三菱電機の年収は806万円|年齢帯別・役職別年収やボーナスなどを徹底調査【2022年最新版】

最終更新日:


三菱電機の平均年収ランキングのまとめ

三菱電機株式会社は、東京都に本社を構える、電気機器で事業を手掛ける企業です。 三菱電機の平均年収は806万円で、業界ランキング32位の平均年収となっています。 今回は、そんな三菱電機に就職すると年収がいくらになるのかについて、年代別・役職別などの軸で徹底分析をしていきます。 ぜひ就職後のイメージと照らし合わせながら読んでみてください!また、面接対策に役立つ三菱電機の事業内容や沿革も紹介していきます。 是非最後まで読んで、就職活動の参考にしてくださいね!

また、下記の記事では、三菱電機について、より就活生にたった視点で平均年収を分析しているので、就活生の方はぜひこちらもチェックしてみてください!


おすすめコンテンツ


三菱電機の平均年収はいくら?

平均年収のサマリー

2022年度の三菱電機の平均年収は、806万円でした(有価証券報告書調べ)。全国平均の年収が614万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

ここで、平均年収の推移をみてみましょう。

平均年収の推移

三菱電機の平均年収の推移

三菱電機の平均年収は直近4年間で、 -1.2%減少と減少トレンドとなり、平均年収が減少していることが分かります。

年代別の平均年収

三菱電機の年代別平均年収

次に、年代別の平均年収をみてみましょう。25~29歳の平均年収は575万円で、 30~34歳になると662万円と平均年収が87万円プラスとなります。 さらに、35~39歳になると755万円で、40~45歳になると806万円40~45歳になると863万円となります。 そして、50~54歳になると931万円55~59歳になると931万円となります。

※こちらの試算は、三菱電機株式会社が発表をしている有価証券報告書と、厚生労働省が発表をしている 賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。 詳しい計算方法については、こちらのページを参考にしてください。

ここまで、三菱電機の平均年収のサマリーについてみてきました。 しかし、就職活動をする上で他社との比較は欠かせません。 三菱電機の平均年収は業界やエリア別で分析した際に、 上位何位なのでしょうか?

それでは、ランキングについて確認をしていきましょう!


ランキング

業界内ランキング

三菱電機の業界内年収ランキング

三菱電機が属する業界である、「電気機器」の上場企業平均年収は667万円でした。 そのため、三菱電機の平均年収は業界平均と比較をして 139万円高く、 業界内ランキングでは、271社中32位と比較的高い平均年収となっています。

次に、エリア内のランキングについて確認していきましょう!

エリア内ランキング

三菱電機のエリア内年収ランキング

三菱電機の本社がある東京都における上場企業の平均年収は652万円となります。
そのため、三菱電機の平均年収はエリア平均と比較をして 154万円高く、 エリア内ランキングでは、2266社中350位比較的高い平均年収となっています。

以上、三菱電機の年収ランキングについて見てきました。 ここまで読んでボーナスの額や、出世するといくら貰えるか気になる方も多いかと思います。

それでは、ボーナスの額や役職別の平均年収について確認をしてみましょう!

三菱電機でキャリアを重ねると

ボーナスはどれくらい貰える?

三菱電機のボーナス額の平均値は、129万円でした。 同業種の業界平均が107万円であることから、 22万円程高い金額になっています。

出世するといくら貰える?

三菱電機の役職別平均年収の比較

次に、三菱電機の役職別平均年収をみてみましょう。

係長の平均年収は999万円、 課長の平均年収は1307万円、 部長の平均年収は1576万円と、 同業界の平均と比較をして 比較的高い水準にあることが分かります。


三菱電機の生涯年収はいくら?

三菱電機の生涯年収ランキング

調査の結果、三菱電機の平均生涯年収は2.8億円でした。

全国の平均生涯年収が2.4億円であることを考えると、 三菱電機の生涯年収は 比較的高い水準となっています。

※ 生涯年収は、新卒または第二新卒から60歳まで三菱電機株式会社で働いたと仮定して算出しています。


三菱電機の従業員調査

ここまで三菱電機の年収を様々な角度から分析してきました。 しかし、就職先を検討する際には、給与・収入面だけでなく、その企業にどういった人が働いているかを知っておくことが重要です。 従業員のデータを予め分析して入社後のミスマッチを減らしておきましょう。

三菱電機の従業員数

三菱電機の従業員数比較

有価証券報告書によると、三菱電機の従業員数は、36700人でした。 電気機器の従業情報員の平均従業員数が、1958人であることから、 業界より比較的多い人数であることが分かります。
また、同業種内での従業員数ランキングが2位(271社中)であることからも、 かなり規模の大きい企業であることが分かります。

三菱電機の従業員の平均勤続年数

三菱電機の平均勤続年数比較

有価証券報告書によると、三菱電機の平均勤続年数は、16.9年でした。 電気機器の従業員の平均属年数が、15.7年であることから、 一度三菱電機に就職した人が比較的長い期間働いている、定着率の高い職場と言えそうです。

三菱電機の従業員平均年齢

三菱電機の従業員の平均年齢比較

有価証券報告書によると、三菱電機の従業員の平均年齢は、41.1歳でした。 電気機器の従業員の平均年齢が、43.5歳であることから、 比較的若い人の多い職場であると言えます。


三菱電機の勤務環境はブラック?それともホワイト?

ここまで、三菱電機の平均年収と従業員について分析してきました。 ところで、三菱電機の勤務環境はブラックなのでしょうか?それともホワイトなのでしょうか? 見極める一つの判断材料として残業時間や有給休暇日数について確認してみましょう!

三菱電機における従業員の平均残業時間と有給休暇の取得日数

三菱電機の平均残業時間

三菱電機の従業員の平均残業時間は、一月あたり26.8時間でした。 電子部品・デバイス・電子回路・電気機械器具・情報通信機械器具製造業の従業員の平均残業時間が、15.5時間であることから、 比較的残業時間が長いことが分かります。

三菱電機の従業員の有給休暇の平均取得日数は、一年で17.2日でした。 電子部品・デバイス・電子回路・電気機械器具・情報通信機械器具製造業の従業員の平均日数が、12.8日であることから、 比較的有給休暇をとりやすいことが分かります。

三菱電機の長時間労働是正のための取組内容

三菱電機は次のような取り組みによって、長時間労働是正に励んでいるようです。

「成果・効率をより重視する企業風土への変革」と「仕事に対する意識の改革」を通じて、全従業員が仕事と生活を両立しながら能力を最大限発揮できる職場環境を整備する。

<取組内容>
・トップダウンによる方針徹底、経営トップのメッセージ発信強化
・従業員の意識啓発、職場風土の醸成
・所定外労働時間削減に向けた取組みの強化
・年休取得のさらなる推進
・管理職の意識啓発、マネジメント力強化 等

出典:厚生労働省発表 – 女性の活躍推進企業データベースオープンデータ(2021年10月25日時点)


三菱電機は女性にとって働きやすい?

三菱電機が女性にとって働きやすい環境か気になる方も多いと思います。 それでは、育休取得率と女性従業員の割合をみてみましょう!

三菱電機における女性の育休取得率と女性従業員の割合

三菱電機の女性の育休取得率

三菱電機の女性従業員の育休取得率は、99.0%でした。 電子部品・デバイス・電子回路・電気機械器具・情報通信機械器具製造業の女性従業員の育休取得率が平均96.6%であることから、 比較的育休がとりやすいことが分かります。

三菱電機の女性従業員の割合

三菱電機の従業員に占める女性従業員の割合は、11.0%でした。 電子部品・デバイス・電子回路・電気機械器具・情報通信機械器具製造業の女性従業員の割合が平均20.2%であることから、 比較的女性従業員が少ないことが分かります。

三菱電機の女性活躍を推進する取り組み

三菱電機は次のような取り組みによって、女性の活躍を推進しているようです。

「配偶者出産休暇」の取得要件としていた各種エビデンス資料の提出を2021年度より不要とした。

出典:厚生労働省発表 – 女性の活躍推進企業データベースオープンデータ(2021年10月25日時点)


三菱電機の事業展望

「せっかく三菱電機に採用してもらったのに、仕事内容や社風が合わない、、、」なんてことは避けたいですよね。 そのためにも、三菱電機が今後どのような成長戦略を考えているのかを知っておくことはとても重要です。 また、それだけでなく三菱電機がどのような人を採用したいと考えているのか見えてくるかもしれません。 それでは一緒に事業展望を見ていきましょう!

三菱電機は、事業戦略として、「足元での素材・物流費の高騰、半導体・電子部品の調達難による部材調達環境の悪化に加え、脱炭素化や自動運転等の新たな市場ニーズの高まり等、事業環境が大きく変化している中、特に車両電動化関連製品をはじめとする自動車機器事業においては、継続的に営業損失を計上しており、引き続き不確実性の高い事業環境が見込まれることから、これら変化に耐えうる強固な収益基盤を構築していく」ようです。
また、有価証券報告書によると、今後の事業成長のために以下の取り組みを掲げています。

  • 一連の品質不適切行為の直接の原因4項目(①「手続き」による品質保証概念の欠如、②品質部門の脆弱性、③ミドルマネジメント層の疲弊、④本社と現場の距離)とその背景となる組織風土上の問題3項目(⑤拠点単位の内向きな組織風土、⑥独立性の高い事業本部制、⑦経営陣の本気度)については複数の製作所で課題となっていることが具体的な事例をもって示されている
  • 持続的成長に向けては、事業を特性別に分類し、強弱をつけて経営資源を投入していく事業ポートフォリオ戦略の強化による収益力向上を図るべく、重点成長事業と位置付ける「FA制御システム」「空調冷熱システム」「ビルシステム」「電動化/ADAS*1」「パワーデバイス」の5つの事業に対し経営資源を戦略的に投入し、収益力や成長性の高い事業へのリソースシフトを進めている
  • 2021年度からは、「環境ビジョン2050」に基づき、バリューチェーン全体での温室効果ガス排出量の2050年実質ゼロを目指し、三菱電機グループの工場・オフィスからの温室効果ガス排出量の2030年度50%以上削減(2013年度比)を中間目標に設定して取り組みを一層強化するとともに、社会全体の脱炭素化に貢献する事業を育成し、「脱炭素社会」の実現に貢献していく

業績分析

続いて、有価証券報告書の決算情報をもとに、三菱電機の将来性を分析していきしょう!

売上額から見る三菱電機の将来性

三菱電機の売上高推移のグラフ

三菱電機は、主な事業として、重電システム・産業メカトロニクス・情報通信システム・電子デバイス・家庭電器・共通を手がけています。 ここで、三菱電機の売上高推移についてみて見ましょう。 直近7年間の売上成長率は-4.4%で、 成長がやや鈍化していると言えるでしょう。
また、三菱電機の売上高ランキングは、 同業種で16位業界を牽引している企業となっています。

純利益から見る三菱電機の将来性

三菱電機の純利益高推移のグラフ

次に、三菱電機の純利益推移についてみてみましょう。 直近7年間の純利益成長率は9.5%で、 高い成長率を誇っている会社と言えるでしょう。
また、三菱電機の売上高ランキングは、 同業種で8位業界を牽引している企業となっています。


三菱電機の競合企業は?

三菱電機と企業規模が比較的近く、かつ類似した事業内容を展開する企業は以下の企業です。 これらの企業の情報もチェックをしてみて下さいね。

企業名 平均年収 事業内容
パナソニック株式会社 758万円 電気機器
株式会社キーエンス 2182万円 電気機器
株式会社 東芝 892万円 電気機器
横河電機株式会社 877万円 電気機器
株式会社ミツバ 515万円 電気機器
富士通株式会社 859万円 電気機器
日本電産株式会社 645万円 電気機器
日新電機株式会社 715万円 電気機器
日本電気株式会社 814万円 電気機器
株式会社日立製作所 896万円 電気機器

電気機器業界の企業年収ランキングは?

三菱電機が属する電気機器業界において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、電気機器業界における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一業界の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 株式会社キーエンス 2182万円 2599人
2位 株式会社リゾート&メディカル 1560万円 2人
3位 レーザーテック株式会社 1379万円 328人
4位 東京エレクトロン株式会社 1285万円 1771人
5位 ファナック株式会社 1248万円 4257人
6位 株式会社ワコム 1122万円 410人
7位 ソニーグループ株式会社 1084万円 2839人
8位 株式会社アクセル 1057万円 92人
9位 JALCOホールディングス株式会社 1040万円 9人
10位 株式会社アドバンテスト 1019万円 1986人

電気機器業界に属する会社の年収ランキングの続きは、こちらをご覧ください!


東京都の企業年収ランキングは?

三菱電機が属する東京都において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、東京都における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一エリア内の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社 2735万円 731人
2位 M&Aキャピタルパートナーズ株式会社 2688万円 150人
3位 ヒューリック株式会社 1803万円 189人
4位 株式会社光通信 1682万円 7人
5位 三菱商事株式会社 1631万円 4629人
6位 ショーボンドホールディングス株式会社 1563万円 10人
7位 株式会社リゾート&メディカル 1560万円 2人
8位 株式会社めぶきフィナンシャルグループ 1490万円 16人
9位 ソレイジア・ファーマ株式会社 1490万円 21人
10位 三井物産株式会社 1482万円 5587人

東京都に本社を構える会社の年収ランキング続きは、こちらをご覧ください!


企業データ

最後に、三菱電機の企業データについて調査した結果を記載します。

項目詳細
会社名三菱電機株式会社
設立年月日1921年
会社ホームページhttp://www.mitsubishielectric.co.jp/
所在地東京都千代田区丸の内2丁目7番3号
代表取締役社長執行役社長  杉山 武史
業種電気機器
事業内容重電システム、産業メカトロニクス、情報通信システム、電子デバイス、家庭電器

三菱電機の歴史

歴史を知っておくことは、その会社の安定性を理解するだけでなく、面接対策の観点からもとても重要です。 三菱電機の創設年は1921年で101年の社歴を持っており、 電気機器の中では 比較的長い社歴を持っています。

歴史をもっと見る

年月

沿革

1921年 1月

三菱造船㈱(現 三菱重工業㈱)神戸造船所の電機製作所を継承し三菱電機㈱創立

神戸製作所(現 神戸製作所、電力システム製作所)を新設、変圧器、電動機、扇風機等を手がける

1923年11月

三菱造船㈱長崎造船所電機工場の経営委託をうけ長崎工場(現 長崎製作所)を新設、タービン発電

機、船舶用直流機等大型重電機器を手がける

1924年 9月

名古屋製作所新設、汎用誘導電動機等の標準電機品や家庭用電気機器を手がける

1940年12月

大阪工場(現 伊丹製作所、系統変電システム製作所)新設、神戸製作所より無線機、精機工場移転

1943年 2月

福山工場(現 福山製作所)、中津川工場(現 中津川製作所)新設

4月

郡山工場(現 コミュニケーション・ネットワーク製作所郡山工場)新設

6月

和歌山工場(現 冷熱システム製作所)新設

1944年 2月

姫路工場(現 姫路製作所)新設

3月

本店研究部を研究所(現 先端技術総合研究所他)とする

1949年 5月

東京証券取引所に株式を上場

1953年10月

無線通信機器やテレビ等の需要増大に対応し無線機製作所(現 通信機製作所、コミュニケーション・ネットワーク製作所)新設

1954年 4月

冷蔵庫、エアコン等民需用冷機生産の専門工場として静岡工場(現 静岡製作所)新設

1959年 8月

半導体量産専門工場として北伊丹工場(現 高周波光デバイス製作所他)新設

1960年10月

無線・電子応用機器及び電子計算機等エレクトロニクスの主力工場を関東に作る目的で鎌倉製作所新設

1962年 1月

真空管・ブラウン管専門工場として京都製作所(注)新設

5月

航法装置シミュレーターにつきジェネラルプレシジョン社と合弁で三菱プレシジョン㈱設立

1963年 3月

菱電機器㈱を吸収合併し、群馬製作所と改称

1964年 5月

小型開閉制御機器生産工場として伊丹製作所三田工場(現 三田製作所)新設

10月

昇降機の専門工場として稲沢製作所(現 三菱電機ビルソリューションズ㈱ 稲沢ビルシステム製作所)新設

1965年 8月

研究本部(現 開発本部)新設

1970年 8月

ハードウエアを中心とした全社の生産技術センターとして生産技術研究所(現 生産技術センター他)新設

1972年 6月

大型変圧器専門工場として、赤穂工場(現 系統変電システム製作所赤穂工場)新設

1973年 8月

米国に三菱電機アメリカ社(現 三菱電機US社)設立

1974年 4月

制御製作所(現 神戸製作所他)新設

1975年 6月

営業本部新設

1977年 6月

事業本部制を導入し、重電・電子・機器・商品の4事業本部新設

9月

シンガポールにメルコ・セールス・シンガポール社(現 三菱電機アジア社)設立

1978年 6月

台湾に台湾三菱電機股份有限公司設立

1979年 4月

閉鎖形配電盤及び遮断器の生産を担当する丸亀工場(現 受配電システム製作所)を新設

1981年 6月

情報処理・伝送・光電波機器の研究開発強化のため、情報電子研究所(現 情報技術総合研究所)新設

9月

北伊丹製作所福岡半導体工場(現 パワーデバイス製作所)新設

1983年10月

事業本部を機電・商品・電子システム・電子計算機・電子デバイス・海外の6事業本部に再編


まとめ

今回の記事では、三菱電機の年収を中心に、業績の推移や競合企業との比較など、就職活動のためになる情報を徹底調査をしてきました。
会社選びをするうえで、インターネットの評判や社員の方による口コミも参考になりますが、企業のデータを知ることもとても重要です。

関連する業界については、下記で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

また、他の同業種の企業についても企業研究をしたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい!

【関連企業の年収を徹底調査】

このサイトについて

各企業の平均年収や平均勤続年数・平均年齢・従業員数などの基本情報は、有価証券報告書をデータソースとして使用しています。また、年齢別年収・役職別年収・生涯年収は、政府が公表している各種調査情報を元に、統計的な手法によって独自に算出をしています。詳しい算出方法はこちらのページをご覧ください。

出典

監修 年収チェッカー編集部


本サイトの記事は、人材業界と統計学の双方に専門的な知識を持つ、年収チェッカー編集部によって作成されています。