を譲受

2017年10月

米国の開発・販売会社 現 Murata Vios, Inc.を買収

2020年12月

みなとみらいイノベーションセンター(横浜市西区)を開設

2022年4月

東京証券取引所の市場区分の見直しにより、東京証券取引所の市場第一部からプライム市場に移行


まとめ

今回の記事では、村田製作所の年収を中心に、業績の推移や競合企業との比較など、就職活動のためになる情報を徹底調査をしてきました。
会社選びをするうえで、インターネットの評判や社員の方による口コミも参考になりますが、企業のデータを知ることもとても重要です。

関連する業界については、下記で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

また、他の同業種の企業についても企業研究をしたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい!

【関連企業の年収を徹底調査】

このサイトについて

各企業の平均年収や平均勤続年数・平均年齢・従業員数などの基本情報は、有価証券報告書をデータソースとして使用しています。また、年齢別年収・役職別年収・生涯年収は、政府が公表している各種調査情報を元に、統計的な手法によって独自に算出をしています。詳しい算出方法はこちらのページをご覧ください。

出典

監修 年収チェッカー編集部


本サイトの記事は、人材業界と統計学の双方に専門的な知識を持つ、年収チェッカー編集部によって作成されています。