虫眼鏡 ロゴ

ATグループの年収は828万円|年齢帯別・役職別年収やボーナスなどを徹底調査【最新版】

最終更新日:


ATグループの平均年収ランキングのまとめ

株式会社ATグループは、愛知県に本社を構える、小売業で事業を手掛ける企業です。 ATグループの平均年収は828万円で、業界ランキング6位の平均年収となっています。 今回は、そんなATグループに就職すると年収がいくらになるのかについて、年代別・役職別などの軸で徹底分析をしていきます。 ぜひ就職後のイメージと照らし合わせながら読んでみてください!また、面接対策に役立つATグループの事業内容や沿革も紹介していきます。 是非最後まで読んで、就職活動の参考にしてくださいね!

また、下記の記事では、ATグループについて、より就活生にたった視点で平均年収を分析しているので、就活生の方はぜひこちらもチェックしてみてください!


おすすめコンテンツ


ATグループの平均年収はいくら?

平均年収のサマリー

2021年度のATグループの平均年収は、828万円でした(有価証券報告書調べ)。全国平均の年収が614万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

ここで、平均年収の推移をみてみましょう。

平均年収の推移

ATグループの平均年収の推移

ATグループの平均年収は直近6年間で、 +2.0%増加と上昇トレンドとなり、平均年収が増加していることが分かります。

年代別の平均年収

ATグループの年代別平均年収

次に、年代別の平均年収をみてみましょう。25~29歳の平均年収は565万円で、 30~34歳になると628万円と平均年収が63万円プラスとなります。 さらに、35~39歳になると709万円で、40~45歳になると780万円40~45歳になると828万円となります。 そして、50~54歳になると896万円55~59歳になると861万円となります。

※こちらの試算は、株式会社ATグループが発表をしている有価証券報告書と、厚生労働省が発表をしている 賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。 詳しい計算方法については、こちらのページを参考にしてください。

ここまで、ATグループの平均年収のサマリーについてみてきました。 しかし、就職活動をする上で他社との比較は欠かせません。 ATグループの平均年収は業界やエリア別で分析した際に、 上位何位なのでしょうか?

それでは、ランキングについて確認をしていきましょう!


ランキング

業界内ランキング

ATグループの業界内年収ランキング

ATグループが属する業界である、「小売業」の上場企業平均年収は505万円でした。 そのため、ATグループの平均年収は業界平均と比較をして 323万円高く、 業界内ランキングでは、372社中6位と比較的高い平均年収となっています。

次に、エリア内のランキングについて確認していきましょう!

エリア内ランキング

ATグループのエリア内年収ランキング

ATグループの本社がある愛知県における上場企業の平均年収は572万円となります。
そのため、ATグループの平均年収はエリア平均と比較をして 256万円高く、 エリア内ランキングでは、259社中14位比較的高い平均年収となっています。

以上、ATグループの年収ランキングについて見てきました。 ここまで読んでボーナスの額や、出世するといくら貰えるか気になる方も多いかと思います。

それでは、ボーナスの額や役職別の平均年収について確認をしてみましょう!

ATグループでキャリアを重ねると

ボーナスはどれくらい貰える?

ATグループのボーナス額の平均値は、133万円でした。 同業種の業界平均が81万円であることから、 52万円程高い金額になっています。

出世するといくら貰える?

ATグループの役職別平均年収の比較

次に、ATグループの役職別平均年収をみてみましょう。

係長の平均年収は1027万円、 課長の平均年収は1342万円、 部長の平均年収は1619万円と、 同業界の平均と比較をして 比較的高い水準にあることが分かります。


ATグループの生涯年収はいくら?

ATグループの生涯年収ランキング

調査の結果、ATグループの平均生涯年収は2.6億円でした。

全国の平均生涯年収が2.4億円であることを考えると、 ATグループの生涯年収は 比較的高い水準となっています。

※ 生涯年収は、新卒または第二新卒から60歳まで株式会社ATグループで働いたと仮定して算出しています。


ATグループの従業員調査

ここまでATグループの年収を様々な角度から分析してきました。 しかし、就職先を検討する際には、給与・収入面だけでなく、その企業にどういった人が働いているかを知っておくことが重要です。 従業員のデータを予め分析して入社後のミスマッチを減らしておきましょう。

ATグループの従業員数

ATグループの従業員数比較

有価証券報告書によると、ATグループの従業員数は、56人でした。 小売業の従業情報員の平均従業員数が、737人であることから、 業界より比較的少ない人数であることが分かります。
また、同業種内での従業員数ランキングが297位(372社中)であることからも、 規模の比較的小さい企業であることが分かります。

ATグループの従業員の平均勤続年数

ATグループの平均勤続年数比較

有価証券報告書によると、ATグループの平均勤続年数は、21.5年でした。 小売業の従業員の平均属年数が、11.4年であることから、 一度ATグループに就職した人が比較的長い期間働いている、定着率の高い職場と言えそうです。

ATグループの従業員平均年齢

ATグループの従業員の平均年齢比較

有価証券報告書によると、ATグループの従業員の平均年齢は、45.7歳でした。 小売業の従業員の平均年齢が、40.9歳であることから、 比較的年齢の高い職場であると言えます。


ATグループの事業展望

「せっかくATグループに採用してもらったのに、仕事内容や社風が合わない、、、」なんてことは避けたいですよね。 そのためにも、ATグループが今後どのような成長戦略を考えているのかを知っておくことはとても重要です。 また、それだけでなくATグループがどのような人を採用したいと考えているのか見えてくるかもしれません。 それでは一緒に事業展望を見ていきましょう!

ATグループは、事業戦略として、「「2事業等のリスク(4)自動車販売市場に関する今後想定されるリスクについて」に記載のとおり、いわゆる「CASE」を中心とした新しいモビリティサービスの拡大に加え、DXによる新しいビジネスモデルやお客さまとの新しい関係性の創出、キャッシュレス化等の支払手段の多様化、「2050カーボンニュートラル」に向けた取り組みなど、国内自動車販売市場はさまざまな環境の変化・転換期を迎えており、これらの変化への柔軟な対応、持続可能な事業経営の体制構築が課題となっている」ようです。
また、有価証券報告書によると、今後の事業成長のために以下の取り組みを掲げています。

  • 取り組みを通じて、お客さまやお取引先さまへの「感謝」の気持ちを忘れることなく、前身である「日の出モータース」の時代から受け継がれている地域に密着した営業活動をさらに進め、ステークホルダーの皆さまに貢献していくなかで、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を目指し、グループ一丸となって取り組んでいく
  • 2023年4月を目途としたグループ傘下のトヨタ販売会社4社の統合に向けて、組織体制や営業戦略、店舗ネットワークなどの事項について準備を進めており、グループを挙げた戦略企画機能を通じて、グループの総合力を活かした資産の効率的かつ効果的な活用などにより、一層の競争優位性の確保に努めていく
  • 地域密着の営業活動を進めるとともに、DX(※)への対応を強化し、より幅広い層のお客さまに対し、それぞれのお客さまのニーズに即した商品・サービスをご提供していくことで、さらなる競争力強化に努めるとともに、「人」の大切さを念頭に置いて、人材育成や働き方改革の推進、事業に資する人材確保にも取り組んでいる

業績分析

続いて、有価証券報告書の決算情報をもとに、ATグループの将来性を分析していきしょう!

純利益から見るATグループの将来性

ATグループの純利益高推移のグラフ

次に、ATグループの純利益推移についてみてみましょう。 直近6年間の純利益成長率は23.1%で、 高い成長率を誇っている会社と言えるでしょう。
また、ATグループの売上高ランキングは、 同業種で67位業界を牽引している企業となっています。


ATグループの競合企業は?

ATグループと企業規模が比較的近く、かつ類似した事業内容を展開する企業は以下の企業です。 これらの企業の情報もチェックをしてみて下さいね。

企業名 平均年収 事業内容
クオールホールディングス株式会社 697万円 小売業
株式会社サーラコーポレーション 656万円 小売業
株式会社G‐7ホールディングス 503万円 小売業
株式会社ケーユーホールディングス 498万円 小売業
日産東京販売ホールディングス株式会社 748万円 小売業
株式会社ドトール・日レスホールディングス 513万円 小売業
株式会社マツモトキヨシホールディングス 834万円 小売業
アレンザホールディングス株式会社 605万円 小売業
株式会社グルメ杵屋 514万円 小売業
株式会社三洋堂ホールディングス 477万円 小売業

小売業業界の企業年収ランキングは?

ATグループが属する小売業業界において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、小売業業界における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一業界の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 株式会社クリエイトSDホールディングス 1154万円 7人
2位 株式会社ファーストリテイリング 901万円 1589人
3位 イオン株式会社 856万円 433人
4位 株式会社ニトリホールディングス 835万円 867人
5位 株式会社マツモトキヨシホールディングス 834万円 72人
6位 株式会社ATグループ 828万円 56人
7位 株式会社FOOD & LIFE COMPANIES 812万円 190人
8位 ウエルシアホールディングス株式会社 795万円 29人
9位 アスクル株式会社 785万円 771人
10位 エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社 772万円 125人

小売業業界に属する会社の年収ランキングの続きは、こちらをご覧ください!


愛知県の企業年収ランキングは?

ATグループが属する愛知県において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、愛知県における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一エリア内の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 中部日本放送株式会社 1132万円 68人
2位 豊田通商株式会社 1114万円 2648人
3位 株式会社コメダホールディングス 956万円 8人
4位 株式会社フジミインコーポレーテッド 897万円 693人
5位 株式会社エスポア 864万円 5人
6位 中部電力株式会社 857万円 3127人
7位 トヨタ自動車株式会社 857万円 70710人
8位 名工建設株式会社 837万円 1130人
9位 株式会社ATグループ 828万円 56人
10位 岡谷鋼機株式会社 827万円 678人

愛知県に本社を構える会社の年収ランキング続きは、こちらをご覧ください!


企業データ

最後に、ATグループの企業データについて調査した結果を記載します。

項目詳細
会社名株式会社ATグループ
所在地愛知県名古屋市昭和区高辻町6番8号
代表取締役社長取締役社長  山 口 真 史
業種小売業

ATグループの歴史

歴史をもっと見る

年月

概要

1942年11月

愛知県自動車配給㈱として設立。

1943年11月

商号を愛知県自動車整備配給㈱に変更。

1945年8月

愛知燃料機合同㈱を合併。

1946年3月

東海工業㈱を合併。

1946年9月

運輸省の自動車配給機構改組に関する通牒に基づきトヨタ自動車工業㈱(現 トヨタ自動車㈱)との間に愛知県下における特約販売契約を締結、商号を愛知トヨタ販売㈱と変更するとともに本社を現在地に移転。

1948年8月

商号を愛知トヨタ自動車㈱に変更。

1953年3月

愛知サンカー販売㈱(現 トヨタカローラ愛豊㈱・連結子会社)設立。

1953年6月

名古屋スポーツガイド㈱(現 ㈱アトコ・連結子会社)設立。

1960年6月

自動車損害保険及び自動車損害賠償責任保険代理業を開始。

1960年8月

中部トヨタリフト㈱(現 トヨタL&F中部㈱・連結子会社)設立。

1961年6月

愛知スズキ販売㈱(連結子会社)設立。

1961年10月

名古屋証券取引所市場第二部に上場。

1966年9月

㈱トヨタレンタカーサービス愛知(現 ㈱トヨタレンタリース愛知・連結子会社)設立。

1967年4月

北愛知トヨタ中古車販売㈱(現 愛知クレジットサービス㈱・連結子会社)設立。

1968年1月

トヨタオート愛知㈱(現 ネッツトヨタ愛知㈱・連結子会社)設立。

1968年3月

愛知トヨタ興業㈱(現 ㈱アトコ・連結子会社)設立。

1968年11月

トヨタ部品愛知共販㈱(持分法適用関連会社・現 トヨタモビリティパーツ㈱)設立。部品外販を分離・移管。

1972年11月

事務用機器の賃貸業務並びに事務機械化のためのシステム設計及び計算業務の受託を開始。

1976年6月

建築用部材、住宅関連用品・機器の販売及び修理、並びに建設工事の設計、施工、監理及び修理を開始。

1979年9月

トヨタビスタ愛知㈱(現 ネッツトヨタ東海㈱・連結子会社)設立。

1984年9月

トヨタ情報システム愛知㈱(連結子会社)設立。電算業務及び事務用機器の販売等を分離・移管。

1987年7月

トヨタホーム愛知㈱(連結子会社)設立。住宅業務を分離・移管。

1993年2月

愛知トヨタ総合開発㈱(現 ㈱ATビジネス・連結子会社)設立。

1996年4月

トヨタカローラ愛豊㈱がトヨタカローラ名都㈱を合併。

2005年8月

「レクサス」店舗をグループで9店舗オープン。「レクサス」ブランド車の販売を開始。

2006年12月

㈱ATグループ(現 愛知トヨタ自動車㈱・連結子会社)設立。同社と吸収分割契約の締結。連結子会社11社と株式交換契約の締結。

2007年4月

当社のほぼ全ての事業を吸収分割の方法により事業承継会社である㈱ATグループ(現 愛知トヨタ自動車㈱・連結子会社)に承継。

連結子会社11社と株式交換を行い、同社を含めた12社を完全子会社とする純粋持株会社体制に移行。同時に当社の商号を㈱ATグループに、㈱ATグループの商号を愛知トヨタ自動車㈱に変更。

2007年7月

愛知トヨタ総合開発㈱の商号を㈱ATビジネスに変更。同年10月より、グループ各社の間接業務、物流業務及び営業支援業務を行うビジネスセンターとして事業を開始。

2013年7月

愛知トヨタ自動車㈱が、全国ではじめてハイブリッド車累計10万台販売を達成。

2014年2月

『本社地区(名古屋市昭和区)再開発計画』として、本社屋の建替え着工。

2015年3月

愛知トヨタ自動車㈱ 高辻営業所(ATグループ本社 北館1階)グランドオープン。

2016年12月

『AUTO TOWN TAKATSUJI(オートタウン高辻)』街開き。

12月8日を「創業の日」として制定。

グループ9社の本社や本部機能をATグループ本社 南館に集約。

トヨタカローラ愛豊㈱ 高辻店、ネッツトヨタ愛知㈱ 高辻店(ATグループ本社 南館1階)グランドオープン。

2018年4月

㈱アトコが㈱アトラスを合併。

2020年4月

トヨタ部品愛知共販㈱がトヨタモビリティパーツ㈱に吸収合併され、当社の持分比率の低下により持分法の適用範囲から除外。

2020年5月

トヨタ系ディーラーで「全チャネル・全車種併売化」がスタート。

 


まとめ

今回の記事では、ATグループの年収を中心に、業績の推移や競合企業との比較など、就職活動のためになる情報を徹底調査をしてきました。
会社選びをするうえで、インターネットの評判や社員の方による口コミも参考になりますが、企業のデータを知ることもとても重要です。

関連する業界については、下記で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

また、他の同業種の企業についても企業研究をしたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい!

【関連企業の年収を徹底調査】

このサイトについて

各企業の平均年収や平均勤続年数・平均年齢・従業員数などの基本情報は、有価証券報告書をデータソースとして使用しています。また、年齢別年収・役職別年収・生涯年収は、政府が公表している各種調査情報を元に、統計的な手法によって独自に算出をしています。詳しい算出方法はこちらのページをご覧ください。

出典

監修 年収チェッカー編集部


本サイトの記事は、人材業界と統計学の双方に専門的な知識を持つ、年収チェッカー編集部によって作成されています。