富士フイルムホールディングスの年収は1017万円|年齢帯別・役職別年収やボーナスなどを徹底調査【2022年最新版】

最終更新日:


富士フイルムホールディングスの平均年収ランキングのまとめ

富士フイルムホールディングス株式会社は、東京都に本社を構える、化学で事業を手掛ける企業です。 富士フイルムホールディングスの平均年収は1017万円で、業界ランキング2位の平均年収となっています。 今回は、そんな富士フイルムホールディングスに就職すると年収がいくらになるのかについて、年代別・役職別などの軸で徹底分析をしていきます。 ぜひ就職後のイメージと照らし合わせながら読んでみてください!また、面接対策に役立つ富士フイルムホールディングスの事業内容や沿革も紹介していきます。 是非最後まで読んで、就職活動の参考にしてくださいね!

また、下記の記事では、富士フイルムホールディングスについて、より就活生にたった視点で平均年収を分析しているので、就活生の方はぜひこちらもチェックしてみてください!


おすすめコンテンツ


富士フイルムホールディングスの平均年収はいくら?

平均年収のサマリー

2022年度の富士フイルムホールディングスの平均年収は、1017万円でした(有価証券報告書調べ)。全国平均の年収が614万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

ここで、平均年収の推移をみてみましょう。

平均年収の推移

富士フイルムホールディングスの平均年収の推移

富士フイルムホールディングスの平均年収は直近7年間で、 -5.0%減少と減少トレンドとなり、平均年収が減少していることが分かります。

年代別の平均年収

富士フイルムホールディングスの年代別平均年収

次に、年代別の平均年収をみてみましょう。25~29歳の平均年収は677万円で、 30~34歳になると781万円と平均年収が104万円プラスとなります。 さらに、35~39歳になると890万円で、40~45歳になると950万円40~45歳になると1017万円となります。 そして、50~54歳になると1098万円55~59歳になると1097万円となります。

※こちらの試算は、富士フイルムホールディングス株式会社が発表をしている有価証券報告書と、厚生労働省が発表をしている 賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。 詳しい計算方法については、こちらのページを参考にしてください。

ここまで、富士フイルムホールディングスの平均年収のサマリーについてみてきました。 しかし、就職活動をする上で他社との比較は欠かせません。 富士フイルムホールディングスの平均年収は業界やエリア別で分析した際に、 上位何位なのでしょうか?

それでは、ランキングについて確認をしていきましょう!


ランキング

業界内ランキング

富士フイルムホールディングスの業界内年収ランキング

富士フイルムホールディングスが属する業界である、「化学」の上場企業平均年収は646万円でした。 そのため、富士フイルムホールディングスの平均年収は業界平均と比較をして 371万円高く、 業界内ランキングでは、228社中2位と比較的高い平均年収となっています。

次に、エリア内のランキングについて確認していきましょう!

エリア内ランキング

富士フイルムホールディングスのエリア内年収ランキング

富士フイルムホールディングスの本社がある東京都における上場企業の平均年収は652万円となります。
そのため、富士フイルムホールディングスの平均年収はエリア平均と比較をして 365万円高く、 エリア内ランキングでは、2266社中132位比較的高い平均年収となっています。

以上、富士フイルムホールディングスの年収ランキングについて見てきました。 ここまで読んでボーナスの額や、出世するといくら貰えるか気になる方も多いかと思います。

それでは、ボーナスの額や役職別の平均年収について確認をしてみましょう!

富士フイルムホールディングスでキャリアを重ねると

ボーナスはどれくらい貰える?

富士フイルムホールディングスのボーナス額の平均値は、163万円でした。 同業種の業界平均が104万円であることから、 59万円程高い金額になっています。

出世するといくら貰える?

富士フイルムホールディングスの役職別平均年収の比較

次に、富士フイルムホールディングスの役職別平均年収をみてみましょう。

係長の平均年収は1261万円、 課長の平均年収は1649万円、 部長の平均年収は1988万円と、 同業界の平均と比較をして 比較的高い水準にあることが分かります。


富士フイルムホールディングスの生涯年収はいくら?

富士フイルムホールディングスの生涯年収ランキング

調査の結果、富士フイルムホールディングスの平均生涯年収は3.3億円でした。

全国の平均生涯年収が2.4億円であることを考えると、 富士フイルムホールディングスの生涯年収は 比較的高い水準となっています。

※ 生涯年収は、新卒または第二新卒から60歳まで富士フイルムホールディングス株式会社で働いたと仮定して算出しています。


富士フイルムホールディングスの従業員調査

ここまで富士フイルムホールディングスの年収を様々な角度から分析してきました。 しかし、就職先を検討する際には、給与・収入面だけでなく、その企業にどういった人が働いているかを知っておくことが重要です。 従業員のデータを予め分析して入社後のミスマッチを減らしておきましょう。

富士フイルムホールディングスの従業員数

富士フイルムホールディングスの従業員数比較

有価証券報告書によると、富士フイルムホールディングスの従業員数は、815人でした。 化学の従業情報員の平均従業員数が、890人であることから、 業界より比較的少ない人数であることが分かります。
また、同業種内での従業員数ランキングが64位(228社中)であることからも、 規模の比較的小さい企業であることが分かります。

富士フイルムホールディングスの従業員の平均勤続年数

富士フイルムホールディングスの平均勤続年数比較

有価証券報告書によると、富士フイルムホールディングスの平均勤続年数は、20.8年でした。 化学の従業員の平均属年数が、15.4年であることから、 一度富士フイルムホールディングスに就職した人が比較的長い期間働いている、定着率の高い職場と言えそうです。

富士フイルムホールディングスの従業員平均年齢

富士フイルムホールディングスの従業員の平均年齢比較

有価証券報告書によると、富士フイルムホールディングスの従業員の平均年齢は、45.8歳でした。 化学の従業員の平均年齢が、41.6歳であることから、 比較的年齢の高い職場であると言えます。


業績分析

続いて、有価証券報告書の決算情報をもとに、富士フイルムホールディングスの将来性を分析していきしょう!

純利益から見る富士フイルムホールディングスの将来性

富士フイルムホールディングスの純利益高推移のグラフ

次に、富士フイルムホールディングスの純利益推移についてみてみましょう。 直近7年間の純利益成長率は-37.4%で、 成長がやや鈍化していると言えるでしょう。
また、富士フイルムホールディングスの売上高ランキングは、 同業種で14位業界を牽引している企業となっています。


富士フイルムホールディングスの競合企業は?

富士フイルムホールディングスと企業規模が比較的近く、かつ類似した事業内容を展開する企業は以下の企業です。 これらの企業の情報もチェックをしてみて下さいね。

企業名 平均年収 事業内容
株式会社マンダム 771万円 化学
株式会社タカギセイコー 460万円 化学
リケンテクノス株式会社 662万円 化学
藤森工業株式会社 643万円 化学
荒川化学工業株式会社 718万円 化学
日本カーバイド工業株式会社 597万円 化学
株式会社ジェイエスピー 721万円 化学
中国塗料株式会社 689万円 化学
信越ポリマー株式会社 634万円 化学
未来工業株式会社 645万円 化学

化学業界の企業年収ランキングは?

富士フイルムホールディングスが属する化学業界において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、化学業界における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一業界の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 ウルトラファブリックス・ホールディングス株式会社 1157万円 8人
2位 富士フイルムホールディングス株式会社 1017万円 815人
3位 日本酸素ホールディングス株式会社 960万円 81人
4位 株式会社三菱ケミカルホールディングス 949万円 223人
5位 日本ペイントホールディングス株式会社 898万円 404人
6位 積水化学工業株式会社 897万円 2761人
7位 住友化学株式会社 883万円 6488人
8位 三菱瓦斯化学株式会社 871万円 2461人
9位 東京応化工業株式会社 859万円 1261人
10位 信越化学工業株式会社 854万円 3341人

化学業界に属する会社の年収ランキングの続きは、こちらをご覧ください!


東京都の企業年収ランキングは?

富士フイルムホールディングスが属する東京都において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、東京都における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一エリア内の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社 2735万円 731人
2位 M&Aキャピタルパートナーズ株式会社 2688万円 150人
3位 ヒューリック株式会社 1803万円 189人
4位 株式会社光通信 1682万円 7人
5位 三菱商事株式会社 1631万円 4629人
6位 ショーボンドホールディングス株式会社 1563万円 10人
7位 株式会社リゾート&メディカル 1560万円 2人
8位 株式会社めぶきフィナンシャルグループ 1490万円 16人
9位 ソレイジア・ファーマ株式会社 1490万円 21人
10位 三井物産株式会社 1482万円 5587人

東京都に本社を構える会社の年収ランキング続きは、こちらをご覧ください!


企業データ

最後に、富士フイルムホールディングスの企業データについて調査した結果を記載します。

項目詳細
会社名富士フイルムホールディングス株式会社
所在地東京都港区西麻布2丁目26番30号
代表取締役社長代表取締役社長  助 野 健 児
業種化学

富士フイルムホールディングスの歴史

歴史をもっと見る

1934年1月

写真フィルム製造の国産工業化計画に基づき大日本セルロイド㈱(現 ㈱ダイセル)の写真フィルム部の事業一切を分離継承して富士写真フイルム㈱を設立。

1934年2月

足柄工場(現 神奈川工場)建設(写真フィルム、印画紙等の写真感光材料の製造)。

1938年6月

小田原工場(現 神奈川工場)建設(写真感光材料の硝酸銀、色素等の高度化成品部門並びに光学硝子、写真機等の精密光学機器・材料部門の拡充)。

1944年3月

㈱榎本光学精機製作所を買収。(現 富士フイルム㈱へ統合)

1946年4月

天然色写真㈱を設立。(現 富士フイルムイメージングシステムズ㈱)

1962年2月

英国ランクゼロックス社との合弁により富士ゼロックス㈱を設立。

(現 富士フイルムビジネスイノベーション㈱)

1963年10月

富士宮工場建設(印画紙用バライタ及びバライタ原紙製造)。

1965年12月

Fuji Photo Film U.S.A., Inc.を米国ニューヨーク州に設立。
(現 FUJIFILM North America Corporation)

1966年6月

Fuji Photo Film (Europe) GmbH をドイツに設立。
(現 FUJIFILM Europe GmbH)

1972年12月

吉田南工場建設(オフセット印刷用材料(PS版)製造)。

1982年8月

Fuji Photo Film B.V.をオランダに設立。
(現 FUJIFILM Manufacturing Europe B.V.)

1988年7月

Fuji Photo Film, Inc.を米国サウスカロライナ州に設立。
(現 FUJIFILM Manufacturing U.S.A., Inc.)

1995年10月

FUJIFILM Imaging Systems (Suzhou) Co.,Ltd.を中国に設立。

2001年3月

富士ゼロックス㈱の発行済株式総数の25%を追加取得し、連結子会社化。

(現 富士フイルムビジネスイノベーション㈱)

2003年4月

プロセス資材㈱の株式を追加取得し、連結子会社化。

(現 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ㈱)

2004年11月

米国Arch Chemicals, Inc.から同社Microelectronic Materials部門と同社所有の富士フイルムアーチ㈱の株式を追加取得し、連結子会社化。

(現 富士フイルムエレクトロニクスマテリアルズ㈱)

2005年2月

Sericolグループの英国持株会社Sericol Group Limitedを買収。

(現 FUJIFILM Speciality Ink Systems Limited 他)

2006年7月

Dimatix, Inc.を買収。(現 FUJIFILM Dimatix, Inc.)

2006年10月

全ての営業を富士フイルム㈱に承継する新設分割を行い、持株会社である富士フイルムホールディングス㈱に移行。

2008年3月

富山化学工業㈱の株式を公開買付けにより取得し、連結子会社化。

(現 富士フイルム富山化学㈱へ統合)

2011年3月

MSD Biologics (UK) Limited及びDiosynth RTP Inc.を買収。

(現 FUJIFILM Diosynth Biotechnologies UK Limited 他)

2012年3月

SonoSite, Inc.を買収。(現 FUJIFILM SonoSite, Inc.)

2015年5月

Cellular Dynamics International, Inc.を買収。

(現 FUJIFILM Cellular Dynamics, Inc.)

2017年4月

和光純薬工業㈱の株式を公開買付けにより取得し、連結子会社化。

(現 富士フイルム和光純薬㈱)

2018年6月

Irvine Scientific Sales Company, Inc.を買収。

(現 FUJIFILM Irvine Scientific, Inc.)

2019年8月

BIOGEN (DENMARK) MANUFACTURING ApSを買収。

(現 FUJIFILM Diosynth Biotechnologies Denmark ApS)

2019年11月

富士ゼロックス㈱の発行済株式総数の25%を追加取得し、完全子会社化。

(現 富士フイルムビジネスイノベーション㈱)

2021年3月

㈱日立製作所の画像診断関連事業を買収し、連結子会社化。

(現 富士フイルムヘルスケア㈱)

2021年4月

富士ゼロックス㈱の社名を富士フイルムビジネスイノベーション㈱に変更。

富士ゼロックス㈱の国内営業部門と国内の全販売会社を統合し、富士フイルムビジネスイノベーションジャパン㈱を設立。

2022年1月

HOYAデジタルソリューションズ㈱を買収し、連結子会社化。

(現 富士フイルムデジタルソリューションズ㈱)


まとめ

今回の記事では、富士フイルムホールディングスの年収を中心に、業績の推移や競合企業との比較など、就職活動のためになる情報を徹底調査をしてきました。
会社選びをするうえで、インターネットの評判や社員の方による口コミも参考になりますが、企業のデータを知ることもとても重要です。

関連する業界については、下記で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

また、他の同業種の企業についても企業研究をしたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい!

【関連企業の年収を徹底調査】

このサイトについて

各企業の平均年収や平均勤続年数・平均年齢・従業員数などの基本情報は、有価証券報告書をデータソースとして使用しています。また、年齢別年収・役職別年収・生涯年収は、政府が公表している各種調査情報を元に、統計的な手法によって独自に算出をしています。詳しい算出方法はこちらのページをご覧ください。

出典

監修 年収チェッカー編集部


本サイトの記事は、人材業界と統計学の双方に専門的な知識を持つ、年収チェッカー編集部によって作成されています。