虫眼鏡 ロゴ

【2017年最新版】東洋経済新報社に就職すると年収はいくら? | 就活生必見!年代・役職別年収や、業界ランキングを徹底調査!

最終更新日:


東洋経済新報社の平均年収ランキングのまとめ

株式会社東洋経済新報社は、東京都に本社を構える、その他製品で事業を手掛ける企業です。 東洋経済新報社の平均年収は1173万円で、業界ランキング17位の平均年収となっています。 今回は、そんな東洋経済新報社に就職すると年収がいくらになるのかについて、年代別・役職別などの軸で徹底分析をしていきます。 ぜひ就職後のイメージと照らし合わせながら読んでみてください!また、面接対策に役立つ東洋経済新報社の事業内容や沿革も紹介していきます。 是非最後まで読んで、就職活動の参考にしてくださいね!

また、下記の記事では、東洋経済新報社について、より就活生にたった視点で平均年収を分析しているので、就活生の方はぜひこちらもチェックしてみてください!


おすすめコンテンツ


東洋経済新報社の平均年収はいくら?

平均年収のサマリー

2017年度の東洋経済新報社の平均年収は、1173万円でした(有価証券報告書調べ)。全国平均の年収が436万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

ここで、平均年収の推移をみてみましょう。

平均年収の推移

東洋経済新報社の平均年収の推移

東洋経済新報社の平均年収は直近2年間で、 –-0.8%減少と減少トレンドとなり、平均年収が減少していることが分かります。

年代別の平均年収

東洋経済新報社の年代別平均年収

次に、年代別の平均年収をみてみましょう。25~29歳の平均年収は782万円で、 30~34歳になると901万円と平均年収が119万円プラスとなります。 さらに、35~39歳になると1027万円で、40~45歳になると1097万円40~45歳になると1173万円となります。 そして、50~54歳になると1267万円55~59歳になると1266万円となります。

※こちらの試算は、株式会社東洋経済新報社が発表をしている有価証券報告書と、厚生労働省が発表をしている 賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。 詳しい計算方法については、こちらのページを参考にしてください。

ここまで、東洋経済新報社の平均年収のサマリーについてみてきました。 しかし、就職活動をする上で他社との比較は欠かせません。 東洋経済新報社の平均年収は業界やエリア別で分析した際に、 上位何位なのでしょうか?

それでは、ランキングについて確認をしていきましょう!


ランキング

業界内ランキング

東洋経済新報社の業界内年収ランキング

東洋経済新報社が属する業界である、「その他製品」の上場企業平均年収は572万円でした。 そのため、東洋経済新報社の平均年収は業界平均と比較をして 601万円高く、 業界内ランキングでは、711社中17位と比較的高い平均年収となっています。

次に、エリア内のランキングについて確認していきましょう!

エリア内ランキング

東洋経済新報社の役職別平均年収の比較

東洋経済新報社の本社がある東京都における上場企業の平均年収は643万円となります。
そのため、東洋経済新報社の平均年収はエリア平均と比較をして 530万円高く、 エリア内ランキングでは、12206社中194位比較的高い平均年収となっています。

以上、東洋経済新報社の年収ランキングについて見てきました。 ここまで読んでボーナスの額や、出世するといくら貰えるか気になる方も多いかと思います。

それでは、ボーナスの額や役職別の平均年収について確認をしてみましょう!

東洋経済新報社でキャリアを重ねると

ボーナスはどれくらい貰える?

東洋経済新報社のボーナス額の平均値は、189万円でした。 同業種の業界平均が70万円であることから、 119万円程高い金額になっています。

出世するといくら貰える?

東洋経済新報社のエリア内年収ランキング

次に、東洋経済新報社の役職別平均年収をみてみましょう。

係長の平均年収は1455万円、 課長の平均年収は1903万円、 部長の平均年収は2295万円と、 同業界の平均と比較をして 比較的高い水準にあることが分かります。


東洋経済新報社の生涯年収はいくら?

東洋経済新報社の生涯年収ランキング

調査の結果、東洋経済新報社の平均生涯年収は3.8億円でした。

全国の平均生涯年収が2.4億円であることを考えると、 東洋経済新報社の生涯年収は 比較的高い水準となっています。

※ 生涯年収は、新卒または第二新卒から60歳まで株式会社東洋経済新報社で働いたと仮定して算出しています。


東洋経済新報社の従業員調査

ここまで東洋経済新報社の年収を様々な角度から分析してきました。 しかし、就職先を検討する際には、給与・収入面だけでなく、その企業にどういった人が働いているかを知っておくことが重要です。 従業員のデータを予め分析して入社後のミスマッチを減らしておきましょう。

東洋経済新報社の従業員数

東洋経済新報社の従業員数比較

有価証券報告書によると、東洋経済新報社の従業員数は、274人でした。 その他製品の従業情報員の平均従業員数が、884人であることから、 業界より比較的少ない人数であることが分かります。
また、同業種内での従業員数ランキングが411位(711社中)であることからも、 規模の比較的小さい企業であることが分かります。

東洋経済新報社の従業員の平均勤続年数

東洋経済新報社の平均勤続年数比較

有価証券報告書によると、東洋経済新報社の平均勤続年数は、16.3年でした。 その他製品の従業員の平均属年数が、14.1年であることから、 一度東洋経済新報社に就職した人が比較的長い期間働いている、定着率の高い職場と言えそうです。

東洋経済新報社の従業員平均年齢

東洋経済新報社の従業員の平均年齢比較

有価証券報告書によると、東洋経済新報社の従業員の平均年齢は、43.6歳でした。 その他製品の従業員の平均年齢が、41.2歳であることから、 比較的年齢の高い職場であると言えます。


東洋経済新報社の勤務環境はブラック?それともホワイト?

ここまで、東洋経済新報社の平均年収と従業員について分析してきました。 ところで、東洋経済新報社の勤務環境はブラックなのでしょうか?それともホワイトなのでしょうか? 見極める一つの判断材料として残業時間や有給休暇日数について確認してみましょう!

東洋経済新報社における従業員の平均残業時間と有給休暇の取得日数

東洋経済新報社の平均残業時間

東洋経済新報社の従業員の平均残業時間は、一月あたり16.2時間でした。 報道の従業員の平均残業時間が、13.1時間であることから、 比較的残業時間が長いことが分かります。

東洋経済新報社の従業員の有給休暇の平均取得日数は、一年で8.8日でした。 報道の従業員の平均日数が、11.7日であることから、 比較的有給休暇をとりにくいことが分かります。


東洋経済新報社は女性にとって働きやすい?

東洋経済新報社が女性にとって働きやすい環境か気になる方も多いと思います。 それでは、育休取得率と女性従業員の割合をみてみましょう!

東洋経済新報社における女性の育休取得率と女性従業員の割合

東洋経済新報社の女性の育休取得率

東洋経済新報社の女性従業員の育休取得率は、100.0%でした。 報道の女性従業員の育休取得率が平均98.1%であることから、 比較的育休がとりやすいことが分かります。

東洋経済新報社の女性従業員の割合

東洋経済新報社の従業員に占める女性従業員の割合は、33.2%でした。 報道の女性従業員の割合が平均27.1%であることから、 比較的女性従業員が多いことが分かります。


東洋経済新報社の事業展望

「せっかく東洋経済新報社に採用してもらったのに、仕事内容や社風が合わない、、、」なんてことは避けたいですよね。 そのためにも、東洋経済新報社が今後どのような成長戦略を考えているのかを知っておくことはとても重要です。 また、それだけでなく東洋経済新報社がどのような人を採用したいと考えているのか見えてくるかもしれません。 それでは一緒に事業展望を見ていきましょう!

東洋経済新報社は、事業戦略として、「市場の縮小に伴う需要の減退に対しては、積極的なプロモーション活動などによるマーケティング施策が重要だと考える」ようです。
また、有価証券報告書によると、今後の事業成長のために以下の取り組みを掲げています。

  • 事業など伝統分野へテコ入れを図ると同時に、「東洋経済オンライン」の成長を背景にした新規事業分野の強化と、両面での事業基盤の拡充に取り組んでいる
  • 120年超の間に培ってきたブランド力を活かし、伝統的な紙媒体だけでなく、新しいデジタルメディアにおいても、企業理念に基づいた報道や情報発信を強化していくことを基本方針としている
  • 伝統的な紙媒体の分野では、ネット時代においても読者が雑誌や書籍に求める企画を見極め、出版物の新しい形やあり方を模索している

業績分析

続いて、有価証券報告書の決算情報をもとに、東洋経済新報社の将来性を分析していきしょう!

売上額から見る東洋経済新報社の将来性

東洋経済新報社の売上高推移のグラフ

東洋経済新報社は、主な事業として、出版事業・賃貸事業を手がけています。 ここで、東洋経済新報社の売上高推移についてみて見ましょう。 直近2年間の売上成長率は8.8%で、 高い成長率を誇っている会社と言えるでしょう。
また、東洋経済新報社の売上高ランキングは、 同業種で400位業界平均と同等程度、もしくは下位に位置しています。

純利益から見る東洋経済新報社の将来性

東洋経済新報社の純利益高推移のグラフ

次に、東洋経済新報社の純利益推移についてみてみましょう。 直近2年間の純利益成長率は45.0%で、 高い成長率を誇っている会社と言えるでしょう。
また、東洋経済新報社の売上高ランキングは、 同業種で302位業界を牽引している企業となっています。


東洋経済新報社の競合企業は?

東洋経済新報社と企業規模が比較的近く、かつ類似した事業内容を展開する企業は以下の企業です。 これらの企業の情報もチェックをしてみて下さいね。

企業名 平均年収 事業内容
ホクシン株式会社 511万円 その他製品
株式会社リヒトラブ 518万円 その他製品
株式会社オービス 437万円 その他製品
株式会社平賀 478万円 その他製品
日本アイ・エス・ケイ株式会社 489万円 その他製品
三浦印刷株式会社 476万円 その他製品
大日本木材防腐株式会社 432万円 その他製品
株式会社くろがね工作所 462万円 その他製品
プリントネット株式会社 353万円 その他製品
興研株式会社 777万円 その他製品

その他製品業界の企業年収ランキングは?

東洋経済新報社が属するその他製品業界において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、その他製品業界における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一業界の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 株式会社バンダイナムコホールディングス 1205万円 23人
2位 株式会社東洋経済新報社 1173万円 274人
3位 任天堂株式会社 971万円 2498人
4位 ヤマハ株式会社 884万円 2389人
5位 株式会社アシックス 865万円 972人
6位 フランスベッドホールディングス株式会社 807万円 16人
7位 ピジョン株式会社 801万円 368人
8位 株式会社フジシールインターナショナル 788万円 41人
9位 興研株式会社 777万円 233人
10位 大日本印刷株式会社 766万円 10328人

その他製品業界に属する会社の年収ランキングの続きは、こちらをご覧ください!


東京都の企業年収ランキングは?

東洋経済新報社が属する東京都において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、東京都における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一エリア内の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 ヒューリック株式会社 1803万円 189人
2位 三菱商事株式会社 1631万円 4629人
3位 ショーボンドホールディングス株式会社 1563万円 10人
4位 株式会社リゾート&メディカル 1560万円 2人
5位 株式会社TBSホールディングス 1501万円 96人
6位 三井物産株式会社 1482万円 5587人
7位 株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス 1469万円 24人
8位 株式会社ストライク 1432万円 191人
9位 株式会社テレビ東京ホールディングス 1415万円 100人
10位 野村ホールディングス株式会社 1414万円 154人

東京都に本社を構える会社の年収ランキング続きは、こちらをご覧ください!


企業データ

最後に、東洋経済新報社の企業データについて調査した結果を記載します。

項目詳細
会社名株式会社東洋経済新報社
設立年月日1921年
会社ホームページhttps://toyokeizai.net/
所在地東京都中央区日本橋本石町1丁目2番1号
代表取締役社長駒橋 憲一
業種その他製品
事業内容デジタルメディア事業、雑誌事業、書籍事業、プロモーション事業、データ事業

東洋経済新報社の歴史

歴史を知っておくことは、その会社の安定性を理解するだけでなく、面接対策の観点からもとても重要です。 東洋経済新報社の創設年は1921年で101年の社歴を持っており、 その他製品の中では 比較的長い社歴を持っています。

歴史をもっと見る

明治28年11月

 

町田忠治(のち政界入りし民政党総裁)により東京市牛込区に東洋経済新報社設立、旬刊「東洋経済新報」を創刊。

明治35年4月

初の単行本「経済学綱要」刊行。

明治40年5月

合名会社に改組。

大正7年11月

関西支社設置。

大正10年11月

株式会社に改組。

大正13年11月

製版工場を新設。

昭和6年6月

日本橋区本町一丁目に本社移転。

昭和9年5月

英文誌「オリエンタル・エコノミスト」創刊。

昭和11年6月

「会社四季報」創刊。

昭和12年8月

名古屋支社設置。

昭和20年4月

編集の一部と印刷工場を秋田県横手町に疎開。

昭和20年11月

印刷工場を品川区上大崎町に新設。

昭和35年8月

東洋経済不動産株式会社設立。

昭和36年10月

中央区日本橋本石町(現在地)に本社ビル新築。

昭和43年2月

印刷部門の業務を分離し、東洋経済印刷株式会社を設立。

昭和48年10月

中央区日本橋本町に貸しビル建設。

昭和56年8月

地域情報のオンラインサービス開始(データベース事業に進出)。

昭和62年2月

株式会社東洋経済リサーチセンター設立。

昭和62年9月

ニューヨークに駐在員事務所設置。

平成元年3月

ニューヨークにトーヨーケイザイアメリカ社設立。

平成元年10月

株式会社日本橋マルシェ設立。

平成7年11月

創立100周年。

平成12年7月

東洋経済不動産株式会社解散。

平成13年6月

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)と業務提携。

平成17年9月

トーヨーケイザイアメリカ社解散。

平成19年7月

東洋経済印刷株式会社の全株式を譲渡。

平成25年9月

名古屋支社閉鎖。

平成25年11月

株式会社日本橋マルシェ解散。

平成27年1月

株式会社東洋経済リサーチセンター解散。

 


まとめ

今回の記事では、東洋経済新報社の年収を中心に、業績の推移や競合企業との比較など、就職活動のためになる情報を徹底調査をしてきました。
会社選びをするうえで、インターネットの評判や社員の方による口コミも参考になりますが、企業のデータを知ることもとても重要です。

関連する業界については、下記で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

また、他の同業種の企業についても企業研究をしたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい!

【関連企業の年収を徹底調査】

このサイトについて

各企業の平均年収や平均勤続年数・平均年齢・従業員数などの基本情報は、有価証券報告書をデータソースとして使用しています。また、年齢別年収・役職別年収・生涯年収は、政府が公表している各種調査情報を元に、統計的な手法によって独自に算出をしています。詳しい算出方法はこちらのページをご覧ください。

出典

監修 年収チェッカー編集部


本サイトの記事は、人材業界と統計学の双方に専門的な知識を持つ、年収チェッカー編集部によって作成されています。