虫眼鏡 ロゴ

【2022年最新版】日本商業開発に転職すると年収はいくら? | 年代・役職別年収を業界比較で徹底分析!

最終更新日:


日本商業開発の平均年収ランキングのまとめ

日本商業開発株式会社は、大阪府に本社を構える、不動産業で事業を手掛ける企業です。 日本商業開発の平均年収は1694万円で、業界ランキング6位の平均年収となっています。 今回は、そんな日本商業開発に転職すると年収がいくらになるのかについて、年代別・役職別などの軸で徹底分析をしていきます。 ぜひご自身と照らし合わせながら読んでみてください!また、面接対策に役立つ日本商業開発の事業内容や沿革も紹介していきます。 是非最後まで読んで、転職活動の参考にしてくださいね!

また、下記の記事では、就活生向けに日本商業開発の平均年収について解説しているので、就活生の方はぜひこちらもチェックしてみてください!


おすすめコンテンツ


日本商業開発の平均年収はいくら?

平均年収のサマリー

2022年度の日本商業開発の平均年収は、1694万円でした(有価証券報告書調べ)。全国平均の年収が436万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

ここで、平均年収の推移をみてみましょう。

平均年収の推移

日本商業開発の平均年収の推移

日本商業開発の平均年収は直近7年間で、 –-2.7%減少と減少トレンドとなり、平均年収が減少していることが分かります。

年代別の平均年収

日本商業開発の年代別平均年収

次に、年代別の平均年収をみてみましょう。25~29歳の平均年収は1193万円で、 30~34歳になると1380万円と平均年収が187万円プラスとなります。 さらに、35~39歳になると1603万円で、40~45歳になると1694万円40~45歳になると1781万円となります。 そして、50~54歳になると1926万円55~59歳になると1854万円となります。

※こちらの試算は、日本商業開発株式会社が発表をしている有価証券報告書と、厚生労働省が発表をしている 賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。 詳しい計算方法については、こちらのページを参考にしてください。

ここまで、日本商業開発の平均年収のサマリーについてみてきました。 しかし、転職活動をする上で他社との比較は欠かせません。 日本商業開発の平均年収は業界やエリア別で分析した際に、 上位何位なのでしょうか?

それでは、ランキングについて確認をしていきましょう!


ランキング

業界内ランキング

日本商業開発の業界内年収ランキング

日本商業開発が属する業界である、「不動産業」の上場企業平均年収は653万円でした。 そのため、日本商業開発の平均年収は業界平均と比較をして 1041万円高く、 業界内ランキングでは、879社中6位と比較的高い平均年収となっています。

次に、エリア内のランキングについて確認していきましょう!

エリア内ランキング

日本商業開発の役職別平均年収の比較

日本商業開発の本社がある大阪府における上場企業の平均年収は626万円となります。
そのため、日本商業開発の平均年収はエリア平均と比較をして 1068万円高く、 エリア内ランキングでは、2716社中11位比較的高い平均年収となっています。

以上、日本商業開発の年収ランキングについて見てきました。 ここまで読んでボーナスの額や、出世するといくら貰えるか気になる方も多いかと思います。

それでは、ボーナスの額や役職別の平均年収について確認をしてみましょう!

日本商業開発でキャリアを重ねると

ボーナスはどれくらい貰える?

日本商業開発のボーナス額の平均値は、272万円でした。 同業種の業界平均が70万円であることから、 202万円程高い金額になっています。

出世するといくら貰える?

日本商業開発のエリア内年収ランキング

次に、日本商業開発の役職別平均年収をみてみましょう。

係長の平均年収は2101万円、 課長の平均年収は2747万円、 部長の平均年収は3313万円と、 同業界の平均と比較をして 比較的高い水準にあることが分かります。

\年収UP目指すなら/

パソナキャリア転職相談する

日本商業開発の生涯年収はいくら?

日本商業開発の生涯年収ランキング

調査の結果、日本商業開発の平均生涯年収は5.7億円でした。

全国の平均生涯年収が2.4億円であることを考えると、 日本商業開発の生涯年収は 比較的高い水準となっています。

※ 生涯年収は、新卒または第二新卒から60歳まで日本商業開発株式会社で働いたと仮定して算出しています。


日本商業開発の従業員調査

ここまで日本商業開発の年収を様々な角度から分析してきました。 しかし、転職先を検討する際には、給与・収入面だけでなく、その企業にどういった人が働いているかを知っておくことが重要です。 従業員のデータを予め分析して入社後のミスマッチを減らしておきましょう。

日本商業開発の従業員数

日本商業開発の従業員数比較

有価証券報告書によると、日本商業開発の従業員数は、45人でした。 不動産業の従業情報員の平均従業員数が、261人であることから、 業界より比較的少ない人数であることが分かります。
また、同業種内での従業員数ランキングが572位(879社中)であることからも、 規模の比較的小さい企業であることが分かります。

日本商業開発の従業員の平均勤続年数

日本商業開発の平均勤続年数比較

有価証券報告書によると、日本商業開発の平均勤続年数は、5.0年でした。 不動産業の従業員の平均属年数が、7.3年であることから、 比較的、出入りの多い職場であると言えるでしょう。

日本商業開発の従業員平均年齢

日本商業開発の従業員の平均年齢比較

有価証券報告書によると、日本商業開発の従業員の平均年齢は、39.6歳でした。 不動産業の従業員の平均年齢が、39.7歳であることから、 比較的若い人の多い職場であると言えます。


日本商業開発の事業展望

「せっかく日本商業開発に採用してもらったのに、仕事内容や社風が合わない、、、」なんてことは避けたいですよね。 そのためにも、日本商業開発が今後どのような成長戦略を考えているのかを知っておくことはとても重要です。 また、それだけでなく日本商業開発がどのような人を採用したいと考えているのか見えてくるかもしれません。 それでは一緒に事業展望を見ていきましょう!

日本商業開発は、事業戦略として、「JINUSHIビジネスを通じて安全な不動産金融商品を創り出し、世界の人々の資産を守る一翼を担う。」ことを経営理念として掲げ、安定的な収益が長期にわたって見込め、追加投資のかからない独自の不動産投資手法「JINUSHIビジネス」を基本戦略に事業を展開している」ようです。
また、有価証券報告書によると、今後の事業成長のために以下の取り組みを掲げています。

  • 不動産で資金を運用する機関投資家の皆様のニーズに応えることで社会に貢献し、結果として、高い成長と企業価値の向上を実現し、あらゆるステークホルダーの信頼を得られるよう努めていく
  • 不動産投資事業、サブリース・賃貸借・ファンドフィー事業、企画・仲介事業の3つの事業セグメントを展開している

\転職キャリアアップ目指すなら/

ランスタッド転職相談する

業績分析

続いて、有価証券報告書の決算情報をもとに、日本商業開発の将来性を分析していきしょう!

売上額から見る日本商業開発の将来性

日本商業開発の売上高推移のグラフ

日本商業開発は、主な事業として、を手がけています。 ここで、日本商業開発の売上高推移についてみて見ましょう。 直近7年間の売上成長率は713.6%で、 高い成長率を誇っている会社と言えるでしょう。
また、日本商業開発の売上高ランキングは、 同業種で102位業界を牽引している企業となっています。

純利益から見る日本商業開発の将来性

日本商業開発の純利益高推移のグラフ

次に、日本商業開発の純利益推移についてみてみましょう。 直近7年間の純利益成長率は-928.6%で、 高い成長率を誇っている会社と言えるでしょう。
また、日本商業開発の売上高ランキングは、 同業種で251位業界を牽引している企業となっています。

\成長産業への転職なら/

JAC Recruitment転職相談する

日本商業開発に転職するには?

ここまで日本商業開発の年収について様々な角度から分析してきました。それでは、日本商業開発に転職するためにはどうしたらよいのでしょうか?最も有効な手段は、転職エージェントを活用することです。

転職エージェント活用のメリット


  • 非公開求人にアクセスすることができる
  • 面接対策を行ってもらえる
  • 採用担当者や人事から直接仕入れた情報を提供してくれる
    表には出ていない各社の中途採用情報や求める人材像を教えてくれるかも!

転職エージェントに登録することで、日本商業開発の過去の転職実績に基づいた対策を行ってくれたり、非公開求人に案内してくれたりする可能性もあるでしょう。
ここからは、転職エージェントの中でも特におすすめの3社を紹介していきます!各社の特徴や強みは様々なので、気になった転職エージェントがあれば複数登録してみるのもいいでしょう!

日本商業開発の求人もあるかも…?
転職エージェントおすすめ3選

1. キャリアスタート

キャリアスタート

おすすめポイント


  • 【高給与+安定雇用】の正社員案件
  • 履歴書・職務経歴書の添削から面接対策まで徹底的にサポート
  • 経験豊富なコンサルタントがあなたの強みや価値観を分析

キャリアスタートは、高給与+安定雇用の案件を多数取り扱う転職エージェントです。書類添削から面接対策まで全て無料でサポートしてくれます。また、経験豊富なコンサルタントがあなたの強みや価値観を分析してくれるため、ご自身にあった企業を紹介可能です。

キャリアスタートの口コミを調べてみると、担当コンサルタントに信頼を寄せる声が多くありました。

キャリアスタートの口コミ

LINEで連絡できるので、困ったときにすぐ相談することができました。履歴書の添削や模擬面接のお願いにもすぐに対応していただきとても感謝しています。

キャリアスタートの口コミ

担当の方がとても気さくで質問しやすい環境でした。初めての転職活動で分からないことが多かったのでありがたかったです。

対象エリア 全国
運営会社 キャリアスタート株式会社

出典: https://careerstart.co.jp/

2. パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめポイント


  • 転職者の3人に2人が年収アップ
  • 高い満足度を誇る手厚いフォローや親身なサポート
  • 多くの非公開求人

パソナキャリアは、親身で丁寧なサポートに定評のある大手転職エージェントです。はじめての転職活動も安心して進めることができます。また、ハイクラス向けのサービスは多くの非公開求人があり、高年収を目指す方にもおすすめです。

パソナキャリアの口コミを調べてみると、親身で丁寧なサポートが評判でした。

パソナキャリアの口コミ

新卒で入社した企業に勤めて15年ほど経ち、転職を決意。手厚いサポートのおかげで希望通りの条件で転職することができました。パソナキャリアは紹介してくださる求人の質が一番よかったです。

パソナキャリアの口コミ

応募書類の書き方や面接の仕方など細やかに指導してくださいました。転職成功後も困ったことがないかを気にかけてくださったのがとても好印象です。

対象エリア 全国
運営会社 株式会社パソナ

出典: https://www.pasonacareer.jp/

3. doda

doda

おすすめポイント


  • 求人数約10万件
  • 書類・面接の対策などあらゆる面でサポート
  • 転職者満足度No1

dodaは約10万件の求人数を誇る、大手転職エージェントです。業界・職種も網羅しているため、あなたの希望に沿った転職活動が可能。また人事担当者をひきつける履歴書や職務経歴書を書くための秘訣を、丁寧にアドバイスしてくれるため、初めての転職でも安心して進められます。

dodaの口コミを調べてみると、サポートの充実さを評価する声が多くありました。

dodaの口コミ

履歴書・職務経歴書の書き方を指導していただいたおかげで書類選考の通過率を上げることができました。また、面接対策でも、自己PRするときのポイントなど丁寧にアドバイスいただきました。

dodaの口コミ

履歴書の提出、筆記試験、面接など選考ステップごとに相談や対策をしていただいただけでなく、企業に直接言いにくい交渉も代わりにしてくださいました。

対象エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典: https://doda.jp/


日本商業開発の競合企業は?

日本商業開発と企業規模が比較的近く、かつ類似した事業内容を展開する企業は以下の企業です。 これらの企業の情報もチェックをしてみて下さいね。

企業名 平均年収 事業内容
中央日本土地建物グループ株式会社 1014万円 不動産業
ユニゾホールディングス株式会社 667万円 不動産業
株式会社ASIAN STAR 510万円 不動産業
株式会社プロパスト 1117万円 不動産業
APAMAN株式会社 537万円 不動産業
エムティジェネックス株式会社 606万円 不動産業
株式会社デュアルタップ 464万円 不動産業
フォーライフ株式会社 782万円 不動産業
株式会社アズ企画設計 498万円 不動産業
株式会社プロスペクト 675万円 不動産業

不動産業業界の企業年収ランキングは?

日本商業開発が属する不動産業業界において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、不動産業業界における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一業界の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 ヒューリック株式会社 1803万円 189人
2位 日本商業開発株式会社 1694万円 45人
3位 霞ヶ関キャピタル株式会社 1311万円 103人
4位 三井不動産株式会社 1273万円 1776人
5位 三菱地所株式会社 1267万円 953人
6位 株式会社ランドビジネス 1158万円 24人
7位 ロードスターキャピタル株式会社 1124万円 52人
8位 株式会社プロパスト 1117万円 45人
9位 東急不動産ホールディングス株式会社 1071万円 74人
10位 中央日本土地建物グループ株式会社 1014万円 46人

不動産業業界に属する会社の年収ランキングの続きは、こちらをご覧ください!


大阪府の企業年収ランキングは?

日本商業開発が属する大阪府において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、大阪府における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一エリア内の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 株式会社キーエンス 2182万円 2599人
2位 日本商業開発株式会社 1694万円 45人
3位 伊藤忠商事株式会社 1627万円 4215人
4位 朝日放送グループホールディングス株式会社 1225万円 63人
5位 サントリーホールディングス株式会社 1140万円 482人
6位 アンジェス株式会社 1078万円 42人
7位 武田薬品工業株式会社 1076万円 4966人
8位 株式会社竹中工務店 1007万円 7741人
9位 ダイビル株式会社 983万円 86人
10位 長瀬産業株式会社 971万円 875人

大阪府に本社を構える会社の年収ランキング続きは、こちらをご覧ください!


企業データ

最後に、日本商業開発の企業データについて調査した結果を記載します。

項目詳細
会社名日本商業開発株式会社
所在地大阪府大阪市中央区今橋4丁目1番1号
代表取締役社長代表取締役社長    松岡  哲也
業種不動産業

日本商業開発の歴史

歴史をもっと見る

年月

事項

2000年4月

商業施設の企画、開発、運営及び管理事業を主な目的として、大阪市中央区西心斎橋一丁目13番25号に当社(資本金12,100千円)を設立

 

商業施設の企画・開発及び運営・管理業務(サブリース・賃貸借・ファンドフィー事業)開始

2001年1月

東京事務所(現東京支店)を開設

2001年10月

宅地建物取引業免許取得(大阪府知事(1)第48728号)

2003年11月

金融機関より不動産物件をバルクで購入し開発・再生業務(不動産投資事業)開始

2004年9月

アレンジャー、アセットマネジメントとして不動産流動化業務(不動産投資事業)開始

 

駐車場施設に係るサブリース業務(サブリース・賃貸借・ファンドフィー事業)開始

2005年5月

不動産投資業務(不動産投資事業)開始

2006年9月

ファンド「デイスターモール1」に係る業務に携わる(同ファンドは2009年1月に解散)

2006年11月

宅地建物取引業免許取得(国土交通大臣(1)第7373号)

2007年1月

名古屋事務所(現名古屋支店)を開設

2007年2月

信託受益権販売業登録(近畿財務局長(売信)第104号)
(現第二種金融商品取引業(近畿財務局長(金商)第184号))

2007年11月

名古屋証券取引所セントレックスに株式を上場

2008年1月

 

2008年9月

2010年8月

2012年3月

2013年4月

2014年10月

 

 

 

2014年12月

2015年11月

 

2016年4月

2016年5月

2016年9月

 

 

 

2016年11月

 

2017年1月

2017年3月

2018年5月

2018年7月

2019年11月

 

 

2019年12月

 

2020年12月

2021年3月

 

2022年1月

株式会社長谷工コーポレーションと共同出資により新日本商業開発株式会社(資本金80,000千円)を設立

本社を大阪市中央区今橋四丁目1番1号に移転

一級建築士事務所登録(東京都知事  第56464号)

「JINUSHIファンド(注)」に係る業務を開始

株式の上場市場を名古屋証券取引所セントレックスから名古屋証券取引所市場第二部に変更

当社とケネディクス株式会社、三井住友ファイナンス&リース株式会社及び株式会社ピーアンドディコンサルティングの4社間で商業施設特化型の「REIT事業に係る基本協定書」を締結、2015年2月より本基本協定書に基づいて「JINUSHIビジネス」による不動産投資商品の当該商業リート(ケネディクス商業リート投資法人)への売却を開始

東京証券取引所市場第一部に上場、及び名古屋証券取引所市場第一部に指定

ニューリアルプロパティ株式会社の株式(議決権所有割合30.57%)を取得し持分法適用関連会社化にする

100%出資子会社地主アセットマネジメント株式会社(以下、「地主AM」という。)を設立

ニューリアルプロパティ株式会社による自己株式の取得に伴い、同社は当社の連結子会社となる

地主AMは、私募リートの運用開始にあたり、取引一任代理等の認可を受けるとともに、金融商品取引業(投資運用業)(関東財務局長(金商)第2951号)の登録を行なう

地主AMは、日本初の底地特化型私募リートである地主プライベートリート投資法人(以下、「地主リート」という。)を設立

当社と「地主リート」及び地主AMの3社間で底地特化型の私募リートに係る「スポンサーサポート契約」を締結、2017年1月より本契約に基づいて「地主リート」へ販売用不動産の売却を開始

地主AMは、「地主リート」の運用を開始

新日本商業開発株式会社を解散

100%出資子会社 JINUSHI USA INC.を設立

100%出資子会社地主フィナンシャルアドバイザーズ株式会社を設立

当社及び地主AMは、三井住友ファイナンス&リース株式会社の100%子会社であるSMFLみらいパートナーズ株式会社と、販売用不動産(信託受益権を含む。)の包括的な売買取引に係る枠を設定する旨の基本協定書を締結

当社及び地主AMは、みずほリース株式会社の100%子会社であるエムエル・エステート株式会社と、販売用不動産(信託受益権を含む。)の包括的な売買取引に係る枠を設定する旨の基本協定書を締結

事業年度(決算日)を毎年1月1日から12月31日までに変更

2021年3月25日開催の定時株主総会で、商号を「日本商業開発株式会社」から「地主株式会社」へ変更する「定款一部変更の件」が承認(定款変更の効力発生日2022年1月10日)

地主株式会社へ商号変更


まとめ

今回の記事では、日本商業開発の年収を中心に、業績の推移や競合企業との比較など、転職活動のためになる情報を徹底調査をしてきました。
会社選びをするうえで、インターネットの評判や社員の方による口コミも参考になりますが、企業のデータを知ることもとても重要です。

関連する業界については、下記で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

また、他の同業種の企業についても企業研究をしたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい!

【関連企業の年収を徹底調査】

このサイトについて

各企業の平均年収や平均勤続年数・平均年齢・従業員数などの基本情報は、有価証券報告書をデータソースとして使用しています。また、年齢別年収・役職別年収・生涯年収は、政府が公表している各種調査情報を元に、統計的な手法によって独自に算出をしています。詳しい算出方法はこちらのページをご覧ください。

出典

監修 年収チェッカー編集部


本サイトの記事は、人材業界と統計学の双方に専門的な知識を持つ、年収チェッカー編集部によって作成されています。