虫眼鏡 ロゴ

【最新版】兼松に就職すると年収はいくら? | 就活生必見!年代・役職別年収や、業界ランキングを徹底調査!

最終更新日:


兼松の平均年収ランキングのまとめ

兼松株式会社は、兵庫県に本社を構える、卸売業で事業を手掛ける企業です。 兼松の平均年収は857万円で、業界ランキング25位の平均年収となっています。 今回は、そんな兼松に就職すると年収がいくらになるのかについて、年代別・役職別などの軸で徹底分析をしていきます。 ぜひ就職後のイメージと照らし合わせながら読んでみてください!また、面接対策に役立つ兼松の事業内容や沿革も紹介していきます。 是非最後まで読んで、就職活動の参考にしてくださいね!

また、下記の記事では、兼松について、より就活生にたった視点で平均年収を分析しているので、就活生の方はぜひこちらもチェックしてみてください!


おすすめコンテンツ


兼松の平均年収はいくら?

平均年収のサマリー

2021年度の兼松の平均年収は、857万円でした(有価証券報告書調べ)。全国平均の年収が614万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

ここで、平均年収の推移をみてみましょう。

平均年収の推移

兼松の平均年収の推移

兼松の平均年収は直近6年間で、 +7.8%増加と上昇トレンドとなり、平均年収が増加していることが分かります。

年代別の平均年収

兼松の年代別平均年収

次に、年代別の平均年収をみてみましょう。25~29歳の平均年収は621万円で、 30~34歳になると690万円と平均年収が69万円プラスとなります。 さらに、35~39歳になると780万円で、40~45歳になると857万円40~45歳になると910万円となります。 そして、50~54歳になると985万円55~59歳になると946万円となります。

※こちらの試算は、兼松株式会社が発表をしている有価証券報告書と、厚生労働省が発表をしている 賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。 詳しい計算方法については、こちらのページを参考にしてください。

ここまで、兼松の平均年収のサマリーについてみてきました。 しかし、就職活動をする上で他社との比較は欠かせません。 兼松の平均年収は業界やエリア別で分析した際に、 上位何位なのでしょうか?

それでは、ランキングについて確認をしていきましょう!


ランキング

業界内ランキング

兼松の業界内年収ランキング

兼松が属する業界である、「卸売業」の上場企業平均年収は626万円でした。 そのため、兼松の平均年収は業界平均と比較をして 231万円高く、 業界内ランキングでは、369社中25位と比較的高い平均年収となっています。

次に、エリア内のランキングについて確認していきましょう!

エリア内ランキング

兼松のエリア内年収ランキング

兼松の本社がある兵庫県における上場企業の平均年収は587万円となります。
そのため、兼松の平均年収はエリア平均と比較をして 270万円高く、 エリア内ランキングでは、135社中7位比較的高い平均年収となっています。

以上、兼松の年収ランキングについて見てきました。 ここまで読んでボーナスの額や、出世するといくら貰えるか気になる方も多いかと思います。

それでは、ボーナスの額や役職別の平均年収について確認をしてみましょう!

兼松でキャリアを重ねると

ボーナスはどれくらい貰える?

兼松のボーナス額の平均値は、138万円でした。 同業種の業界平均が100万円であることから、 38万円程高い金額になっています。

出世するといくら貰える?

兼松の役職別平均年収の比較

次に、兼松の役職別平均年収をみてみましょう。

係長の平均年収は1063万円、 課長の平均年収は1389万円、 部長の平均年収は1675万円と、 同業界の平均と比較をして 比較的高い水準にあることが分かります。


兼松の生涯年収はいくら?

兼松の生涯年収ランキング

調査の結果、兼松の平均生涯年収は2.9億円でした。

全国の平均生涯年収が2.4億円であることを考えると、 兼松の生涯年収は 比較的高い水準となっています。

※ 生涯年収は、新卒または第二新卒から60歳まで兼松株式会社で働いたと仮定して算出しています。


兼松の従業員調査

ここまで兼松の年収を様々な角度から分析してきました。 しかし、就職先を検討する際には、給与・収入面だけでなく、その企業にどういった人が働いているかを知っておくことが重要です。 従業員のデータを予め分析して入社後のミスマッチを減らしておきましょう。

兼松の従業員数

兼松の従業員数比較

有価証券報告書によると、兼松の従業員数は、795人でした。 卸売業の従業情報員の平均従業員数が、469人であることから、 業界より比較的多い人数であることが分かります。
また、同業種内での従業員数ランキングが48位(369社中)であることからも、 かなり規模の大きい企業であることが分かります。

兼松の従業員の平均勤続年数

兼松の平均勤続年数比較

有価証券報告書によると、兼松の平均勤続年数は、13.8年でした。 卸売業の従業員の平均属年数が、13.5年であることから、 一度兼松に就職した人が比較的長い期間働いている、定着率の高い職場と言えそうです。

兼松の従業員平均年齢

兼松の従業員の平均年齢比較

有価証券報告書によると、兼松の従業員の平均年齢は、38.5歳でした。 卸売業の従業員の平均年齢が、42.2歳であることから、 比較的若い人の多い職場であると言えます。


兼松の事業展望

「せっかく兼松に採用してもらったのに、仕事内容や社風が合わない、、、」なんてことは避けたいですよね。 そのためにも、兼松が今後どのような成長戦略を考えているのかを知っておくことはとても重要です。 また、それだけでなく兼松がどのような人を採用したいと考えているのか見えてくるかもしれません。 それでは一緒に事業展望を見ていきましょう!

兼松は、事業戦略として、「食品事業は、消費者の高齢化と健康志向の高まり、食品業界における人材不足と人件費増加、アジアにおける食品需要拡大と量から質への転換という事業環境において、安全・安心で新鮮な農産物の産地開発、世界適所での簡便で美味しく調理可能な加工食品の開発・商品化、DXを活用した選別・加工の省力化と品質改善、日本的な高品質、安全・安心な食品を供給する仕組みづくりと地産地消ビジネスの拡大に取り組んでいく」ようです。
また、有価証券報告書によると、今後の事業成長のために以下の取り組みを掲げています。

  • 化石エネルギーの需要減少など世界的なエネルギー市場構造の変化、欧米、アジア、中国など主要国で展開される貿易摩擦の激化、SDGsに代表される世界的な環境問題への意識の高まりという事業環境において、再生可能エネルギービジネスへの取組みを加速化し、通商問題リスク軽減のための高機能商材、独自規格商品の取扱い拡大と事業パートナーとの関係強化による新たなビジネススキームの構築を進めていく
  • 新興国の自動車・二輪車需要の長期的な増加、CASE、MaaS進化に伴う新需要出現、グローバル化に伴う航空需要の拡大、先進国政府および民間の開発・先行投資による宇宙ビジネスの拡大、100年に1度と言われる技術革新、IT化の急速な流れで勃興するモビリティの多様化という事業環境において、グローバルネットワークを活かした既存案件の磨き、付加価値獲得と新規投資の実行を進めていく
  • 事業は、TPP11、日欧EPA、日米TAG等による輸入関税率低下を受けた畜産物の輸入量拡大、アジア市場における畜産物に対する需要の拡大、安全・安心に対する消費者意識の高まりという事業環境において、国内販売力強化のため、畜産グループ内の機能強化に向けた事業投資やM&Aを推進し、規模の拡大を目指す

業績分析

続いて、有価証券報告書の決算情報をもとに、兼松の将来性を分析していきしょう!

売上額から見る兼松の将来性

兼松の売上高推移のグラフ

兼松は、主な事業として、電子・デバイス・食料・鉄鋼・素材・プラント・車両・航空を手がけています。 ここで、兼松の売上高推移についてみて見ましょう。 直近6年間の売上成長率は-20.7%で、 成長がやや鈍化していると言えるでしょう。
また、兼松の売上高ランキングは、 同業種で68位業界を牽引している企業となっています。

純利益から見る兼松の将来性

兼松の純利益高推移のグラフ

次に、兼松の純利益推移についてみてみましょう。 直近6年間の純利益成長率は-27.7%で、 成長がやや鈍化していると言えるでしょう。
また、兼松の売上高ランキングは、 同業種で44位業界を牽引している企業となっています。


兼松の競合企業は?

兼松と企業規模が比較的近く、かつ類似した事業内容を展開する企業は以下の企業です。 これらの企業の情報もチェックをしてみて下さいね。

企業名 平均年収 事業内容
岡谷鋼機株式会社 827万円 卸売業
第一実業株式会社 889万円 卸売業
株式会社フォーバル 554万円 卸売業
株式会社ドウシシャ 602万円 卸売業
神鋼商事株式会社 826万円 卸売業
株式会社カナデン 699万円 卸売業
ソレキア株式会社 614万円 卸売業
菱洋エレクトロ株式会社 626万円 卸売業
三谷商事株式会社 895万円 卸売業
ダイトロン株式会社 756万円 卸売業

卸売業業界の企業年収ランキングは?

兼松が属する卸売業業界において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、卸売業業界における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一業界の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 マクニカ・富士エレ ホールディングス株式会社 1873万円 28人
2位 三菱商事株式会社 1631万円 4629人
3位 伊藤忠商事株式会社 1627万円 4215人
4位 三井物産株式会社 1482万円 5587人
5位 住友商事株式会社 1356万円 5240人
6位 丸紅株式会社 1192万円 4389人
7位 豊田通商株式会社 1114万円 2648人
8位 双日株式会社 1095万円 2099人
9位 西本Wismettacホールディングス株式会社 1074万円 50人
10位 長瀬産業株式会社 1029万円 892人

卸売業業界に属する会社の年収ランキングの続きは、こちらをご覧ください!


兵庫県の企業年収ランキングは?

兼松が属する兵庫県において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、兵庫県における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一エリア内の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 西本Wismettacホールディングス株式会社 1074万円 50人
2位 川崎汽船株式会社 990万円 794人
3位 JCRファーマ株式会社 887万円 797人
4位 株式会社アシックス 865万円 972人
5位 兼松株式会社 857万円 795人
6位 株式会社タクマ 856万円 958人
7位 シスメックス株式会社 835万円 2259人
8位 アサヒホールディングス株式会社 825万円 12人
9位 株式会社神戸新聞社 796万円 482人
10位 大和工業株式会社 794万円 68人

兵庫県に本社を構える会社の年収ランキング続きは、こちらをご覧ください!


企業データ

最後に、兼松の企業データについて調査した結果を記載します。

項目詳細
会社名兼松株式会社
設立年月日1918年
会社ホームページhttp://www.kanematsu.co.jp/
所在地兵庫県神戸市中央区伊藤町119番地
代表取締役社長代表取締役社長  谷川 薫
業種卸売業
事業内容卸売業

兼松の歴史

歴史を知っておくことは、その会社の安定性を理解するだけでなく、面接対策の観点からもとても重要です。 兼松の創設年は1918年で104年の社歴を持っており、 卸売業の中では 比較的長い社歴を持っています。

歴史をもっと見る

1918年3月18日

創業者兼松房治郎が1889年8月15日神戸市に開いた「豪州貿易兼松房治郎商店」を前身として、「株式会社兼松商店」の商号をもって設立(本店:神戸市、支店:東京・シドニー)

1922年4月

シドニー支店をF.Kanematsu (Australia) Ltd.(現 Kanematsu Australia Ltd.)に改組

1922年7月

大阪支店を開設(現 大阪支社)

1943年2月

商号を「兼松株式会社」に改称

1951年4月

Kanematsu New York Inc.(現 Kanematsu USA Inc.)を設立

1952年4月

本部機構を神戸から大阪に移管

1957年6月

F.Kanematsu & Co.,GmbH(現 Kanematsu GmbH)を設立

1961年10月

大阪証券取引所に上場(市場第二部、1963年に市場第一部銘柄に指定、2010年に上場を廃止)

1967年4月

江商株式会社(創業者北川与平が1891年に「北川商店」として創業)と合併、商号を「兼松江商株式会社」に改称

1967年6月

株式会社ファインクロダサービスの経営権を黒田精工株式会社より取得し、商号を兼松江商工作機械販売株式会社(現 株式会社兼松ケージーケイ)に改称

1968年7月

兼松電子サービス株式会社(現 兼松エレクトロニクス株式会社)を設立

1970年12月

東京支社を本社とする

1970年12月

兼松江商鉄鋼販売株式会社(現 兼松トレーディング株式会社)を設立

1973年4月

東京証券取引所に上場(市場第一部)

名古屋証券取引所に上場(市場第一部、2003年に上場を廃止)

1974年4月

株式会社兼松コンピューターシステム(現 兼松コミュニケーションズ株式会社)を設立

1975年10月

Kanematsu-Gosho (Hong Kong) Ltd.(現 Kanematsu (Hong Kong) Ltd.)を設立

1987年12月

兼松エレクトロニクス株式会社が東京証券取引所に上場(市場第二部、1991年に市場第一部銘柄に指定)

1990年1月

商号を「兼松株式会社」に改称

1991年2月

東京本社を現在の港区芝浦に移転

1999年5月

「構造改革計画」を発表し、“第二の創業”に取り組む

2003年3月

兼松石油販売株式会社に産業用LPガス事業を統合し、商号を兼松ペトロ株式会社に改称

2005年12月

新東亜交易株式会社の株式の過半数を取得

2014年12月

兼松日産農林株式会社(現 兼松サステック株式会社)の株式の過半数を取得

2016年4月

兼松テレコム・インベストメント株式会社が三菱電機株式会社の完全子会社である株式会社ダイヤモンドテレコムを吸収合併し、商号を株式会社ダイヤモンドテレコムに改称

2017年4月

兼松コミュニケーションズ株式会社が株式会社ダイヤモンドテレコムを吸収合併


まとめ

今回の記事では、兼松の年収を中心に、業績の推移や競合企業との比較など、就職活動のためになる情報を徹底調査をしてきました。
会社選びをするうえで、インターネットの評判や社員の方による口コミも参考になりますが、企業のデータを知ることもとても重要です。

関連する業界については、下記で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

また、他の同業種の企業についても企業研究をしたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい!

【関連企業の年収を徹底調査】

このサイトについて

各企業の平均年収や平均勤続年数・平均年齢・従業員数などの基本情報は、有価証券報告書をデータソースとして使用しています。また、年齢別年収・役職別年収・生涯年収は、政府が公表している各種調査情報を元に、統計的な手法によって独自に算出をしています。詳しい算出方法はこちらのページをご覧ください。

出典

監修 年収チェッカー編集部


本サイトの記事は、人材業界と統計学の双方に専門的な知識を持つ、年収チェッカー編集部によって作成されています。