虫眼鏡 ロゴ

【2021年最新版】ストライクに転職すると年収はいくら? | 年代・役職別年収を業界比較で徹底分析!

最終更新日:


ストライクの平均年収ランキングのまとめ

株式会社ストライクは、東京都に本社を構える、サービス業で事業を手掛ける企業です。 ストライクの平均年収は1432万円で、業界ランキング13位の平均年収となっています。 今回は、そんなストライクに転職すると年収がいくらになるのかについて、年代別・役職別などの軸で徹底分析をしていきます。 ぜひご自身と照らし合わせながら読んでみてください!また、面接対策に役立つストライクの事業内容や沿革も紹介していきます。 是非最後まで読んで、転職活動の参考にしてくださいね!


おすすめコンテンツ


ストライクの平均年収はいくら?

平均年収のサマリー

2021年度のストライクの平均年収は、1432万円でした(有価証券報告書調べ)。全国平均の年収が436万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

ここで、平均年収の推移をみてみましょう。

平均年収の推移

ストライクの平均年収の推移

ストライクの平均年収は直近6年間で、 –-11.4%減少と減少トレンドとなり、平均年収が減少していることが分かります。

年代別の平均年収

ストライクの年代別平均年収

次に、年代別の平均年収をみてみましょう。25~29歳の平均年収は972万円で、 30~34歳になると1188万円と平均年収が216万円プラスとなります。 さらに、35~39歳になると1432万円で、40~45歳になると1565万円40~45歳になると1614万円となります。 そして、50~54歳になると1783万円55~59歳になると1786万円となります。

※こちらの試算は、株式会社ストライクが発表をしている有価証券報告書と、厚生労働省が発表をしている 賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。 詳しい計算方法については、こちらのページを参考にしてください。

ここまで、ストライクの平均年収のサマリーについてみてきました。 しかし、転職活動をする上で他社との比較は欠かせません。 ストライクの平均年収は業界やエリア別で分析した際に、 上位何位なのでしょうか?

それでは、ランキングについて確認をしていきましょう!


ランキング

業界内ランキング

ストライクの業界内年収ランキング

ストライクが属する業界である、「サービス業」の上場企業平均年収は521万円でした。 そのため、ストライクの平均年収は業界平均と比較をして 911万円高く、 業界内ランキングでは、3308社中13位と比較的高い平均年収となっています。

次に、エリア内のランキングについて確認していきましょう!

エリア内ランキング

ストライクのエリア内年収ランキング

ストライクの本社がある東京都における上場企業の平均年収は643万円となります。
そのため、ストライクの平均年収はエリア平均と比較をして 789万円高く、 エリア内ランキングでは、11639社中53位比較的高い平均年収となっています。

以上、ストライクの年収ランキングについて見てきました。 ここまで読んでボーナスの額や、出世するといくら貰えるか気になる方も多いかと思います。

それでは、ボーナスの額や役職別の平均年収について確認をしてみましょう!


ストライクでキャリアを重ねると

ボーナスはどれくらい貰える?

ストライクのボーナス額の平均値は、230万円でした。 同業種の業界平均が70万円であることから、 160万円程高い金額になっています。

出世するといくら貰える?

ストライクのエリア内年収ランキング

次に、ストライクの役職別平均年収をみてみましょう。

係長の平均年収は1777万円、 課長の平均年収は2323万円、 部長の平均年収は2801万円と、 同業界の平均と比較をして 比較的高い水準にあることが分かります。


ストライクの生涯年収はいくら?

ストライクの生涯年収ランキング

調査の結果、ストライクの平均生涯年収は5.2億円でした。

全国の平均生涯年収が2.4億円であることを考えると、 ストライクの生涯年収は 比較的高い水準となっています。

※ 生涯年収は、新卒または第二新卒から60歳まで株式会社ストライクで働いたと仮定して算出しています。


ストライクの従業員調査

ここまでストライクの年収を様々な角度から分析してきました。 しかし、転職先を検討する際には、給与・収入面だけでなく、その企業にどういった人が働いているかを知っておくことが重要です。 従業員のデータを予め分析して入社後のミスマッチを減らしておきましょう。

ストライクの従業員数

ストライクの従業員数比較

有価証券報告書によると、ストライクの従業員数は、191人でした。 サービス業の従業情報員の平均従業員数が、595人であることから、 業界より比較的少ない人数であることが分かります。
また、同業種内での従業員数ランキングが1402位(3308社中)であることからも、 規模の比較的小さい企業であることが分かります。

ストライクの従業員の平均勤続年数

ストライクの平均勤続年数比較

有価証券報告書によると、ストライクの平均勤続年数は、2.5年でした。 サービス業の従業員の平均属年数が、8.3年であることから、 比較的、出入りの多い職場であると言えるでしょう。

ストライクの従業員平均年齢

ストライクの従業員の平均年齢比較

有価証券報告書によると、ストライクの従業員の平均年齢は、35.3歳でした。 サービス業の従業員の平均年齢が、39.7歳であることから、 比較的若い人の多い職場であると言えます。


ストライクに転職するには?

ここまでストライクの年収について様々な角度から分析してきました。それでは、ストライクに転職するためにはどうしたらよいのでしょうか?最も有効な手段は、転職エージェントを活用することです。

転職エージェント活用のメリット


  • 非公開求人にアクセスすることができる
  • 面接対策を行ってもらえる
  • 採用担当者や人事から直接仕入れた情報を提供してくれる
    表には出ていない各社の中途採用情報や求める人材像を教えてくれるかも!

転職エージェントに登録することで、ストライクの過去の転職実績に基づいた対策を行ってくれたり、非公開求人に案内してくれたりする可能性もあるでしょう。
ここからは、転職エージェントの中でも特におすすめの3社を紹介していきます!各社の特徴や強みは様々なので、気になった転職エージェントがあれば複数登録してみるのもいいでしょう!

ストライクの求人もあるかも…?
転職エージェントおすすめ3選

1. キャリアスタート

キャリアスタート

おすすめポイント


  • 【高給与+安定雇用】の正社員案件
  • 履歴書・職務経歴書の添削から面接対策まで徹底的にサポート
  • 経験豊富なコンサルタントがあなたの強みや価値観を分析

キャリアスタートは、高給与+安定雇用の案件を多数取り扱う転職エージェントです。書類添削から面接対策まで全て無料でサポートしてくれます。また、経験豊富なコンサルタントがあなたの強みや価値観を分析してくれるため、ご自身にあった企業を紹介可能です。

キャリアスタートの口コミを調べてみると、担当コンサルタントに信頼を寄せる声が多くありました。

LINEで連絡できるので、困ったときにすぐ相談することができました。履歴書の添削や模擬面接のお願いにもすぐに対応していただきとても感謝しています。

担当の方がとても気さくで質問しやすい環境でした。初めての転職活動で分からないことが多かったのでありがたかったです。

対象エリア 全国
運営会社 キャリアスタート株式会社

出典: https://careerstart.co.jp/

2. パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめポイント


  • 転職者の3人に2人が年収アップ
  • 高い満足度を誇る手厚いフォローや親身なサポート
  • 多くの非公開求人

パソナキャリアは、親身で丁寧なサポートに定評のある大手転職エージェントです。はじめての転職活動も安心して進めることができます。また、ハイクラス向けのサービスは多くの非公開求人があり、高年収を目指す方にもおすすめです。

パソナキャリアの口コミを調べてみると、親身で丁寧なサポートが評判でした。

新卒で入社した企業に勤めて15年ほど経ち、転職を決意。手厚いサポートのおかげで希望通りの条件で転職することができました。パソナキャリアは紹介してくださる求人の質が一番よかったです。

応募書類の書き方や面接の仕方など細やかに指導してくださいました。転職成功後も困ったことがないかを気にかけてくださったのがとても好印象です。

対象エリア 全国
運営会社 株式会社パソナ

出典: https://www.pasonacareer.jp/

3. doda

doda

おすすめポイント


  • 求人数約10万件
  • 書類・面接の対策などあらゆる面でサポート
  • 転職者満足度No1

dodaは約10万件の求人数を誇る、大手転職エージェントです。業界・職種も網羅しているため、あなたの希望に沿った転職活動が可能。また人事担当者をひきつける履歴書や職務経歴書を書くための秘訣を、丁寧にアドバイスしてくれるため、初めての転職でも安心して進められます。

dodaの口コミを調べてみると、サポートの充実さを評価する声が多くありました。

履歴書・職務経歴書の書き方を指導していただいたおかげで書類選考の通過率を上げることができました。また、面接対策でも、自己PRするときのポイントなど丁寧にアドバイスいただきました。

履歴書の提出、筆記試験、面接など選考ステップごとに相談や対策をしていただいただけでなく、企業に直接言いにくい交渉も代わりにしてくださいました。

対象エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典: https://doda.jp/


ストライクの事業展望

「せっかくストライクに採用してもらったのに、仕事内容や社風が合わない、、、」なんてことは避けたいですよね。 そのためにも、ストライクが今後どのような成長戦略を考えているのかを知っておくことはとても重要です。 また、それだけでなくストライクがどのような人を採用したいと考えているのか見えてくるかもしれません。 それでは一緒に事業展望を見ていきましょう!

ストライクは、事業戦略として、「M&Aは、人の想いでできている。」をコーポレートスローガンとし、選択と集中のため事業や子会社を売却したい方、経営環境の変化に合わせるために事業や子会社を買収したい方、後継者不在で引き継ぎ先を探す必要に迫られている方、企業の更なる成長のために資金調達又は経営権の譲渡を望まれる方など、それぞれ企業の変化に合わせた経営体制の構築をM&Aを通じて支援することにより、広く社会に貢献することを企業理念としている」ようです。
また、有価証券報告書によると、今後の事業成長のために以下の取り組みを掲げています。

  • 事業承継問題を背景に、中堅・中小企業のM&A市場は活性化している状況であるが、事業承継だけに限定することなく、選択と集中、スタートアップ企業のエグジット、事業整理、事業再生目的等多様なM&Aニーズにも対応を図るとともに、M&Aを利用した新たな問題解決手法を創出することも視野に入れ、M&A市場全体が発展していく中で安定的な経営が行えるよう努めていく
  • M&Aは後継者不在の解決策に限定されるものではなく、中期的な事業の拡大を図るために、事業承継のM&A市場だけにとらわれず、選択と集中のためのM&A、グループ企業のM&A、スタートアップ企業のM&A、事業再生のためのM&A等、事業承継以外のM&A市場でも積極的に活動していく
  • 業績目標を達成する上では、個々案件の成約に向けた進捗管理が重要な課題になると認識しておるが、案件の成約時期については、譲渡希望先と買収候補先のそれぞれの意向や意思決定手続等により左右され、完全にコントロールできない面もある

業績分析

続いて、有価証券報告書の決算情報をもとに、ストライクの将来性を分析していきしょう!

売上額から見るストライクの将来性

ストライクの売上高推移のグラフ

ストライクは、主な事業として、企業情報部、業務支援部、業務推進部を手がけています。 ここで、ストライクの売上高推移についてみて見ましょう。 直近6年間の売上成長率は350.2%で、 高い成長率を誇っている会社と言えるでしょう。
また、ストライクの売上高ランキングは、 同業種で1005位業界を牽引している企業となっています。

純利益から見るストライクの将来性

ストライクの純利益高推移のグラフ

次に、ストライクの純利益推移についてみてみましょう。 直近6年間の純利益成長率は369.0%で、 高い成長率を誇っている会社と言えるでしょう。
また、ストライクの売上高ランキングは、 同業種で407位業界を牽引している企業となっています。


ストライクの競合企業は?

ストライクと企業規模が比較的近く、かつ類似した事業内容を展開する企業は以下の企業です。 これらの企業の情報もチェックをしてみて下さいね。

企業名 平均年収 事業内容
フロンティア・マネジメント株式会社 1217万円 サービス業
株式会社ZUU 578万円 サービス業
クックビズ株式会社 533万円 サービス業
株式会社タウンニュース社 527万円 サービス業
MRT株式会社 456万円 サービス業
アディッシュ株式会社 406万円 サービス業
株式会社ホープ 433万円 サービス業
株式会社Enjin 519万円 サービス業
フォースタートアップス株式会社 617万円 サービス業
ホウライ株式会社 521万円 サービス業

サービス業業界の企業年収ランキングは?

ストライクが属するサービス業業界において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、サービス業業界における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一業界の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 株式会社ストライク 1432万円 191人
2位 株式会社電通グループ 1341万円 164人
3位 EPSホールディングス株式会社 1253万円 59人
4位 株式会社日本M&Aセンター 1243万円 653人
5位 フロンティア・マネジメント株式会社 1217万円 226人
6位 株式会社シグマクシス 1169万円 548人
7位 ケネディクス株式会社 1160万円 67人
8位 RPAホールディングス株式会社 1101万円 17人
9位 株式会社博報堂DYホールディングス 1090万円 248人
10位 株式会社アイ・アールジャパンホールディングス 1015万円 7人

サービス業業界に属する会社の年収ランキングの続きは、こちらをご覧ください!


東京都の企業年収ランキングは?

ストライクが属する東京都において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、東京都における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一エリア内の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 ヒューリック株式会社 1708万円 184人
2位 三菱商事株式会社 1631万円 4629人
3位 ショーボンドホールディングス株式会社 1563万円 10人
4位 株式会社リゾート&メディカル 1560万円 2人
5位 株式会社TBSホールディングス 1501万円 96人
6位 三井物産株式会社 1482万円 5587人
7位 株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス 1469万円 24人
8位 株式会社ストライク 1432万円 191人
9位 野村ホールディングス株式会社 1414万円 154人
10位 ソフトバンクグループ株式会社 1404万円 241人

東京都に本社を構える会社の年収ランキング続きは、こちらをご覧ください!


企業データ

最後に、ストライクの企業データについて調査した結果を記載します。

項目詳細
会社名株式会社ストライク
所在地東京都千代田区大手町1丁目2番1号
代表取締役社長代表取締役社長 荒井 邦彦
業種サービス業

ストライクの歴史

歴史をもっと見る

年月

概要

1997年7月

東京都足立区において、M&A仲介業務を事業目的として設立(当時の商号は株式会社天会計社)

1998年10月

社名を株式会社ストライクに変更

1999年1月

国内初、インターネット上でのM&Aマッチングサイト「M&A市場SMART(Strike M&A Rapid Trading system)」を開設

2001年5月

本社を東京都渋谷区に移転

2002年8月

本社を東京都千代田区三番町に移転

2009年6月

本社を東京都千代田区六番町に移転

2012年1月

大阪オフィスを新設

2012年3月

札幌オフィス、仙台オフィスを新設

2012年5月

福岡オフィスを新設

2012年7月

高松オフィスを新設

2013年1月

名古屋オフィスを新設

2013年11月

大阪オフィスを大阪府大阪市中央区本町に移転

2014年2月

札幌オフィスを北海道札幌市中央区北一条に移転

2015年7月

M&A専門の情報サイト「M&A Online」を公開

2016年5月

高松オフィスを香川県高松市紺屋町に移転

2016年6月

東京証券取引所マザーズに株式を上場

2016年8月

本社を東京都千代田区大手町に移転

2017年6月

東京証券取引所市場第一部に市場変更

2017年9月

福岡オフィスを福岡県福岡市博多区博多駅前に移転

2018年1月

名古屋オフィスを愛知県名古屋市中村区名駅に移転

2019年3月

大阪オフィスを大阪府大阪市中央区北久宝寺町に移転

2019年12月

仙台オフィスを宮城県仙台市青葉区中央に移転

2020年4月

プレマーケティングサービスの提供開始

2020年5月

札幌オフィスを北海道札幌市中央区北三条西に移転

2021年5月

本社を東京都千代田区大手町内に移転

 


まとめ

今回の記事では、ストライクの年収を中心に、業績の推移や競合企業との比較など、転職活動のためになる情報を徹底調査をしてきました。
会社選びをするうえで、インターネットの評判や社員の方による口コミも参考になりますが、企業のデータを知ることもとても重要です。

また、他の同業種の企業についても企業研究をしたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい!

【関連企業の年収を徹底調査】

このサイトについて

各企業の平均年収や平均勤続年数・平均年齢・従業員数などの基本情報は、有価証券報告書をデータソースとして使用しています。また、年齢別年収・役職別年収・生涯年収は、政府が公表している各種調査情報を元に、統計的な手法によって独自に算出をしています。詳しい算出方法はこちらのページをご覧ください。

出典

監修 年収チェッカー編集部


本サイトの記事は、人材業界と統計学の双方に専門的な知識を持つ、年収チェッカー編集部によって作成されています。