虫眼鏡 ロゴ

【2022年最新版】マクニカ・富士エレ ホールディングスに就職すると年収はいくら? | 就活生必見!年代・役職別年収や、業界ランキングを徹底調査!

最終更新日:


マクニカ・富士エレ ホールディングスの平均年収ランキングのまとめ

マクニカ・富士エレ ホールディングス株式会社は、神奈川県に本社を構える、卸売業で事業を手掛ける企業です。 マクニカ・富士エレ ホールディングスの平均年収は1873万円で、業界ランキング1位の平均年収となっています。 今回は、そんなマクニカ・富士エレ ホールディングスに就職すると年収がいくらになるのかについて、年代別・役職別などの軸で徹底分析をしていきます。 ぜひ就職後のイメージと照らし合わせながら読んでみてください!また、面接対策に役立つマクニカ・富士エレ ホールディングスの事業内容や沿革も紹介していきます。 是非最後まで読んで、就職活動の参考にしてくださいね!

また、下記の記事では、マクニカ・富士エレ ホールディングスについて、より就活生にたった視点で平均年収を分析しているので、就活生の方はぜひこちらもチェックしてみてください!


おすすめコンテンツ


マクニカ・富士エレ ホールディングスの平均年収はいくら?

平均年収のサマリー

2022年度のマクニカ・富士エレ ホールディングスの平均年収は、1873万円でした(有価証券報告書調べ)。全国平均の年収が614万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

ここで、平均年収の推移をみてみましょう。

平均年収の推移

マクニカ・富士エレ ホールディングスの平均年収の推移

マクニカ・富士エレ ホールディングスの平均年収は直近7年間で、 –-37.4%減少と減少トレンドとなり、平均年収が減少していることが分かります。

年代別の平均年収

マクニカ・富士エレ ホールディングスの年代別平均年収

次に、年代別の平均年収をみてみましょう。25~29歳の平均年収は1181万円で、 30~34歳になると1313万円と平均年収が132万円プラスとなります。 さらに、35~39歳になると1483万円で、40~45歳になると1630万円40~45歳になると1730万円となります。 そして、50~54歳になると1873万円55~59歳になると1800万円となります。

※こちらの試算は、マクニカ・富士エレ ホールディングス株式会社が発表をしている有価証券報告書と、厚生労働省が発表をしている 賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。 詳しい計算方法については、こちらのページを参考にしてください。

ここまで、マクニカ・富士エレ ホールディングスの平均年収のサマリーについてみてきました。 しかし、就職活動をする上で他社との比較は欠かせません。 マクニカ・富士エレ ホールディングスの平均年収は業界やエリア別で分析した際に、 上位何位なのでしょうか?

それでは、ランキングについて確認をしていきましょう!


ランキング

業界内ランキング

マクニカ・富士エレ ホールディングスの業界内年収ランキング

マクニカ・富士エレ ホールディングスが属する業界である、「卸売業」の上場企業平均年収は626万円でした。 そのため、マクニカ・富士エレ ホールディングスの平均年収は業界平均と比較をして 1247万円高く、 業界内ランキングでは、369社中1位と比較的高い平均年収となっています。

次に、エリア内のランキングについて確認していきましょう!

エリア内ランキング

マクニカ・富士エレ ホールディングスのエリア内年収ランキング

マクニカ・富士エレ ホールディングスの本社がある神奈川県における上場企業の平均年収は617万円となります。
そのため、マクニカ・富士エレ ホールディングスの平均年収はエリア平均と比較をして 1256万円高く、 エリア内ランキングでは、210社中1位比較的高い平均年収となっています。

以上、マクニカ・富士エレ ホールディングスの年収ランキングについて見てきました。 ここまで読んでボーナスの額や、出世するといくら貰えるか気になる方も多いかと思います。

それでは、ボーナスの額や役職別の平均年収について確認をしてみましょう!

マクニカ・富士エレ ホールディングスでキャリアを重ねると

ボーナスはどれくらい貰える?

マクニカ・富士エレ ホールディングスのボーナス額の平均値は、301万円でした。 同業種の業界平均が100万円であることから、 201万円程高い金額になっています。

出世するといくら貰える?

マクニカ・富士エレ ホールディングスの役職別平均年収の比較

次に、マクニカ・富士エレ ホールディングスの役職別平均年収をみてみましょう。

係長の平均年収は2323万円、 課長の平均年収は3037万円、 部長の平均年収は3662万円と、 同業界の平均と比較をして 比較的高い水準にあることが分かります。


マクニカ・富士エレ ホールディングスの生涯年収はいくら?

マクニカ・富士エレ ホールディングスの生涯年収ランキング

調査の結果、マクニカ・富士エレ ホールディングスの平均生涯年収は5.5億円でした。

全国の平均生涯年収が2.4億円であることを考えると、 マクニカ・富士エレ ホールディングスの生涯年収は 比較的高い水準となっています。

※ 生涯年収は、新卒または第二新卒から60歳までマクニカ・富士エレ ホールディングス株式会社で働いたと仮定して算出しています。


マクニカ・富士エレ ホールディングスの従業員調査

ここまでマクニカ・富士エレ ホールディングスの年収を様々な角度から分析してきました。 しかし、就職先を検討する際には、給与・収入面だけでなく、その企業にどういった人が働いているかを知っておくことが重要です。 従業員のデータを予め分析して入社後のミスマッチを減らしておきましょう。

マクニカ・富士エレ ホールディングスの従業員数

マクニカ・富士エレ ホールディングスの従業員数比較

有価証券報告書によると、マクニカ・富士エレ ホールディングスの従業員数は、28人でした。 卸売業の従業情報員の平均従業員数が、469人であることから、 業界より比較的少ない人数であることが分かります。
また、同業種内での従業員数ランキングが339位(369社中)であることからも、 規模の比較的小さい企業であることが分かります。

マクニカ・富士エレ ホールディングスの従業員の平均勤続年数

マクニカ・富士エレ ホールディングスの平均勤続年数比較

有価証券報告書によると、マクニカ・富士エレ ホールディングスの平均勤続年数は、21.4年でした。 卸売業の従業員の平均属年数が、13.5年であることから、 一度マクニカ・富士エレ ホールディングスに就職した人が比較的長い期間働いている、定着率の高い職場と言えそうです。

マクニカ・富士エレ ホールディングスの従業員平均年齢

マクニカ・富士エレ ホールディングスの従業員の平均年齢比較

有価証券報告書によると、マクニカ・富士エレ ホールディングスの従業員の平均年齢は、49.2歳でした。 卸売業の従業員の平均年齢が、42.2歳であることから、 比較的年齢の高い職場であると言えます。


マクニカ・富士エレ ホールディングスの事業展望

「せっかくマクニカ・富士エレ ホールディングスに採用してもらったのに、仕事内容や社風が合わない、、、」なんてことは避けたいですよね。 そのためにも、マクニカ・富士エレ ホールディングスが今後どのような成長戦略を考えているのかを知っておくことはとても重要です。 また、それだけでなくマクニカ・富士エレ ホールディングスがどのような人を採用したいと考えているのか見えてくるかもしれません。 それでは一緒に事業展望を見ていきましょう!

マクニカ・富士エレ ホールディングスは、事業戦略として、「社会価値としては①顧客課題の解決を通じ経済発展に寄与する、②安全安心で快適な暮らしを創る、③持続可能な地球環境を創る、の3つのマテリアリティ、経済価値として、現在の高付加価値ディストリビューションモデルに加え、サービス・ソリューションモデルを強化し、高収益・リカーリング型の収益構造への変革を図り、連結売上高1.3兆円以上、連結営業利益1,000億円以上、連結営業利益率7.5%以上、連結ROE15.0%以上を実現し、事業の持続的な成長を目指す」ようです。
また、有価証券報告書によると、今後の事業成長のために以下の取り組みを掲げています。

  • 「変化の先頭に立ち、最先端のその先にある技と知を探索し、未来を描いて“今”を創る。」というパーパスのもと、強みである優れたコンセプトや技術を見極める目利き力、未来構想力、実装力をさらに尖鋭化させ、CyberとPhysicalをつなげ、「技術商社」の枠を超えた価値そのものを創造するサービス・ソリューションカンパニーとして、様々な社会課題の解決に貢献していく
  • ソリューションモデルにおいては、①「マテリアリティと事業テーマの関係性」に記載のとおり、スマートファクトリー、CPSセキュリティ、スマートシティ/モビリティ、ヘルスケア、サーキュラーエコノミー、フード・アグリテックの6つの事業テーマにおいて、社会課題を解決するソリューションの開発、社会実装を推進、②サービス・ソリューションの事業基盤となるCPS(CyberPhysicalSystem)プラットフォームの拡大、③社内の人材開発およびパートナーの開拓により長期的な成長に必要なケイパビリティの獲得を行う
  • 地球環境問題や様々な社会課題に対応しながら持続的成長と中長期の企業価値の向上を実現することを目指し、将来の成長に必要なCPS(CyberPhysicalSystem)、AI、また自社オリジナルサービス等の無形資産投資およびM&Aなどの投資を優先する

業績分析

続いて、有価証券報告書の決算情報をもとに、マクニカ・富士エレ ホールディングスの将来性を分析していきしょう!

純利益から見るマクニカ・富士エレ ホールディングスの将来性

マクニカ・富士エレ ホールディングスの純利益高推移のグラフ

次に、マクニカ・富士エレ ホールディングスの純利益推移についてみてみましょう。 直近7年間の純利益成長率は-40.9%で、 成長がやや鈍化していると言えるでしょう。
また、マクニカ・富士エレ ホールディングスの売上高ランキングは、 同業種で32位業界を牽引している企業となっています。


マクニカ・富士エレ ホールディングスの競合企業は?

マクニカ・富士エレ ホールディングスと企業規模が比較的近く、かつ類似した事業内容を展開する企業は以下の企業です。 これらの企業の情報もチェックをしてみて下さいね。

企業名 平均年収 事業内容
CBグループマネジメント株式会社 692万円 卸売業
株式会社カーチスホールディングス 421万円 卸売業
萩原電気ホールディングス株式会社 625万円 卸売業
株式会社アスモ 459万円 卸売業
株式会社ほくやく・竹山ホールディングス 528万円 卸売業
株式会社 ストライダーズ 452万円 卸売業
あいホールディングス株式会社 582万円 卸売業
ダイワボウホールディングス株式会社 833万円 卸売業
OUGホールディングス株式会社 798万円 卸売業
株式会社ピーバンドットコム 573万円 卸売業

卸売業業界の企業年収ランキングは?

マクニカ・富士エレ ホールディングスが属する卸売業業界において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、卸売業業界における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一業界の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 マクニカ・富士エレ ホールディングス株式会社 1873万円 28人
2位 三菱商事株式会社 1631万円 4629人
3位 伊藤忠商事株式会社 1627万円 4215人
4位 三井物産株式会社 1482万円 5587人
5位 住友商事株式会社 1356万円 5240人
6位 丸紅株式会社 1192万円 4389人
7位 豊田通商株式会社 1114万円 2648人
8位 双日株式会社 1095万円 2099人
9位 西本Wismettacホールディングス株式会社 1074万円 50人
10位 長瀬産業株式会社 1029万円 892人

卸売業業界に属する会社の年収ランキングの続きは、こちらをご覧ください!


神奈川県の企業年収ランキングは?

マクニカ・富士エレ ホールディングスが属する神奈川県において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、神奈川県における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一エリア内の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 マクニカ・富士エレ ホールディングス株式会社 1873万円 28人
2位 レーザーテック株式会社 1379万円 328人
3位 株式会社クリエイトSDホールディングス 1154万円 7人
4位 東京汽船株式会社 954万円 236人
5位 千代田化工建設株式会社 926万円 1603人
6位 ペプチドリーム株式会社 882万円 141人
7位 東京エレクトロンデバイス株式会社 872万円 971人
8位 日揮ホールディングス株式会社 864万円 236人
9位 ブライトパス・バイオ株式会社 860万円 38人
10位 東京応化工業株式会社 859万円 1261人

神奈川県に本社を構える会社の年収ランキング続きは、こちらをご覧ください!


企業データ

最後に、マクニカ・富士エレ ホールディングスの企業データについて調査した結果を記載します。

項目詳細
会社名マクニカ・富士エレ ホールディングス株式会社
所在地神奈川県横浜市港北区新横浜1丁目6番地3
代表取締役社長代表取締役社長 原 一 将
業種卸売業

マクニカ・富士エレ ホールディングスの歴史

歴史をもっと見る

年月

沿革

2014年5月

㈱マクニカと富士エレクトロニクス㈱は、共同株式移転の方法による共同持株会社の設立を原則とした経営統合に関する覚書を締結。

2014年10月

両社は、それぞれの株主総会での承認等を前提として、共同株式移転の方法により共同持株会社を設立することについて合意。両社の取締役会の決議に基づき、統合契約書の締結及び株式移転計画を作成。

2014年12月

両社の臨時株主総会において、両社が共同株式移転の方法により当社を設立し、両社がその完全子会社になることについて承認決議。

2015年4月

 

2020年10月

2021年10月

両社が共同株式移転の方法により当社を設立。当社の普通株式を㈱東京証券取引所市場第一部に上場。

㈱マクニカを存続会社とする方法により、㈱マクニカと富士エレクトロニクス㈱が合併。

㈱マクニカがマクニカネットワークス㈱を吸収合併。

 


まとめ

今回の記事では、マクニカ・富士エレ ホールディングスの年収を中心に、業績の推移や競合企業との比較など、就職活動のためになる情報を徹底調査をしてきました。
会社選びをするうえで、インターネットの評判や社員の方による口コミも参考になりますが、企業のデータを知ることもとても重要です。

関連する業界については、下記で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

また、他の同業種の企業についても企業研究をしたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい!

【関連企業の年収を徹底調査】

このサイトについて

各企業の平均年収や平均勤続年数・平均年齢・従業員数などの基本情報は、有価証券報告書をデータソースとして使用しています。また、年齢別年収・役職別年収・生涯年収は、政府が公表している各種調査情報を元に、統計的な手法によって独自に算出をしています。詳しい算出方法はこちらのページをご覧ください。

出典

監修 年収チェッカー編集部


本サイトの記事は、人材業界と統計学の双方に専門的な知識を持つ、年収チェッカー編集部によって作成されています。