虫眼鏡 ロゴ

【2021年最新版】日本酸素ホールディングスに転職すると年収はいくら? | 年代・役職別年収を業界比較で徹底分析!

最終更新日:


日本酸素ホールディングスの平均年収ランキングのまとめ

日本酸素ホールディングス株式会社は、東京都に本社を構える、化学で事業を手掛ける企業です。 日本酸素ホールディングスの平均年収は960万円で、業界ランキング17位の平均年収となっています。 今回は、そんな日本酸素ホールディングスに転職すると年収がいくらになるのかについて、年代別・役職別などの軸で徹底分析をしていきます。 ぜひご自身と照らし合わせながら読んでみてください!また、面接対策に役立つ日本酸素ホールディングスの事業内容や沿革も紹介していきます。 是非最後まで読んで、転職活動の参考にしてくださいね!

また、下記の記事では、就活生向けに日本酸素ホールディングスの平均年収について解説しているので、就活生の方はぜひこちらもチェックしてみてください!


おすすめコンテンツ


日本酸素ホールディングスの平均年収はいくら?

平均年収のサマリー

2021年度の日本酸素ホールディングスの平均年収は、960万円でした(有価証券報告書調べ)。全国平均の年収が436万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

ここで、平均年収の推移をみてみましょう。

平均年収の推移

日本酸素ホールディングスの平均年収の推移

日本酸素ホールディングスの平均年収は直近6年間で、 +13.2%増加と上昇トレンドとなり、平均年収が増加していることが分かります。

年代別の平均年収

日本酸素ホールディングスの年代別平均年収

次に、年代別の平均年収をみてみましょう。25~29歳の平均年収は639万円で、 30~34歳になると737万円と平均年収が98万円プラスとなります。 さらに、35~39歳になると840万円で、40~45歳になると897万円40~45歳になると960万円となります。 そして、50~54歳になると1036万円55~59歳になると1035万円となります。

※こちらの試算は、日本酸素ホールディングス株式会社が発表をしている有価証券報告書と、厚生労働省が発表をしている 賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。 詳しい計算方法については、こちらのページを参考にしてください。

ここまで、日本酸素ホールディングスの平均年収のサマリーについてみてきました。 しかし、転職活動をする上で他社との比較は欠かせません。 日本酸素ホールディングスの平均年収は業界やエリア別で分析した際に、 上位何位なのでしょうか?

それでは、ランキングについて確認をしていきましょう!


ランキング

業界内ランキング

日本酸素ホールディングスの業界内年収ランキング

日本酸素ホールディングスが属する業界である、「化学」の上場企業平均年収は641万円でした。 そのため、日本酸素ホールディングスの平均年収は業界平均と比較をして 319万円高く、 業界内ランキングでは、1333社中17位と比較的高い平均年収となっています。

次に、エリア内のランキングについて確認していきましょう!

エリア内ランキング

日本酸素ホールディングスの役職別平均年収の比較

日本酸素ホールディングスの本社がある東京都における上場企業の平均年収は643万円となります。
そのため、日本酸素ホールディングスの平均年収はエリア平均と比較をして 317万円高く、 エリア内ランキングでは、12163社中574位比較的高い平均年収となっています。

以上、日本酸素ホールディングスの年収ランキングについて見てきました。 ここまで読んでボーナスの額や、出世するといくら貰えるか気になる方も多いかと思います。

それでは、ボーナスの額や役職別の平均年収について確認をしてみましょう!

日本酸素ホールディングスでキャリアを重ねると

ボーナスはどれくらい貰える?

日本酸素ホールディングスのボーナス額の平均値は、154万円でした。 同業種の業界平均が70万円であることから、 84万円程高い金額になっています。

出世するといくら貰える?

日本酸素ホールディングスのエリア内年収ランキング

次に、日本酸素ホールディングスの役職別平均年収をみてみましょう。

係長の平均年収は1190万円、 課長の平均年収は1557万円、 部長の平均年収は1877万円と、 同業界の平均と比較をして 比較的高い水準にあることが分かります。

\年収UP目指すなら/

パソナキャリア転職相談する

日本酸素ホールディングスの生涯年収はいくら?

日本酸素ホールディングスの生涯年収ランキング

調査の結果、日本酸素ホールディングスの平均生涯年収は3.1億円でした。

全国の平均生涯年収が2.4億円であることを考えると、 日本酸素ホールディングスの生涯年収は 比較的高い水準となっています。

※ 生涯年収は、新卒または第二新卒から60歳まで日本酸素ホールディングス株式会社で働いたと仮定して算出しています。


日本酸素ホールディングスの従業員調査

ここまで日本酸素ホールディングスの年収を様々な角度から分析してきました。 しかし、転職先を検討する際には、給与・収入面だけでなく、その企業にどういった人が働いているかを知っておくことが重要です。 従業員のデータを予め分析して入社後のミスマッチを減らしておきましょう。

日本酸素ホールディングスの従業員数

日本酸素ホールディングスの従業員数比較

有価証券報告書によると、日本酸素ホールディングスの従業員数は、81人でした。 化学の従業情報員の平均従業員数が、894人であることから、 業界より比較的少ない人数であることが分かります。
また、同業種内での従業員数ランキングが1275位(1333社中)であることからも、 規模の比較的小さい企業であることが分かります。

日本酸素ホールディングスの従業員の平均勤続年数

日本酸素ホールディングスの平均勤続年数比較

有価証券報告書によると、日本酸素ホールディングスの平均勤続年数は、16.9年でした。 化学の従業員の平均属年数が、15.3年であることから、 一度日本酸素ホールディングスに就職した人が比較的長い期間働いている、定着率の高い職場と言えそうです。

日本酸素ホールディングスの従業員平均年齢

日本酸素ホールディングスの従業員の平均年齢比較

有価証券報告書によると、日本酸素ホールディングスの従業員の平均年齢は、44.2歳でした。 化学の従業員の平均年齢が、41.2歳であることから、 比較的年齢の高い職場であると言えます。


日本酸素ホールディングスの事業展望

「せっかく日本酸素ホールディングスに採用してもらったのに、仕事内容や社風が合わない、、、」なんてことは避けたいですよね。 そのためにも、日本酸素ホールディングスが今後どのような成長戦略を考えているのかを知っておくことはとても重要です。 また、それだけでなく日本酸素ホールディングスがどのような人を採用したいと考えているのか見えてくるかもしれません。 それでは一緒に事業展望を見ていきましょう!

日本酸素ホールディングスは、事業戦略として、「今後は業界のリーダーとして、次期中期経営計画にESGやSDGsへの取り組み強化を反映し、生産性を高めることで、グループビジョンである「革新的なガスソリューションにより社会に新たな価値を提供し、あらゆる産業の発展に貢献すると共に、人と社会と地球の心地よい未来の実現をめざす」を推進し、企業価値の向上に取り組んでいく」ようです。
また、有価証券報告書によると、今後の事業成長のために以下の取り組みを掲げています。

  • ワクチンが新型コロナウイルス感染症の感染拡大を抑えられるのか、また、新型コロナウイルス感染症変異株による感染拡大がワクチンを上回るのかを見通すことは難しく、先行きの不透明感が続くことになるが、今後は、当期の第1四半期に経験したほど深刻な影響を受けることはないと予想している
  • 「私たちは、革新的なガスソリューションにより社会に新たな価値を提供し、あらゆる産業の発展に貢献すると共に、人と社会と地球の心地よい未来の実現をめざす。」このような思いを企業活動の基本方針とし、持続的な成長と企業価値の向上を目指す
  • 持株会社体制に移行した狙いとしては、①権限委譲による意思決定スピードの向上と適切な経営資源の配分②事業執行責任、実績の明確化③各地域の強みや優位点を共有展開したグループ総合力の強化が挙げられる

\転職キャリアアップ目指すなら/

ランスタッド転職相談する

業績分析

続いて、有価証券報告書の決算情報をもとに、日本酸素ホールディングスの将来性を分析していきしょう!

売上額から見る日本酸素ホールディングスの将来性

日本酸素ホールディングスの売上高推移のグラフ

日本酸素ホールディングスは、主な事業として、国内ガス事業・米国ガス事業・欧州ガス事業・アジア・オセアニアガス事業・サーモス事業を手がけています。 ここで、日本酸素ホールディングスの売上高推移についてみて見ましょう。 直近6年間の売上成長率は-54.2%で、 成長がやや鈍化していると言えるでしょう。
また、日本酸素ホールディングスの売上高ランキングは、 同業種で243位業界を牽引している企業となっています。

純利益から見る日本酸素ホールディングスの将来性

日本酸素ホールディングスの純利益高推移のグラフ

次に、日本酸素ホールディングスの純利益推移についてみてみましょう。 直近6年間の純利益成長率は-47.8%で、 成長がやや鈍化していると言えるでしょう。
また、日本酸素ホールディングスの売上高ランキングは、 同業種で249位業界を牽引している企業となっています。

\成長産業への転職なら/

JAC Recruitment転職相談する

日本酸素ホールディングスに転職するには?

ここまで日本酸素ホールディングスの年収について様々な角度から分析してきました。それでは、日本酸素ホールディングスに転職するためにはどうしたらよいのでしょうか?最も有効な手段は、転職エージェントを活用することです。

転職エージェント活用のメリット


  • 非公開求人にアクセスすることができる
  • 面接対策を行ってもらえる
  • 採用担当者や人事から直接仕入れた情報を提供してくれる
    表には出ていない各社の中途採用情報や求める人材像を教えてくれるかも!

転職エージェントに登録することで、日本酸素ホールディングスの過去の転職実績に基づいた対策を行ってくれたり、非公開求人に案内してくれたりする可能性もあるでしょう。
ここからは、転職エージェントの中でも特におすすめの3社を紹介していきます!各社の特徴や強みは様々なので、気になった転職エージェントがあれば複数登録してみるのもいいでしょう!

日本酸素ホールディングスの求人もあるかも…?
転職エージェントおすすめ3選

1. キャリアスタート

キャリアスタート

おすすめポイント


  • 【高給与+安定雇用】の正社員案件
  • 履歴書・職務経歴書の添削から面接対策まで徹底的にサポート
  • 経験豊富なコンサルタントがあなたの強みや価値観を分析

キャリアスタートは、高給与+安定雇用の案件を多数取り扱う転職エージェントです。書類添削から面接対策まで全て無料でサポートしてくれます。また、経験豊富なコンサルタントがあなたの強みや価値観を分析してくれるため、ご自身にあった企業を紹介可能です。

キャリアスタートの口コミを調べてみると、担当コンサルタントに信頼を寄せる声が多くありました。

キャリアスタートの口コミ

LINEで連絡できるので、困ったときにすぐ相談することができました。履歴書の添削や模擬面接のお願いにもすぐに対応していただきとても感謝しています。

キャリアスタートの口コミ

担当の方がとても気さくで質問しやすい環境でした。初めての転職活動で分からないことが多かったのでありがたかったです。

対象エリア 全国
運営会社 キャリアスタート株式会社

出典: https://careerstart.co.jp/

2. パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめポイント


  • 転職者の3人に2人が年収アップ
  • 高い満足度を誇る手厚いフォローや親身なサポート
  • 多くの非公開求人

パソナキャリアは、親身で丁寧なサポートに定評のある大手転職エージェントです。はじめての転職活動も安心して進めることができます。また、ハイクラス向けのサービスは多くの非公開求人があり、高年収を目指す方にもおすすめです。

パソナキャリアの口コミを調べてみると、親身で丁寧なサポートが評判でした。

パソナキャリアの口コミ

新卒で入社した企業に勤めて15年ほど経ち、転職を決意。手厚いサポートのおかげで希望通りの条件で転職することができました。パソナキャリアは紹介してくださる求人の質が一番よかったです。

パソナキャリアの口コミ

応募書類の書き方や面接の仕方など細やかに指導してくださいました。転職成功後も困ったことがないかを気にかけてくださったのがとても好印象です。

対象エリア 全国
運営会社 株式会社パソナ

出典: https://www.pasonacareer.jp/

3. doda

doda

おすすめポイント


  • 求人数約10万件
  • 書類・面接の対策などあらゆる面でサポート
  • 転職者満足度No1

dodaは約10万件の求人数を誇る、大手転職エージェントです。業界・職種も網羅しているため、あなたの希望に沿った転職活動が可能。また人事担当者をひきつける履歴書や職務経歴書を書くための秘訣を、丁寧にアドバイスしてくれるため、初めての転職でも安心して進められます。

dodaの口コミを調べてみると、サポートの充実さを評価する声が多くありました。

dodaの口コミ

履歴書・職務経歴書の書き方を指導していただいたおかげで書類選考の通過率を上げることができました。また、面接対策でも、自己PRするときのポイントなど丁寧にアドバイスいただきました。

dodaの口コミ

履歴書の提出、筆記試験、面接など選考ステップごとに相談や対策をしていただいただけでなく、企業に直接言いにくい交渉も代わりにしてくださいました。

対象エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典: https://doda.jp/


日本酸素ホールディングスの競合企業は?

日本酸素ホールディングスと企業規模が比較的近く、かつ類似した事業内容を展開する企業は以下の企業です。 これらの企業の情報もチェックをしてみて下さいね。

企業名 平均年収 事業内容
ハリマ化成グループ株式会社 775万円 化学
株式会社JCU 802万円 化学
MICS化学株式会社 483万円 化学
株式会社アクシージア 555万円 化学
チッソ株式会社 465万円 化学
細谷火工株式会社 453万円 化学
カーリットホールディングス株式会社 633万円 化学
ヤマト・インダストリー株式会社 424万円 化学
太陽ホールディングス株式会社 831万円 化学
ナトコ株式会社 658万円 化学

化学業界の企業年収ランキングは?

日本酸素ホールディングスが属する化学業界において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、化学業界における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一業界の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 ウルトラファブリックス・ホールディングス株式会社 1157万円 8人
2位 株式会社三菱ケミカルホールディングス 1011万円 201人
3位 富士フイルムホールディングス株式会社 970万円 633人
4位 日本酸素ホールディングス株式会社 960万円 81人
5位 日本ペイントホールディングス株式会社 898万円 404人
6位 積水化学工業株式会社 869万円 2745人
7位 東京応化工業株式会社 859万円 1261人
8位 住友化学株式会社 855万円 6277人
9位 信越化学工業株式会社 848万円 3238人
10位 三菱瓦斯化学株式会社 847万円 2427人

化学業界に属する会社の年収ランキングの続きは、こちらをご覧ください!


東京都の企業年収ランキングは?

日本酸素ホールディングスが属する東京都において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、東京都における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一エリア内の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 ヒューリック株式会社 1803万円 189人
2位 三菱商事株式会社 1631万円 4629人
3位 ショーボンドホールディングス株式会社 1563万円 10人
4位 株式会社リゾート&メディカル 1560万円 2人
5位 株式会社TBSホールディングス 1501万円 96人
6位 三井物産株式会社 1482万円 5587人
7位 株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス 1469万円 24人
8位 株式会社ストライク 1432万円 191人
9位 株式会社テレビ東京ホールディングス 1415万円 100人
10位 野村ホールディングス株式会社 1414万円 154人

東京都に本社を構える会社の年収ランキング続きは、こちらをご覧ください!


企業データ

最後に、日本酸素ホールディングスの企業データについて調査した結果を記載します。

項目詳細
会社名日本酸素ホールディングス株式会社
設立年月日1918年
所在地東京都品川区小山1丁目3番26号
代表取締役社長代表取締役社長  市原 裕史郎
業種化学

日本酸素ホールディングスの歴史

歴史を知っておくことは、その会社の安定性を理解するだけでなく、面接対策の観点からもとても重要です。 日本酸素ホールディングスの創設年は1918年で104年の社歴を持っており、 化学の中では 比較的長い社歴を持っています。

歴史をもっと見る

1910年10月

日本酸素合資会社を創立。

1911年5月

酸素の製造、充填工場を東京大崎に新設。

1918年7月

合資会社を株式会社に改組、商号を日本酸素株式会社と改称。

1934年5月

ガス分離装置製作のため東京に蒲田製作所を設置。

1937年6月

商号を日本理化工業株式会社と改称。

1949年5月

東京証券取引所に株式を上場。

1954年12月

川崎工場を新設し、液化酸素、液化窒素、液化アルゴンの製造を開始。

1955年4月

東京製作所(旧蒲田製作所)を分離し新会社に日本理化工業株式会社の名称を継承させ、当社は商号を日本酸素株式会社と改称。

1964年5月

日本理化工業株式会社を吸収合併。

1964年11月

オンサイトプラント第1号となる周南工場(現 周南酸素株式会社)を開設。

1980年3月

米国にジャパン・オキシジェン社を設立。

1980年9月

ステンレス製魔法瓶の製造を目的として株式会社日酸サーモを設立。

1981年8月

半導体メーカー向け窒素他各種ガス供給基地(トータルガスセンター)第1号として岩手ガスセンターを設置。

1982年7月

シンガポールにナショナル・オキシジェン社を設立。

1983年3月

米国の特殊ガス事業を買収しマチソン・ガス・プロダクツ社を設立。

1987年10月

半導体材料ガスの製造を目的として三重大山田工場を設置。(現 ジャパンファインプロダクツ株式会社三重工場)

1992年1月

米国の産業ガスメーカーであるトライガス社を買収。

1994年6月

子会社である5つの工事会社を統合し、エヌエスエンジニアリング株式会社を設立。

1999年7月

マチソン・ガス・プロダクツ社とトライガス社を合併し、マチソン・トライガス社を設立。

2001年10月

家庭用品事業部門を会社分割し、株式会社日酸サーモと統合の上、サーモス株式会社を設立。

 

大陽東洋酸素株式会社と共同にて特殊ガスの製造を目的としたジャパンファインプロダクツ株式会社を設立。

2002年10月

産業機材事業部門を会社分割し、株式会社田中製作所と統合。さらに、株式会社田中製作所は日酸商事株式会社と合併し、社名を日酸TANAKA株式会社と改称。

 

食品事業部門を会社分割し、株式会社フレックを設立。

2003年2月

株式会社フレックの全株式を味の素冷凍食品株式会社に譲渡。

2003年3月

株式会社日立製作所の空気分離プラントに関する事業を譲受。

2004年10月

大陽東洋酸素株式会社と合併し、大陽日酸株式会社に商号を変更。本社を品川区小山に移転。

2005年4月

低温機器事業の関係会社であるダイヤ冷機工業株式会社と日酸工業株式会社を統合し、株式会社クライオワンを設立。

2005年10月

医療関連事業グループ会社である株式会社小澤酸素、株式会社大和酸器と鈴木商館株式会社の関係会社鈴商メディカル株式会社の3社を統合し、日本メガケア株式会社を設立。

2006年2月

北海道の産業ガスメーカーである日北酸素株式会社(現 大陽日酸北海道株式会社)の株式を取得。

2006年3月

株式会社日立製作所の100%子会社である日立酸素株式会社の全株式を取得し、大陽日酸東関東株式会社と商号を変更。

2007年10月

液化炭酸株式会社、日本炭酸株式会社、日本液炭ホールディングス株式会社及び当社炭酸ガス事業部門を統合し、日本液炭株式会社を設立。

2007年11月

エア・ウォーター株式会社と共同出資により、株式会社堺ガスセンターを設立。

2008年5月

中国大連長興島臨港工業区に大陽日酸(中国)投資有限公司と大連長興島大陽日酸気体有限公司を設立。

2008年7月

サーンエンジニアリング株式会社とエヌエスエンジニアリング株式会社の間で吸収分割を行い、大陽日酸エンジニアリング株式会社が発足。

2010年3月

インドの産業ガス製造・販売会社であるケーエア・インディア・ガシズ社の株式51%を取得し、マチソンケーエア・ガシズ・インディア社と改称。(現 タイヨウニッポンサンソ・インディア社)

2012年2月

100%子会社のタイヨウニッポンサンソ・シンガポール社を通じてリーデン社を子会社化。

2013年4月

サーンテック株式会社と双葉物産株式会社及び株式会社東栄化学を統合し、大陽日酸ガス&ウェルディング株式会社が発足。

2013年10月

医療機器製造販売業者であるパシフィックメディコ株式会社の全株式を取得。

2014年2月

マチソン・トライガス社を通じて米国の液化炭酸ガス並びにドライアイスの製造・販売業者であるコンティネンタル・カーボニック・プロダクツ社を買収。

2014年2月

インドネシアの産業ガスメーカーであるサマトール社と合弁会社サマトール・タイヨウニッポンサンソ・インドネシア社を設立。

2014年7月

東南アジアにおける地域統括会社タイヨウニッポンサンソ・ホールディングス・シンガポール社(現 ニッポンサンソ・ホールディングス・シンガポール社)を設立。

2014年10月

ナショナル・オキシジェン社、タイヨウニッポンサンソ・シンガポール社、リーデン社の3社を統合し、リーデン・ナショナル・オキシジェン社を設立。

2014年11月

株式会社三菱ケミカルホールディングスによる当社株式に対する公開買付が成立し、同社の連結子会社となる。

2015年4月

LPガス事業子会社5社を統合し、大陽日酸エネルギー株式会社を設立。

2015年5月

タイの持分法適用会社であったエア・プロダクツ・インダストリー社(現 ニッポンサンソ・タイランド社)を買収し、連結子会社化。

2015年7月

ティーエヌエスシー・オーストラリア社(現 エヌエスシー・オーストラリア社)を通じて、オーストラリアの産業ガスディストリビューターであるレネゲード・ガス社(現 スパガス社)を買収。

2016年1月

新日鐵住金株式会社(現 日本製鉄株式会社)と共同出資により、株式会社八幡サンソセンターを設立。

2016年9月

マチソン・トライガス社を通じて、エア・リキード社の米国での産業ガス事業の一部並びに関連する事業資産を買収。

2016年10月

タイヨウニッポンサンソ・ホールディングス・シンガポール社を通じて、ミャンマー連邦共和国に工業ガスの製造・販売事業会社であるタイヨウニッポンサンソ・ミャンマー社(現 ニッポンサンソ・ミャンマー社)を設立。

2016年11月

タイの産業ガスディストリビューターであるタイヨー・ガシズ社を買収。

2016年12月

ティーエヌエスシー・オーストラリア社を通じて、オーストラリアの産業ガス・LPガスメーカーであるスパガスホールディングス社を買収。

2017年10月

JFEスチール株式会社より西日本製鉄所倉敷地区の空気分離装置の運転・整備等の業務移管を受け、株式会社JFEサンソセンター倉敷工場を開設。

2018年6月

技術教育の拠点としてテクニカルアカデミーを開設。

2018年10月

医療機器販売会社であるアイ・エム・アイ株式会社の全株式を取得。

2018年12月

ニッポン・ガシズ・ユーロ・ホールディング社等を通じて、プラックス・エア社の欧州事業の一部を運営する法人の株式を取得。

2019年2月

マチソン・トライガス社を通じて、リンデ社の子会社であるリンデ・ガス・ノース・アメリカ社の米国でのHyCO事業の一部並びに関連資産を買収。

2020年10月

会社分割(吸収分割)方式により持株会社体制に移行し、日本酸素ホールディングス株式会社に商号を変更。吸収分割承継会社を大陽日酸株式会社に商号変更し、日本での産業ガス及び関連機器の製造・販売に関する事業を承継。


まとめ

今回の記事では、日本酸素ホールディングスの年収を中心に、業績の推移や競合企業との比較など、転職活動のためになる情報を徹底調査をしてきました。
会社選びをするうえで、インターネットの評判や社員の方による口コミも参考になりますが、企業のデータを知ることもとても重要です。

関連する業界については、下記で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

また、他の同業種の企業についても企業研究をしたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい!

【関連企業の年収を徹底調査】

このサイトについて

各企業の平均年収や平均勤続年数・平均年齢・従業員数などの基本情報は、有価証券報告書をデータソースとして使用しています。また、年齢別年収・役職別年収・生涯年収は、政府が公表している各種調査情報を元に、統計的な手法によって独自に算出をしています。詳しい算出方法はこちらのページをご覧ください。

出典

監修 年収チェッカー編集部


本サイトの記事は、人材業界と統計学の双方に専門的な知識を持つ、年収チェッカー編集部によって作成されています。