虫眼鏡 ロゴ

【2022年最新版】亀田製菓に就職すると年収はいくら? | 就活生必見!年代・役職別年収や、業界ランキングを徹底調査!

最終更新日:


亀田製菓の平均年収ランキングのまとめ

亀田製菓株式会社は、新潟県に本社を構える、食料品で事業を手掛ける企業です。 亀田製菓の平均年収は539万円で、業界ランキング84位の平均年収となっています。 今回は、そんな亀田製菓に就職すると年収がいくらになるのかについて、年代別・役職別などの軸で徹底分析をしていきます。 ぜひ就職後のイメージと照らし合わせながら読んでみてください!また、面接対策に役立つ亀田製菓の事業内容や沿革も紹介していきます。 是非最後まで読んで、就職活動の参考にしてくださいね!

また、下記の記事では、亀田製菓について、より就活生にたった視点で平均年収を分析しているので、就活生の方はぜひこちらもチェックしてみてください!


おすすめコンテンツ


亀田製菓の平均年収はいくら?

平均年収のサマリー

2022年度の亀田製菓の平均年収は、539万円でした(有価証券報告書調べ)。全国平均の年収が614万円であることを考えると、 全国平均よりも低い水準となっています。

ここで、平均年収の推移をみてみましょう。

平均年収の推移

亀田製菓の平均年収の推移

亀田製菓の平均年収は直近7年間で、 0.0%減少と減少トレンドとなり、平均年収が減少していることが分かります。

年代別の平均年収

亀田製菓の年代別平均年収

次に、年代別の平均年収をみてみましょう。25~29歳の平均年収は384万円で、 30~34歳になると443万円と平均年収が59万円プラスとなります。 さらに、35~39歳になると505万円で、40~45歳になると539万円40~45歳になると577万円となります。 そして、50~54歳になると623万円55~59歳になると622万円となります。

※こちらの試算は、亀田製菓株式会社が発表をしている有価証券報告書と、厚生労働省が発表をしている 賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。 詳しい計算方法については、こちらのページを参考にしてください。

ここまで、亀田製菓の平均年収のサマリーについてみてきました。 しかし、就職活動をする上で他社との比較は欠かせません。 亀田製菓の平均年収は業界やエリア別で分析した際に、 上位何位なのでしょうか?

それでは、ランキングについて確認をしていきましょう!


ランキング

業界内ランキング

亀田製菓の業界内年収ランキング

亀田製菓が属する業界である、「食料品」の上場企業平均年収は611万円でした。 そのため、亀田製菓の平均年収は業界平均と比較をして 72万円低く、 業界内ランキングでは、140社中84位と比較的低い平均年収となっています。

次に、エリア内のランキングについて確認していきましょう!

エリア内ランキング

亀田製菓のエリア内年収ランキング

亀田製菓の本社がある新潟県における上場企業の平均年収は543万円となります。
そのため、亀田製菓の平均年収はエリア平均と比較をして 4万円低く、 エリア内ランキングでは、46社中21位同程度の平均年収となっています。

以上、亀田製菓の年収ランキングについて見てきました。 ここまで読んでボーナスの額や、出世するといくら貰えるか気になる方も多いかと思います。

それでは、ボーナスの額や役職別の平均年収について確認をしてみましょう!

亀田製菓でキャリアを重ねると

ボーナスはどれくらい貰える?

亀田製菓のボーナス額の平均値は、86万円でした。 同業種の業界平均が98万円であることから、 12万円程低い金額になっています。

出世するといくら貰える?

亀田製菓の役職別平均年収の比較

次に、亀田製菓の役職別平均年収をみてみましょう。

係長の平均年収は668万円、 課長の平均年収は874万円、 部長の平均年収は1054万円と、 同業界の平均と比較をして 比較的低い水準にあることが分かります。


亀田製菓の生涯年収はいくら?

亀田製菓の生涯年収ランキング

調査の結果、亀田製菓の平均生涯年収は1.8億円でした。

全国の平均生涯年収が2.4億円であることを考えると、 亀田製菓の生涯年収は 比較的低い水準となっています。

※ 生涯年収は、新卒または第二新卒から60歳まで亀田製菓株式会社で働いたと仮定して算出しています。


亀田製菓の従業員調査

ここまで亀田製菓の年収を様々な角度から分析してきました。 しかし、就職先を検討する際には、給与・収入面だけでなく、その企業にどういった人が働いているかを知っておくことが重要です。 従業員のデータを予め分析して入社後のミスマッチを減らしておきましょう。

亀田製菓の従業員数

亀田製菓の従業員数比較

有価証券報告書によると、亀田製菓の従業員数は、1458人でした。 食料品の従業情報員の平均従業員数が、859人であることから、 業界より比較的多い人数であることが分かります。
また、同業種内での従業員数ランキングが16位(140社中)であることからも、 かなり規模の大きい企業であることが分かります。

亀田製菓の従業員の平均勤続年数

亀田製菓の平均勤続年数比較

有価証券報告書によると、亀田製菓の平均勤続年数は、19.8年でした。 食料品の従業員の平均属年数が、14.8年であることから、 一度亀田製菓に就職した人が比較的長い期間働いている、定着率の高い職場と言えそうです。

亀田製菓の従業員平均年齢

亀田製菓の従業員の平均年齢比較

有価証券報告書によると、亀田製菓の従業員の平均年齢は、41.9歳でした。 食料品の従業員の平均年齢が、41.3歳であることから、 比較的年齢の高い職場であると言えます。


亀田製菓の勤務環境はブラック?それともホワイト?

ここまで、亀田製菓の平均年収と従業員について分析してきました。 ところで、亀田製菓の勤務環境はブラックなのでしょうか?それともホワイトなのでしょうか? 見極める一つの判断材料として残業時間や有給休暇日数について確認してみましょう!

亀田製菓における従業員の平均残業時間と有給休暇の取得日数

亀田製菓の平均残業時間

亀田製菓の従業員の平均残業時間は、一月あたり9.0時間でした。 食料品、飲料・たばこ・飼料製造業の従業員の平均残業時間が、15.5時間であることから、 比較的残業時間が短いことが分かります。

亀田製菓の従業員の有給休暇の平均取得日数は、一年で13.0日でした。 食料品、飲料・たばこ・飼料製造業の従業員の平均日数が、11.8日であることから、 比較的有給休暇をとりやすいことが分かります。

亀田製菓の長時間労働是正のための取組内容

亀田製菓は次のような取り組みによって、長時間労働是正に励んでいるようです。

・ノー残業デーの実施

出典:厚生労働省発表 – 女性の活躍推進企業データベースオープンデータ(2021年10月25日時点)


亀田製菓は女性にとって働きやすい?

亀田製菓が女性にとって働きやすい環境か気になる方も多いと思います。 それでは、育休取得率と女性従業員の割合をみてみましょう!

亀田製菓における女性の育休取得率と女性従業員の割合

亀田製菓の女性の育休取得率

亀田製菓の女性従業員の育休取得率は、100.0%でした。 食料品、飲料・たばこ・飼料製造業の女性従業員の育休取得率が平均95.0%であることから、 比較的育休がとりやすいことが分かります。

亀田製菓の女性従業員の割合

亀田製菓の従業員に占める女性従業員の割合は、35.8%でした。 食料品、飲料・たばこ・飼料製造業の女性従業員の割合が平均35.2%であることから、 比較的女性従業員が多いことが分かります。

亀田製菓の女性活躍を推進する取り組み

亀田製菓は次のような取り組みによって、女性の活躍を推進しているようです。

〇新卒採用による競争倍率(直近3事業年度の平均値)
 男性:27.7倍  女性:55.6倍
 ※採用に関する取り組み
  性別等による差別のない公平な採用を継続実施し、男女の採用倍率差を縮小する。
  女性が少ない職種では働きやすい環境整備及びインターンシップ等の実施により女性が活躍できる職場であることをアピールする。

〇時間外労働と休日労働の状況(2019年度の実績)
 正社員 9.0時間 
 ※時間外労働と休日労働の合計は、すべての雇用管理区分で各月全て45時間未満である。
 

〇多様なキャリアコースに関する状況(直近3事業年度の状況)
 A:女性の非正社員から正社員への転換 7名
 B:女性労働者のキャリアアップに資する雇用管理区分間の転換 49名
 C:過去に在籍した女性の正社員としての採用 該当なし
 D:おおむね30歳以上の女性の正社員としての採用 4名

出典:厚生労働省発表 – 女性の活躍推進企業データベースオープンデータ(2021年10月25日時点)


亀田製菓の事業展望

「せっかく亀田製菓に採用してもらったのに、仕事内容や社風が合わない、、、」なんてことは避けたいですよね。 そのためにも、亀田製菓が今後どのような成長戦略を考えているのかを知っておくことはとても重要です。 また、それだけでなく亀田製菓がどのような人を採用したいと考えているのか見えてくるかもしれません。 それでは一緒に事業展望を見ていきましょう!

亀田製菓は、事業戦略として、「グループは長期ビジョン“BetterForYou(美味しくからだに良いものを選び、食べ、楽しむ、健やかなライフスタイルへの貢献)の食品業”への進化を通じて、持続可能な社会の実現に資する企業グループとしての成長に向けて取り組んでいく」ようです。
また、有価証券報告書によると、今後の事業成長のために以下の取り組みを掲げています。

  • グローバル展開の実現に取り組むにあたり、果たすべき使命と目指す姿を「亀田製菓グループ“ビジョン・ミッション”」として、グループの共有すべき基軸として掲げている
  • グループは長期ビジョン「グローバル・フード・カンパニー」の実現を通じた持続的な成長を目指し、2023年度までの中期経営計画「Changinggears2023」の実行に取り組んでいる
  • 業績は様々な要因によって予想値と異なる可能性がある

業績分析

続いて、有価証券報告書の決算情報をもとに、亀田製菓の将来性を分析していきしょう!

売上額から見る亀田製菓の将来性

亀田製菓の売上高推移のグラフ

亀田製菓は、主な事業として、国内米菓・海外・食品を手がけています。 ここで、亀田製菓の売上高推移についてみて見ましょう。 直近7年間の売上成長率は-22.1%で、 成長がやや鈍化していると言えるでしょう。
また、亀田製菓の売上高ランキングは、 同業種で47位業界を牽引している企業となっています。

純利益から見る亀田製菓の将来性

亀田製菓の純利益高推移のグラフ

次に、亀田製菓の純利益推移についてみてみましょう。 直近7年間の純利益成長率は34.2%で、 高い成長率を誇っている会社と言えるでしょう。
また、亀田製菓の売上高ランキングは、 同業種で38位業界を牽引している企業となっています。


亀田製菓の競合企業は?

亀田製菓と企業規模が比較的近く、かつ類似した事業内容を展開する企業は以下の企業です。 これらの企業の情報もチェックをしてみて下さいね。

企業名 平均年収 事業内容
エバラ食品工業株式会社 718万円 食料品
岩塚製菓株式会社 463万円 食料品
株式会社あじかん 506万円 食料品
日東ベスト株式会社 454万円 食料品
江崎グリコ株式会社 817万円 食料品
森永製菓株式会社 762万円 食料品
一正蒲鉾株式会社 406万円 食料品
キユーピー株式会社 613万円 食料品
キッコーマン株式会社 787万円 食料品
プリマハム株式会社 733万円 食料品

食料品業界の企業年収ランキングは?

亀田製菓が属する食料品業界において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、食料品業界における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一業界の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 サントリーホールディングス株式会社 1140万円 482人
2位 サントリー食品インターナショナル株式会社 1118万円 523人
3位 アサヒグループホールディングス株式会社 1114万円 336人
4位 味の素株式会社 1046万円 3252人
5位 明治ホールディングス株式会社 1015万円 85人
6位 三井製糖株式会社 977万円 41人
7位 不二製油グループ本社株式会社 949万円 137人
8位 ダイドーグループホールディングス株式会社 913万円 23人
9位 日本たばこ産業株式会社 897万円 7154人
10位 キリンホールディングス株式会社 870万円 1156人

食料品業界に属する会社の年収ランキングの続きは、こちらをご覧ください!


新潟県の企業年収ランキングは?

亀田製菓が属する新潟県において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、新潟県における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一エリア内の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 株式会社第四北越フィナンシャルグループ 1179万円 9人
2位 株式会社福田組 805万円 897人
3位 株式会社 新潟放送 784万円 119人
4位 アクシアル リテイリング株式会社 753万円 16人
5位 第一建設工業株式会社 751万円 1010人
6位 株式会社遠藤製作所 709万円 119人
7位 株式会社第四北越銀行 677万円 2270人
8位 株式会社植木組 665万円 614人
9位 サトウ食品株式会社 640万円 485人
10位 株式会社 北越銀行 622万円 1437人

新潟県に本社を構える会社の年収ランキング続きは、こちらをご覧ください!


企業データ

最後に、亀田製菓の企業データについて調査した結果を記載します。

項目詳細
会社名亀田製菓株式会社
会社ホームページhttp://www.kamedaseika.co.jp/
所在地新潟県新潟市江南区亀田工業団地3丁目1番1号
代表取締役社長代表取締役社長 COO  佐 藤  勇
業種食料品
事業内容菓子の製造販売

亀田製菓の歴史

歴史をもっと見る

1957年8月

新潟県中蒲原郡亀田町大字貝塚35番地1において、亀田町農産加工農業協同組合を母体として亀田製菓株式会社を設立、現亀田工場(元町)にて米菓の製造を開始。

1962年5月

新潟県中蒲原郡亀田町大字城所甲564番地に本社を新設移転。

1971年9月

新潟県北蒲原郡水原町に水原工場を新設。

1972年10月

新潟県中蒲原郡亀田町元町1丁目3番5号に本社を新設移転。

1976年9月

新潟県白根市に白根工場を新設。

1984年10月

新潟証券取引所に上場。

1987年10月

新潟県中蒲原郡亀田町に亀田第二工場(現亀田工場(工業団地))を新設。

1990年11月

新潟県中蒲原郡亀田町大字早通2871番地8に本社を新設移転。

1992年4月

亀田あられ株式会社と合併。新潟輸送株式会社、アジカルフーズ株式会社(現アジカル株式会社)を100%子会社化。

1993年3月

1993年9月

株式会社ユーノスロード新潟(現株式会社エヌ.エイ.エス)を子会社化。

米国イリノイ州のSESMARK FOODS, INC.(現TH FOODS, INC.)を関連会社化。

1994年9月

慢性腎不全患者の食事療法用低タンパク質米飯「ゆめごはん」の製造販売を開始。

1996年11月

主食米の販売を開始。

1997年10月

情報システム事業部を分社化し、100%子会社ケイ・システム株式会社を設立。

1998年4月

エンジニアリング事業部を分社化し、100%子会社株式会社アデマックを設立。

2000年2月

咀嚼・嚥下困難者用「ふっくらおかゆ」の製造販売を開始。

2000年3月

「植物性乳酸菌ヨーグルト」の販売を開始。

2000年3月

新潟証券取引所と東京証券取引所の合併に伴い、東京証券取引所市場第二部に上場。

2001年3月

品質の国際規格ISO9001認証取得。

2002年12月

環境の国際規格ISO14001認証取得。

2003年1月

中国青島市に、子会社「青島亀田食品有限公司」設立認可。

2003年3月

亀田工場と旧本社工場の機能を統合し、その呼称を亀田工場に統一。

2004年2月

とよす株式会社を子会社化。

2004年10月

株式会社日新製菓を子会社化。

2005年4月

新潟輸送株式会社100%子会社の亀田トランスポート株式会社を設立。

2005年7月

天津亀田食品有限公司(康師傅控股有限公司との合弁会社)を設立し、関連会社化。

2008年4月

米国カリフォルニア州に、100%子会社 KAMEDA USA, INC.を設立。

2009年2月

タイ国のSMTC Co.,Ltd.(現THAI KAMEDA CO., LTD.)を子会社化。

2009年11月

とよす株式会社において、新高級ブランド「十火(JUKKA)」の販売を開始。

2010年9月

2011年3月

2012年4月

2012年12月

2012年12月

2013年1月

2013年6月

ケイ・システム株式会社と株式会社アデマックの2社を吸収合併。

とよす株式会社において、柿の種専門店「かきたねキッチン」を大阪の百貨店にオープン。

東京証券取引所市場第一部に指定。

関連会社の天津亀田食品有限公司の持分を全て譲渡。

米国カリフォルニア州のMary’s Gone Crackers, Inc.を子会社化。

尾西食品株式会社を子会社化。

ベトナムにTHIEN HA KAMEDA, JSC.を設立し、関連会社化。

2017年4月

食品安全マネジメントシステム規格FSSC22000認証取得。

2017年4月

2018年6月

2019年2月

2020年6月

インドにDaawat KAMEDA(India)Private Limitedを設立し、関連会社化。

カンボジア王国にLYLY KAMEDA CO., LTD.を設立し、子会社化。

株式会社マイセン及び株式会社マイセンファインフードを子会社化。

タイ国のSingha Kameda (Thailand) Co., Ltd.及びSingha Kameda Trading (Thailand) Co., Ltd.を子会社化。

2021年7月

2021年10月

2022年4月

株式会社タイナイを子会社化。

ベトナムのTHIEN HA KAMEDA, JSC.の株式の一部を追加取得し、子会社化。

東京証券取引所の市場区分の見直しにより、東京証券取引所の市場第一部からプライム市場に移行。


まとめ

今回の記事では、亀田製菓の年収を中心に、業績の推移や競合企業との比較など、就職活動のためになる情報を徹底調査をしてきました。
会社選びをするうえで、インターネットの評判や社員の方による口コミも参考になりますが、企業のデータを知ることもとても重要です。

関連する業界については、下記で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

また、他の同業種の企業についても企業研究をしたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい!

【関連企業の年収を徹底調査】

このサイトについて

各企業の平均年収や平均勤続年数・平均年齢・従業員数などの基本情報は、有価証券報告書をデータソースとして使用しています。また、年齢別年収・役職別年収・生涯年収は、政府が公表している各種調査情報を元に、統計的な手法によって独自に算出をしています。詳しい算出方法はこちらのページをご覧ください。

出典

監修 年収チェッカー編集部


本サイトの記事は、人材業界と統計学の双方に専門的な知識を持つ、年収チェッカー編集部によって作成されています。