虫眼鏡 ロゴ

【2022年最新版】ヤマハに就職すると年収はいくら? | 就活生必見!年代・役職別年収や、業界ランキングを徹底調査!

最終更新日:


ヤマハの平均年収ランキングのまとめ

ヤマハ株式会社は、静岡県に本社を構える、その他製品で事業を手掛ける企業です。 ヤマハの平均年収は860万円で、業界ランキング7位の平均年収となっています。 今回は、そんなヤマハに就職すると年収がいくらになるのかについて、年代別・役職別などの軸で徹底分析をしていきます。 ぜひ就職後のイメージと照らし合わせながら読んでみてください!また、面接対策に役立つヤマハの事業内容や沿革も紹介していきます。 是非最後まで読んで、就職活動の参考にしてくださいね!

また、下記の記事では、ヤマハについて、より就活生にたった視点で平均年収を分析しているので、就活生の方はぜひこちらもチェックしてみてください!


おすすめコンテンツ


ヤマハの平均年収はいくら?

平均年収のサマリー

2022年度のヤマハの平均年収は、860万円でした(有価証券報告書調べ)。全国平均の年収が614万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

ここで、平均年収の推移をみてみましょう。

平均年収の推移

ヤマハの平均年収の推移

ヤマハの平均年収は直近5年間で、 -4.7%減少と減少トレンドとなり、平均年収が減少していることが分かります。

年代別の平均年収

ヤマハの年代別平均年収

次に、年代別の平均年収をみてみましょう。25~29歳の平均年収は573万円で、 30~34歳になると660万円と平均年収が87万円プラスとなります。 さらに、35~39歳になると752万円で、40~45歳になると804万円40~45歳になると860万円となります。 そして、50~54歳になると929万円55~59歳になると928万円となります。

※こちらの試算は、ヤマハ株式会社が発表をしている有価証券報告書と、厚生労働省が発表をしている 賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。 詳しい計算方法については、こちらのページを参考にしてください。

ここまで、ヤマハの平均年収のサマリーについてみてきました。 しかし、就職活動をする上で他社との比較は欠かせません。 ヤマハの平均年収は業界やエリア別で分析した際に、 上位何位なのでしょうか?

それでは、ランキングについて確認をしていきましょう!


ランキング

業界内ランキング

ヤマハの業界内年収ランキング

ヤマハが属する業界である、「その他製品」の上場企業平均年収は573万円でした。 そのため、ヤマハの平均年収は業界平均と比較をして 287万円高く、 業界内ランキングでは、129社中7位と比較的高い平均年収となっています。

次に、エリア内のランキングについて確認していきましょう!

エリア内ランキング

ヤマハのエリア内年収ランキング

ヤマハの本社がある静岡県における上場企業の平均年収は543万円となります。
そのため、ヤマハの平均年収はエリア平均と比較をして 317万円高く、 エリア内ランキングでは、66社中1位比較的高い平均年収となっています。

以上、ヤマハの年収ランキングについて見てきました。 ここまで読んでボーナスの額や、出世するといくら貰えるか気になる方も多いかと思います。

それでは、ボーナスの額や役職別の平均年収について確認をしてみましょう!

ヤマハでキャリアを重ねると

ボーナスはどれくらい貰える?

ヤマハのボーナス額の平均値は、138万円でした。 同業種の業界平均が92万円であることから、 46万円程高い金額になっています。

出世するといくら貰える?

ヤマハの役職別平均年収の比較

次に、ヤマハの役職別平均年収をみてみましょう。

係長の平均年収は1066万円、 課長の平均年収は1394万円、 部長の平均年収は1681万円と、 同業界の平均と比較をして 比較的高い水準にあることが分かります。


ヤマハの生涯年収はいくら?

ヤマハの生涯年収ランキング

調査の結果、ヤマハの平均生涯年収は2.8億円でした。

全国の平均生涯年収が2.4億円であることを考えると、 ヤマハの生涯年収は 比較的高い水準となっています。

※ 生涯年収は、新卒または第二新卒から60歳までヤマハ株式会社で働いたと仮定して算出しています。


ヤマハの従業員調査

ここまでヤマハの年収を様々な角度から分析してきました。 しかし、就職先を検討する際には、給与・収入面だけでなく、その企業にどういった人が働いているかを知っておくことが重要です。 従業員のデータを予め分析して入社後のミスマッチを減らしておきましょう。

ヤマハの従業員数

ヤマハの従業員数比較

有価証券報告書によると、ヤマハの従業員数は、2387人でした。 その他製品の従業情報員の平均従業員数が、835人であることから、 業界より比較的多い人数であることが分かります。
また、同業種内での従業員数ランキングが12位(129社中)であることからも、 かなり規模の大きい企業であることが分かります。

ヤマハの従業員の平均勤続年数

ヤマハの平均勤続年数比較

有価証券報告書によると、ヤマハの平均勤続年数は、19.6年でした。 その他製品の従業員の平均属年数が、14.2年であることから、 一度ヤマハに就職した人が比較的長い期間働いている、定着率の高い職場と言えそうです。

ヤマハの従業員平均年齢

ヤマハの従業員の平均年齢比較

有価証券報告書によると、ヤマハの従業員の平均年齢は、44.8歳でした。 その他製品の従業員の平均年齢が、41.8歳であることから、 比較的年齢の高い職場であると言えます。


ヤマハの勤務環境はブラック?それともホワイト?

ここまで、ヤマハの平均年収と従業員について分析してきました。 ところで、ヤマハの勤務環境はブラックなのでしょうか?それともホワイトなのでしょうか? 見極める一つの判断材料として残業時間や有給休暇日数について確認してみましょう!

ヤマハにおける従業員の平均残業時間と有給休暇の取得日数

ヤマハの平均残業時間

ヤマハの従業員の平均残業時間は、一月あたり16.5時間でした。 その他製造業の従業員の平均残業時間が、14.2時間であることから、 比較的残業時間が長いことが分かります。

ヤマハの従業員の有給休暇の平均取得日数は、一年で14.3日でした。 その他製造業の従業員の平均日数が、12.4日であることから、 比較的有給休暇をとりやすいことが分かります。

ヤマハの長時間労働是正のための取組内容

ヤマハは次のような取り組みによって、長時間労働是正に励んでいるようです。

・社内残休出上限管理基準の遵守
・時間外65時間(※)/月超対象者を抽出し、超過理由について労使で協議
・月2回(第2,4金曜)一斉退社日「全社一斉カエルDAY」の実施徹底

(※)2021年度は最大上限基準を60時間/月に引き下げて運用。

出典:厚生労働省発表 – 女性の活躍推進企業データベースオープンデータ(2021年10月25日時点)


ヤマハは女性にとって働きやすい?

ヤマハが女性にとって働きやすい環境か気になる方も多いと思います。 それでは、育休取得率と女性従業員の割合をみてみましょう!

ヤマハにおける女性の育休取得率と女性従業員の割合

ヤマハの女性の育休取得率

ヤマハの女性従業員の育休取得率は、100.0%でした。 その他製造業の女性従業員の育休取得率が平均92.5%であることから、 比較的育休がとりやすいことが分かります。

ヤマハの女性従業員の割合

ヤマハの従業員に占める女性従業員の割合は、17.0%でした。 その他製造業の女性従業員の割合が平均23.7%であることから、 比較的女性従業員が少ないことが分かります。

ヤマハの女性活躍を推進する取り組み

ヤマハは次のような取り組みによって、女性の活躍を推進しているようです。

○従業員 合計:2,363人(うち女性:401人)、女性比率:17.0%
※2021年3月末時点。有価証券報告書記載の単体ベース。
○平均年齢 男性:44歳10ヶ月、女性:43歳2ヶ月
※2021年3月末時点。有価証券報告書記載の単体ベース。
○産休取得者数:31人
○育休取得者数:53人(うち男性:22人)
〇男性育児休業:取得率22.7%、平均取得日数91.0日
 ➡その他、育児を目的とした各種休暇制度有り「出産支援休暇」「ライフサポート休暇」
○育児休業復職率:100%
○新規管理職登用数:35人(うち女性6人)
○各種報告書での情報開示の有無等 サステナビリティレポート発行有無:(有)、サステナビリティレポート記載有無:(有)、統合報告書発行有無:(有)、統合報告書記載有無:(有)

出典:厚生労働省発表 – 女性の活躍推進企業データベースオープンデータ(2021年10月25日時点)


ヤマハの事業展望

「せっかくヤマハに採用してもらったのに、仕事内容や社風が合わない、、、」なんてことは避けたいですよね。 そのためにも、ヤマハが今後どのような成長戦略を考えているのかを知っておくことはとても重要です。 また、それだけでなくヤマハがどのような人を採用したいと考えているのか見えてくるかもしれません。 それでは一緒に事業展望を見ていきましょう!

ヤマハは、事業戦略として、「気候変動を含むサステナビリティに関する重要事項は、代表執行役社長の諮問機関であるサステナビリティ委員会(2022年3月期は10回開催)にて議論した上で、取締役会にて議論・検討することにより、取締役会の監督が適切に行われる体制を整備している」ようです。
また、有価証券報告書によると、今後の事業成長のために以下の取り組みを掲げています。

  • 組織内、組織間の多面的な対話機会の創出により、心理的安全性が確保された働きやすい職場づくりを進め、多様な人材の知恵や発想から多くの挑戦や共創が生まれる組織風土を醸成する
  • そのために、「感動を・ともに・創る:私たちは、音・音楽を原点に培った技術と感性で、新たな感動と豊かな文化を世界の人々とともに創りつづける」を企業理念に掲げ、我々の行動の原点としている
  • 事業として位置づけ、前中期経営計画より取り組んできた電子デバイス事業の車載オーディオを核に、CASE時代に対応した車内音空間へのソリューション提供を新たな事業の柱として確立する

業績分析

続いて、有価証券報告書の決算情報をもとに、ヤマハの将来性を分析していきしょう!

売上額から見るヤマハの将来性

ヤマハの売上高推移のグラフ

ヤマハは、主な事業として、楽器・音響機器・その他を手がけています。 ここで、ヤマハの売上高推移についてみて見ましょう。 直近7年間の売上成長率は-6.5%で、 成長がやや鈍化していると言えるでしょう。
また、ヤマハの売上高ランキングは、 同業種で15位業界を牽引している企業となっています。

純利益から見るヤマハの将来性

ヤマハの純利益高推移のグラフ

次に、ヤマハの純利益推移についてみてみましょう。 直近7年間の純利益成長率は237.0%で、 高い成長率を誇っている会社と言えるでしょう。
また、ヤマハの売上高ランキングは、 同業種で4位業界を牽引している企業となっています。


ヤマハの競合企業は?

ヤマハと企業規模が比較的近く、かつ類似した事業内容を展開する企業は以下の企業です。 これらの企業の情報もチェックをしてみて下さいね。

企業名 平均年収 事業内容
株式会社イトーキ 644万円 その他製品
リンテック株式会社 659万円 その他製品
株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド 343万円 その他製品
株式会社ダイキアクシス 496万円 その他製品
株式会社MTG 552万円 その他製品
株式会社オカムラ 702万円 その他製品
共同印刷株式会社 556万円 その他製品
ナカバヤシ株式会社 494万円 その他製品
株式会社アートネイチャー 422万円 その他製品
コクヨ株式会社 737万円 その他製品

その他製品業界の企業年収ランキングは?

ヤマハが属するその他製品業界において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、その他製品業界における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一業界の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 株式会社日本経済新聞社 1220万円 2624人
2位 株式会社バンダイナムコホールディングス 1205万円 23人
3位 株式会社東洋経済新報社 1173万円 274人
4位 株式会社朝日新聞社 1113万円 3619人
5位 任天堂株式会社 988万円 2634人
6位 株式会社アシックス 865万円 972人
7位 ヤマハ株式会社 860万円 2387人
8位 株式会社西日本新聞社 859万円 561人
9位 ピジョン株式会社 801万円 368人
10位 株式会社神戸新聞社 796万円 482人

その他製品業界に属する会社の年収ランキングの続きは、こちらをご覧ください!


静岡県の企業年収ランキングは?

ヤマハが属する静岡県において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、静岡県における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一エリア内の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 ヤマハ株式会社 860万円 2387人
2位 スター精密株式会社 774万円 432人
3位 ローランド株式会社 765万円 867人
4位 株式会社静岡銀行 741万円 2618人
5位 株式会社エンビプロ・ホールディングス 732万円 47人
6位 ヤマハ発動機株式会社 726万円 10160人
7位 スルガ銀行株式会社 718万円 1352人
8位 株式会社キャンバス 712万円 12人
9位 浜松ホトニクス株式会社 683万円 3766人
10位 静岡ガス株式会社 678万円 644人

静岡県に本社を構える会社の年収ランキング続きは、こちらをご覧ください!


企業データ

最後に、ヤマハの企業データについて調査した結果を記載します。

項目詳細
会社名ヤマハ株式会社
設立年月日1897年
会社ホームページhttp://jp.yamaha.com/
所在地静岡県浜松市中区中沢町10番1号
代表取締役社長代表執行役社長 中 田 卓 也
業種その他製品
事業内容楽器・音響機器等の製造販売等

ヤマハの歴史

歴史を知っておくことは、その会社の安定性を理解するだけでなく、面接対策の観点からもとても重要です。 ヤマハの創設年は1897年で125年の社歴を持っており、 その他製品の中では 比較的長い社歴を持っています。

歴史をもっと見る

沿革

1887年

山葉寅楠が浜松尋常小学校でオルガンを修理、

 


 


 

同年にオルガン製作に成功

 

 

1889年

当社の前身である合資会社山葉風琴製造所を設立

1897年

日本楽器製造株式会社を資本金10万円にて設立

 

 

 


1900年

ピアノの製造を開始

 


 


 

 

1949年

東京証券取引所に株式を上場

1954年

オルガンの教室を開講(ヤマハ音楽教室の前身)

 


オーディオの製造を開始(HiFiプレーヤー)

オートバイの製造を開始

 

 

1955年

オートバイ部門をヤマハ発動機株式会社として分離

1958年

メキシコに最初の海外法人 Yamaha de Mexico, S.A. de C.V.を設立

 


 

 

 

 

1959年

電子オルガン(エレクトーン)の製造を開始

スポーツ用品の製造を開始

1960年

米国に最初の販売子会社 Yamaha International Corporation

 

(現 Yamaha Corporation of America)を設立

1962年

リゾート事業を開始

1964年

リビング用品の製造を開始(FRP製バスタブ) ※2010年 リビング事業子会社の株式を譲渡

1965年

管楽器の製造を開始

 


 

 

 


まとめ

今回の記事では、ヤマハの年収を中心に、業績の推移や競合企業との比較など、就職活動のためになる情報を徹底調査をしてきました。
会社選びをするうえで、インターネットの評判や社員の方による口コミも参考になりますが、企業のデータを知ることもとても重要です。

関連する業界については、下記で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

また、他の同業種の企業についても企業研究をしたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい!

【関連企業の年収を徹底調査】

このサイトについて

各企業の平均年収や平均勤続年数・平均年齢・従業員数などの基本情報は、有価証券報告書をデータソースとして使用しています。また、年齢別年収・役職別年収・生涯年収は、政府が公表している各種調査情報を元に、統計的な手法によって独自に算出をしています。詳しい算出方法はこちらのページをご覧ください。

出典

監修 年収チェッカー編集部


本サイトの記事は、人材業界と統計学の双方に専門的な知識を持つ、年収チェッカー編集部によって作成されています。