三井不動産の年収は1273万円|年齢帯別・役職別年収やボーナスなどを徹底調査【2022年最新版】

最終更新日:


三井不動産の平均年収ランキングのまとめ

三井不動産株式会社は、東京都に本社を構える、不動産業で事業を手掛ける企業です。 三井不動産の平均年収は1273万円で、業界ランキング4位の平均年収となっています。 今回は、そんな三井不動産に就職すると年収がいくらになるのかについて、年代別・役職別などの軸で徹底分析をしていきます。 ぜひ就職後のイメージと照らし合わせながら読んでみてください!また、面接対策に役立つ三井不動産の事業内容や沿革も紹介していきます。 是非最後まで読んで、就職活動の参考にしてくださいね!

また、下記の記事では、三井不動産について、より就活生にたった視点で平均年収を分析しているので、就活生の方はぜひこちらもチェックしてみてください!


おすすめコンテンツ


三井不動産の平均年収はいくら?

平均年収のサマリー

2022年度の三井不動産の平均年収は、1273万円でした(有価証券報告書調べ)。全国平均の年収が614万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

ここで、平均年収の推移をみてみましょう。

平均年収の推移

三井不動産の平均年収の推移

三井不動産の平均年収は直近7年間で、 +12.9%増加と上昇トレンドとなり、平均年収が増加していることが分かります。

年代別の平均年収

三井不動産の年代別平均年収

次に、年代別の平均年収をみてみましょう。25~29歳の平均年収は896万円で、 30~34歳になると1037万円と平均年収が141万円プラスとなります。 さらに、35~39歳になると1205万円で、40~45歳になると1273万円40~45歳になると1339万円となります。 そして、50~54歳になると1448万円55~59歳になると1394万円となります。

※こちらの試算は、三井不動産株式会社が発表をしている有価証券報告書と、厚生労働省が発表をしている 賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。 詳しい計算方法については、こちらのページを参考にしてください。

ここまで、三井不動産の平均年収のサマリーについてみてきました。 しかし、就職活動をする上で他社との比較は欠かせません。 三井不動産の平均年収は業界やエリア別で分析した際に、 上位何位なのでしょうか?

それでは、ランキングについて確認をしていきましょう!


ランキング

業界内ランキング

三井不動産の業界内年収ランキング

三井不動産が属する業界である、「不動産業」の上場企業平均年収は675万円でした。 そのため、三井不動産の平均年収は業界平均と比較をして 598万円高く、 業界内ランキングでは、163社中4位と比較的高い平均年収となっています。

次に、エリア内のランキングについて確認していきましょう!

エリア内ランキング

三井不動産のエリア内年収ランキング

三井不動産の本社がある東京都における上場企業の平均年収は652万円となります。
そのため、三井不動産の平均年収はエリア平均と比較をして 621万円高く、 エリア内ランキングでは、2266社中54位比較的高い平均年収となっています。

以上、三井不動産の年収ランキングについて見てきました。 ここまで読んでボーナスの額や、出世するといくら貰えるか気になる方も多いかと思います。

それでは、ボーナスの額や役職別の平均年収について確認をしてみましょう!

三井不動産でキャリアを重ねると

ボーナスはどれくらい貰える?

三井不動産のボーナス額の平均値は、205万円でした。 同業種の業界平均が108万円であることから、 97万円程高い金額になっています。

出世するといくら貰える?

三井不動産の役職別平均年収の比較

次に、三井不動産の役職別平均年収をみてみましょう。

係長の平均年収は1579万円、 課長の平均年収は2064万円、 部長の平均年収は2489万円と、 同業界の平均と比較をして 比較的高い水準にあることが分かります。


三井不動産の生涯年収はいくら?

三井不動産の生涯年収ランキング

調査の結果、三井不動産の平均生涯年収は4.3億円でした。

全国の平均生涯年収が2.4億円であることを考えると、 三井不動産の生涯年収は 比較的高い水準となっています。

※ 生涯年収は、新卒または第二新卒から60歳まで三井不動産株式会社で働いたと仮定して算出しています。


三井不動産の従業員調査

ここまで三井不動産の年収を様々な角度から分析してきました。 しかし、就職先を検討する際には、給与・収入面だけでなく、その企業にどういった人が働いているかを知っておくことが重要です。 従業員のデータを予め分析して入社後のミスマッチを減らしておきましょう。

三井不動産の従業員数

三井不動産の従業員数比較

有価証券報告書によると、三井不動産の従業員数は、1898人でした。 不動産業の従業情報員の平均従業員数が、267人であることから、 業界より比較的多い人数であることが分かります。
また、同業種内での従業員数ランキングが5位(163社中)であることからも、 かなり規模の大きい企業であることが分かります。

三井不動産の従業員の平均勤続年数

三井不動産の平均勤続年数比較

有価証券報告書によると、三井不動産の平均勤続年数は、11.1年でした。 不動産業の従業員の平均属年数が、7.8年であることから、 一度三井不動産に就職した人が比較的長い期間働いている、定着率の高い職場と言えそうです。

三井不動産の従業員平均年齢

三井不動産の従業員の平均年齢比較

有価証券報告書によると、三井不動産の従業員の平均年齢は、40.4歳でした。 不動産業の従業員の平均年齢が、40.5歳であることから、 比較的若い人の多い職場であると言えます。


三井不動産の勤務環境はブラック?それともホワイト?

ここまで、三井不動産の平均年収と従業員について分析してきました。 ところで、三井不動産の勤務環境はブラックなのでしょうか?それともホワイトなのでしょうか? 見極める一つの判断材料として残業時間や有給休暇日数について確認してみましょう!

三井不動産における従業員の平均残業時間と有給休暇の取得日数

三井不動産の平均残業時間

三井不動産の従業員の平均残業時間は、一月あたり11.2時間でした。 不動産業、物品賃貸業の従業員の平均残業時間が、14.2時間であることから、 比較的残業時間が短いことが分かります。

三井不動産の従業員の有給休暇の平均取得日数は、一年で12.6日でした。 不動産業、物品賃貸業の従業員の平均日数が、11.3日であることから、 比較的有給休暇をとりやすいことが分かります。

三井不動産の長時間労働是正のための取組内容

三井不動産は次のような取り組みによって、長時間労働是正に励んでいるようです。

①意識改革
・トップメッセージの継続発信による意識の醸成
・社内広報誌、働き方改革ポータルサイトを活用し、ノウハウ共有を実施
・育児支援休暇による育児者への支援および職場の意識改革

②組織単位での業務改革
・働き方企画推進室による部門サポート
・部門毎にカスタマイズされた働き方の確立、業務効率化推進

③インフラ整備
・在宅勤務制度
・育児介護費用補助制度
・事業所内保育所
・マンスリー型時短制度
・シェアオフィス「WORK STYLING」の利用
・ビジネスチャット、社内SNS活用
・スマートフォン、タブレット端末、ノートパソコン貸与
・社内WiFi整備

出典:厚生労働省発表 – 女性の活躍推進企業データベースオープンデータ(2021年10月25日時点)


三井不動産は女性にとって働きやすい?

三井不動産が女性にとって働きやすい環境か気になる方も多いと思います。 それでは、育休取得率と女性従業員の割合をみてみましょう!

三井不動産における女性の育休取得率と女性従業員の割合

三井不動産の女性の育休取得率

三井不動産の女性従業員の育休取得率は、100.0%でした。 不動産業、物品賃貸業の女性従業員の育休取得率が平均90.7%であることから、 比較的育休がとりやすいことが分かります。

三井不動産の女性従業員の割合

三井不動産の従業員に占める女性従業員の割合は、32.7%でした。 不動産業、物品賃貸業の女性従業員の割合が平均32.1%であることから、 比較的女性従業員が多いことが分かります。

三井不動産の女性活躍を推進する取り組み

三井不動産は次のような取り組みによって、女性の活躍を推進しているようです。

◎「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)~ホワイト500~」に認定されました

出典:厚生労働省発表 – 女性の活躍推進企業データベースオープンデータ(2021年10月25日時点)


三井不動産の事業展望

「せっかく三井不動産に採用してもらったのに、仕事内容や社風が合わない、、、」なんてことは避けたいですよね。 そのためにも、三井不動産が今後どのような成長戦略を考えているのかを知っておくことはとても重要です。 また、それだけでなく三井不動産がどのような人を採用したいと考えているのか見えてくるかもしれません。 それでは一緒に事業展望を見ていきましょう!

三井不動産は、事業戦略として、「ESG・サステナビリティに関する取り組みとしては、特に気候変動に対する取り組みの重要性が高まっており、2050年度までにグループ全体の温室効果ガス排出量をネットゼロとする目標達成に向けて定めた「脱炭素社会実現に向けたグループ行動計画」に基づき、国内全ての新築物件におけるZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)・ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)水準の環境性能実現、国内全施設における電力グリーン化等の再生可能エネルギーの積極活用、メガソーラー事業の拡大、サプライチェーン全体での脱炭素に向けたパートナーシップ強化等に取り組んでいく」ようです。
また、有価証券報告書によると、今後の事業成長のために以下の取り組みを掲げています。

  • 今後もマーク」の理念のもと、ESG課題の解決に取り組むことで街づくりを一層進化させ、地域に根差したコミュニティの創出、良質なタウンマネジメントの推進を行うとともに、新技術を積極的に活用し、超スマート社会の「場」であるスマートシティを実現するよう努め、「持続可能な社会」と「継続的な利益成長」の実現を目指していく
  • 長期経営方針「VISION2025」の達成に向け、「街づくりを通して、持続可能な社会の構築を実現」、「テクノロジーを活用し、不動産業そのものをイノベーション」、「グローバルカンパニーへの進化」をビジョンに掲げ、引き続き「顧客志向の経営」、「ビジネスイノベーション」、「グループ経営の進化」の3つの基本ストラテジーの実践による価値創造に取り組んでいく
  • 住宅事業においては、元気な高齢者の方々に、より自分らしい豊かなくらしを実現していただくための新しいすまいのカタチである「シニアレジデンス事業」の推進、あるいは、環境負荷がより少ない木造大規模施設の受注拡大など、顧客ニーズの多様化や社会的要請に応じた新しい商品やサービスを展開している

業績分析

続いて、有価証券報告書の決算情報をもとに、三井不動産の将来性を分析していきしょう!

売上額から見る三井不動産の将来性

三井不動産の売上高推移のグラフ

三井不動産は、主な事業として、賃貸・分譲・マネジメント・その他を手がけています。 ここで、三井不動産の売上高推移についてみて見ましょう。 直近7年間の売上成長率は55.5%で、 高い成長率を誇っている会社と言えるでしょう。
また、三井不動産の売上高ランキングは、 同業種で29位業界を牽引している企業となっています。

純利益から見る三井不動産の将来性

三井不動産の純利益高推移のグラフ

次に、三井不動産の純利益推移についてみてみましょう。 直近7年間の純利益成長率は64.2%で、 高い成長率を誇っている会社と言えるでしょう。
また、三井不動産の売上高ランキングは、 同業種で2位業界を牽引している企業となっています。


三井不動産の競合企業は?

三井不動産と企業規模が比較的近く、かつ類似した事業内容を展開する企業は以下の企業です。 これらの企業の情報もチェックをしてみて下さいね。

企業名 平均年収 事業内容
森ビル株式会社 878万円 不動産業
東京建物株式会社 1008万円 不動産業
エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社 924万円 不動産業
野村不動産ホールディングス株式会社 1017万円 不動産業
三菱地所株式会社 1264万円 不動産業
中央日本土地建物株式会社 748万円 不動産業
イオンモール株式会社 681万円 不動産業
株式会社サンケイビル 926万円 不動産業
株式会社コスモスイニシア 708万円 不動産業
株式会社レオパレス21 445万円 不動産業

不動産業業界の企業年収ランキングは?

三井不動産が属する不動産業業界において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、不動産業業界における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一業界の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 ヒューリック株式会社 1803万円 189人
2位 日本商業開発株式会社 1694万円 45人
3位 霞ヶ関キャピタル株式会社 1311万円 103人
4位 三井不動産株式会社 1273万円 1898人
5位 三菱地所株式会社 1264万円 1053人
6位 株式会社ランドビジネス 1158万円 24人
7位 ロードスターキャピタル株式会社 1124万円 52人
8位 株式会社プロパスト 1117万円 45人
9位 平和不動産株式会社 1067万円 91人
10位 東急不動産ホールディングス株式会社 1057万円 87人

不動産業業界に属する会社の年収ランキングの続きは、こちらをご覧ください!


東京都の企業年収ランキングは?

三井不動産が属する東京都において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、東京都における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一エリア内の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社 2735万円 731人
2位 M&Aキャピタルパートナーズ株式会社 2688万円 150人
3位 ヒューリック株式会社 1803万円 189人
4位 株式会社光通信 1682万円 7人
5位 三菱商事株式会社 1631万円 4629人
6位 ショーボンドホールディングス株式会社 1563万円 10人
7位 株式会社リゾート&メディカル 1560万円 2人
8位 株式会社めぶきフィナンシャルグループ 1490万円 16人
9位 ソレイジア・ファーマ株式会社 1490万円 21人
10位 三井物産株式会社 1482万円 5587人

東京都に本社を構える会社の年収ランキング続きは、こちらをご覧ください!


企業データ

最後に、三井不動産の企業データについて調査した結果を記載します。

項目詳細
会社名三井不動産株式会社
設立年月日1941年
会社ホームページhttp://mitsuifudosan.co.jp/
所在地東京都中央区日本橋室町2丁目1番1号
代表取締役社長代表取締役社長  菰田 正信
業種不動産業
事業内容不動産業

三井不動産の歴史

歴史を知っておくことは、その会社の安定性を理解するだけでなく、面接対策の観点からもとても重要です。 三井不動産の創設年は1941年で81年の社歴を持っており、 不動産業の中では 比較的長い社歴を持っています。

歴史をもっと見る

1941年7月

当社設立(資本金300万円)

1949年5月

東京証券取引所市場第一部に株式を上場

1956年10月

㈱三井本社を吸収合併

1962年2月

大阪支店(現関西支社)開設

1966年12月

「百合ヶ丘宅地造成第1期」竣工

1968年4月

「霞が関ビルディング」竣工

1969年7月

三井不動産販売㈱設立

1972年4月

札幌支店(現北海道支店)、広島支店(現中国支店)、福岡支店(現九州支店)開設

1972年10月

名古屋支店(現中部支店)開設

1973年5月

米国三井不動産㈱設立

1973年9月

新名古屋ビル㈱を吸収合併

1973年12月

仙台支店(現東北支店)開設

1974年9月

「新宿三井ビルディング」竣工

1974年10月

三井ホーム㈱、三井不動産建設㈱設立

1980年5月

共同事業システム「Let’s」開始

1980年9月

「サンシティ」全体竣工

1981年3月

MITSUI FUDOSAN (SINGAPORE) PTE. LTD.設立

1981年4月

「ららぽーと船橋SC(現三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY)」営業開始

1983年9月

「ハレクラニ」営業開始

1984年1月

「三井ガーデンホテル大阪(現三井ガーデンホテル大阪淀屋橋)」営業開始

1988年4月

横浜支店開設

1989年12月

米国三井不動産グループ㈱設立

1990年1月

MITSUI FUDOSAN (U.K.) LTD.設立

1990年4月

千葉支店開設

1992年7月

MITSUI FUDOSAN (SINGAPORE) PTE. LTD.がMITSUI FUDOSAN (ASIA) PTE. LTD.に商号変更

1993年7月

「ベル・パークシティ」全体竣工

1998年9月

1999年12月

「横浜ベイサイドマリーナ ショップス&レストランツ(現三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド)」営業開始

米国三井不動産グループ㈱が米国三井不動産㈱を吸収合併

2000年3月

米国三井不動産グループ㈱がMITSUI FUDOSAN AMERICA, INC.に商号変更

2002年3月

三井不動産建設㈱の全株式を売却

2002年10月

三井不動産販売㈱を株式交換により完全子会社化

2005年7月

「日本橋三井タワー」竣工

2005年12月

三井不動産レジデンシャル㈱設立

2007年1月

「東京ミッドタウン」竣工

2012年4月

三井不動産販売㈱が三井不動産リアルティ㈱に商号変更

2014年7月

柏の葉スマートシティ「ゲートスクエア」営業開始

2014年9月

「三井不動産ロジスティクスパーク堺」竣工

2018年2月

「東京ミッドタウン日比谷」竣工

2018年10月

三井ホーム㈱を株式公開買付けにより完全子会社化

 

「55 ハドソンヤード」竣工

2019年3月

2021年1月

2022年4月

「日本橋室町三井タワー」竣工

㈱東京ドームを株式公開買付けにより連結子会社化

東京証券取引所の市場区分の見直しにより、東京証券取引所市場第一部からプライム市場に移行


まとめ

今回の記事では、三井不動産の年収を中心に、業績の推移や競合企業との比較など、就職活動のためになる情報を徹底調査をしてきました。
会社選びをするうえで、インターネットの評判や社員の方による口コミも参考になりますが、企業のデータを知ることもとても重要です。

関連する業界については、下記で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

また、他の同業種の企業についても企業研究をしたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい!

【関連企業の年収を徹底調査】

このサイトについて

各企業の平均年収や平均勤続年数・平均年齢・従業員数などの基本情報は、有価証券報告書をデータソースとして使用しています。また、年齢別年収・役職別年収・生涯年収は、政府が公表している各種調査情報を元に、統計的な手法によって独自に算出をしています。詳しい算出方法はこちらのページをご覧ください。

出典

監修 年収チェッカー編集部


本サイトの記事は、人材業界と統計学の双方に専門的な知識を持つ、年収チェッカー編集部によって作成されています。