虫眼鏡 ロゴ

東ソーの年収は786万円|年齢帯別・役職別年収やボーナスなどを徹底調査【2022年最新版】

最終更新日:


東ソーの平均年収ランキングのまとめ

東ソー株式会社は、山口県に本社を構える、化学で事業を手掛ける企業です。 東ソーの平均年収は786万円で、業界ランキング24位の平均年収となっています。 今回は、そんな東ソーに就職すると年収がいくらになるのかについて、年代別・役職別などの軸で徹底分析をしていきます。 ぜひ就職後のイメージと照らし合わせながら読んでみてください!また、面接対策に役立つ東ソーの事業内容や沿革も紹介していきます。 是非最後まで読んで、就職活動の参考にしてくださいね!

また、下記の記事では、東ソーについて、より就活生にたった視点で平均年収を分析しているので、就活生の方はぜひこちらもチェックしてみてください!


おすすめコンテンツ


東ソーの平均年収はいくら?

平均年収のサマリー

2022年度の東ソーの平均年収は、786万円でした(有価証券報告書調べ)。全国平均の年収が614万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

ここで、平均年収の推移をみてみましょう。

平均年収の推移

東ソーの平均年収の推移

東ソーの平均年収は直近7年間で、 +4.1%増加と上昇トレンドとなり、平均年収が増加していることが分かります。

年代別の平均年収

東ソーの年代別平均年収

次に、年代別の平均年収をみてみましょう。25~29歳の平均年収は560万円で、 30~34歳になると645万円と平均年収が85万円プラスとなります。 さらに、35~39歳になると735万円で、40~45歳になると786万円40~45歳になると840万円となります。 そして、50~54歳になると907万円55~59歳になると907万円となります。

※こちらの試算は、東ソー株式会社が発表をしている有価証券報告書と、厚生労働省が発表をしている 賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。 詳しい計算方法については、こちらのページを参考にしてください。

ここまで、東ソーの平均年収のサマリーについてみてきました。 しかし、就職活動をする上で他社との比較は欠かせません。 東ソーの平均年収は業界やエリア別で分析した際に、 上位何位なのでしょうか?

それでは、ランキングについて確認をしていきましょう!


ランキング

業界内ランキング

東ソーの業界内年収ランキング

東ソーが属する業界である、「化学」の上場企業平均年収は646万円でした。 そのため、東ソーの平均年収は業界平均と比較をして 140万円高く、 業界内ランキングでは、228社中24位と比較的高い平均年収となっています。

次に、エリア内のランキングについて確認していきましょう!

エリア内ランキング

東ソーのエリア内年収ランキング

東ソーの本社がある山口県における上場企業の平均年収は571万円となります。
そのため、東ソーの平均年収はエリア平均と比較をして 215万円高く、 エリア内ランキングでは、21社中3位比較的高い平均年収となっています。

以上、東ソーの年収ランキングについて見てきました。 ここまで読んでボーナスの額や、出世するといくら貰えるか気になる方も多いかと思います。

それでは、ボーナスの額や役職別の平均年収について確認をしてみましょう!

東ソーでキャリアを重ねると

ボーナスはどれくらい貰える?

東ソーのボーナス額の平均値は、126万円でした。 同業種の業界平均が104万円であることから、 22万円程高い金額になっています。

出世するといくら貰える?

東ソーの役職別平均年収の比較

次に、東ソーの役職別平均年収をみてみましょう。

係長の平均年収は975万円、 課長の平均年収は1274万円、 部長の平均年収は1537万円と、 同業界の平均と比較をして 比較的高い水準にあることが分かります。


東ソーの生涯年収はいくら?

東ソーの生涯年収ランキング

調査の結果、東ソーの平均生涯年収は2.7億円でした。

全国の平均生涯年収が2.4億円であることを考えると、 東ソーの生涯年収は 比較的高い水準となっています。

※ 生涯年収は、新卒または第二新卒から60歳まで東ソー株式会社で働いたと仮定して算出しています。


東ソーの従業員調査

ここまで東ソーの年収を様々な角度から分析してきました。 しかし、就職先を検討する際には、給与・収入面だけでなく、その企業にどういった人が働いているかを知っておくことが重要です。 従業員のデータを予め分析して入社後のミスマッチを減らしておきましょう。

東ソーの従業員数

東ソーの従業員数比較

有価証券報告書によると、東ソーの従業員数は、3758人でした。 化学の従業情報員の平均従業員数が、890人であることから、 業界より比較的多い人数であることが分かります。
また、同業種内での従業員数ランキングが10位(228社中)であることからも、 かなり規模の大きい企業であることが分かります。

東ソーの従業員の平均勤続年数

東ソーの平均勤続年数比較

有価証券報告書によると、東ソーの平均勤続年数は、14.0年でした。 化学の従業員の平均属年数が、15.4年であることから、 比較的、出入りの多い職場であると言えるでしょう。

東ソーの従業員平均年齢

東ソーの従業員の平均年齢比較

有価証券報告書によると、東ソーの従業員の平均年齢は、38.4歳でした。 化学の従業員の平均年齢が、41.6歳であることから、 比較的若い人の多い職場であると言えます。


東ソーの勤務環境はブラック?それともホワイト?

ここまで、東ソーの平均年収と従業員について分析してきました。 ところで、東ソーの勤務環境はブラックなのでしょうか?それともホワイトなのでしょうか? 見極める一つの判断材料として残業時間や有給休暇日数について確認してみましょう!

東ソーにおける従業員の平均残業時間と有給休暇の取得日数

東ソーの平均残業時間

東ソーの従業員の平均残業時間は、一月あたり16.0時間でした。 その他製造業の従業員の平均残業時間が、14.2時間であることから、 比較的残業時間が長いことが分かります。

東ソーの従業員の有給休暇の平均取得日数は、一年で15.8日でした。 その他製造業の従業員の平均日数が、12.4日であることから、 比較的有給休暇をとりやすいことが分かります。


東ソーは女性にとって働きやすい?

東ソーの女性活躍を推進する取り組み

東ソーは次のような取り組みによって、女性の活躍を推進しているようです。

○従業員 合計:3,683人(うち女性:363人)、女性比率:9.9%
※2020年度期末時点。有価証券報告書記載の単体ベース。
○平均年齢 合計:38.8歳(男性:38.8歳、女性:39.5歳)
※2020年度期末時点。有価証券報告書記載の単体ベース。
○新入社員定着状況:男性:96%、女性:100%
○産休取得者数:18人
○育休取得者数 合計:81人(うち男性:63人)
○育児休業復職率:97%
○平均年間給与:7,631,000円
○女性登用に関する目標・内容:
○各種報告書での情報開示の有無等 CSR発行有無:(有)、CSR記載有無:(無)

出典:厚生労働省発表 – 女性の活躍推進企業データベースオープンデータ(2021年10月25日時点)


東ソーの事業展望

「せっかく東ソーに採用してもらったのに、仕事内容や社風が合わない、、、」なんてことは避けたいですよね。 そのためにも、東ソーが今後どのような成長戦略を考えているのかを知っておくことはとても重要です。 また、それだけでなく東ソーがどのような人を採用したいと考えているのか見えてくるかもしれません。 それでは一緒に事業展望を見ていきましょう!

東ソーは、事業戦略として、「状況下において、いたしましては、ウクライナ情勢や国内外のコロナ禍収束状況はもとより、様々な不確実性に起因する需給環境の悪化、原燃料価格や海外製品市況の乱高下、為替レートの急変、サプライチェーンの途絶などの事業リスク及び環境の変化に注意を払い、迅速かつ柔軟に対応し収益確保に努めていく」ようです。
また、有価証券報告書によると、今後の事業成長のために以下の取り組みを掲げています。

  • 化学の革新を通して、幸せを実現し、社会に貢献する」を企業理念に掲げ、この理念を実現し企業価値を継続的に向上させるため、経営環境の変化に迅速に対応し、公正で透明性の高い企業経営を行っていく
  • 2022年5月に2024年度を最終年度とする3ヶ年の中期経営計画を公表予定でしたが、ロシアによるウクライナ侵攻以降、原燃料価格は急激な変動を見せており、事業環境の先行きを合理的に見通すことが困難である
  • 新たな中期経営計画においては、成長と脱炭素の両立を最大の経営課題と捉え、引き続きハイブリッド経営を基本としつつ、スペシャリティ事業の収益拡大に注力する方針である

業績分析

続いて、有価証券報告書の決算情報をもとに、東ソーの将来性を分析していきしょう!

売上額から見る東ソーの将来性

東ソーの売上高推移のグラフ

東ソーは、主な事業として、石油化学事業・クロル・アルカリ事業・機能商品事業・エンジニアリング事業・その他事業を手がけています。 ここで、東ソーの売上高推移についてみて見ましょう。 直近7年間の売上成長率は24.7%で、 高い成長率を誇っている会社と言えるでしょう。
また、東ソーの売上高ランキングは、 同業種で15位業界を牽引している企業となっています。

純利益から見る東ソーの将来性

東ソーの純利益高推移のグラフ

次に、東ソーの純利益推移についてみてみましょう。 直近7年間の純利益成長率は184.1%で、 高い成長率を誇っている会社と言えるでしょう。
また、東ソーの売上高ランキングは、 同業種で4位業界を牽引している企業となっています。


東ソーの競合企業は?

東ソーと企業規模が比較的近く、かつ類似した事業内容を展開する企業は以下の企業です。 これらの企業の情報もチェックをしてみて下さいね。

企業名 平均年収 事業内容
ライオン株式会社 727万円 化学
三井化学株式会社 838万円 化学
住友精化株式会社 628万円 化学
株式会社クレハ 711万円 化学
日油株式会社 793万円 化学
DIC株式会社 759万円 化学
宇部興産株式会社 700万円 化学
大日本塗料株式会社 573万円 化学
信越化学工業株式会社 854万円 化学
関西ペイント株式会社 783万円 化学

化学業界の企業年収ランキングは?

東ソーが属する化学業界において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、化学業界における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一業界の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 ウルトラファブリックス・ホールディングス株式会社 1157万円 8人
2位 富士フイルムホールディングス株式会社 1017万円 815人
3位 日本酸素ホールディングス株式会社 960万円 81人
4位 株式会社三菱ケミカルホールディングス 949万円 223人
5位 日本ペイントホールディングス株式会社 898万円 404人
6位 積水化学工業株式会社 897万円 2761人
7位 住友化学株式会社 883万円 6488人
8位 三菱瓦斯化学株式会社 871万円 2461人
9位 東京応化工業株式会社 859万円 1261人
10位 信越化学工業株式会社 854万円 3341人

化学業界に属する会社の年収ランキングの続きは、こちらをご覧ください!


山口県の企業年収ランキングは?

東ソーが属する山口県において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、山口県における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一エリア内の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 株式会社ファーストリテイリング 901万円 1589人
2位 山口放送株式会社 848万円 125人
3位 東ソー株式会社 786万円 3758人
4位 ユーピーアール株式会社 748万円 184人
5位 株式会社トクヤマ 722万円 2315人
6位 宇部興産株式会社 700万円 2058人
7位 セントラル硝子株式会社 643万円 1630人
8位 林兼産業株式会社 614万円 332人
9位 株式会社長府製作所 582万円 960人
10位 株式会社西京銀行 539万円 646人

山口県に本社を構える会社の年収ランキング続きは、こちらをご覧ください!


企業データ

最後に、東ソーの企業データについて調査した結果を記載します。

項目詳細
会社名東ソー株式会社
会社ホームページhttp://www.tosoh.co.jp/
所在地山口県周南市開成町4560番地
代表取締役社長代表取締役社長  山 本 寿 宣
業種化学
事業内容クロル・アルカリ事業、石油化学事業、機能商品事業

東ソーの歴史

歴史をもっと見る

年月

事業の概要

1935年2月

東洋曹達工業株式会社を設立(現・山口県周南市)

1936年5月

ソーダ灰製造設備新設(南陽事業所)

1942年2月

臭素製造設備新設(南陽事業所)

1943年2月

苛性ソーダ製造設備新設(南陽事業所)

1949年5月

東京証券取引所に株式上場

1951年7月

東洋港運株式会社を設立(現・連結子会社 東ソー物流株式会社)

1953年10月

セメント製造設備新設(南陽事業所)

1955年6月

株式会社日本オルガノ商会に資本参加(現・連結子会社 オルガノ株式会社)

1959年10月

日本シリカ工業株式会社を設立(現・連結子会社 東ソー・シリカ株式会社)

1962年3月

燐酸製造設備新設(南陽事業所)

1965年7月

 

ストウファー・ケミカル社と共同出資にて有限会社東洋ストウファー・ケミカルを設立(現・連結子会社 東ソー・ファインケム株式会社)

1966年5月

塩化ビニルモノマー製造設備新設(南陽事業所)

1966年9月

低密度ポリエチレン製造設備新設(南陽事業所)

1967年10月

エチレンアミン製造設備新設(南陽事業所)

1969年4月

日ケミ商事株式会社を設立(現・連結子会社 東ソー・ニッケミ株式会社)

1971年4月

液体クロマトグラフィー用のカラムを開発し、科学計測事業分野に進出

1971年5月

太平化学製品株式会社に資本参加(現・連結子会社)

1971年6月

クロロプレンゴム製造設備新設(南陽事業所)

1973年9月

プラス・テク株式会社に資本参加(現・連結子会社)

1973年11月

 

三菱商事株式会社と共同出資にてギリシャにテッコウシャ・ヘラスA.B.Eを設立(現・連結子会社 トーソー・ヘラス・シングル・メンバーS.A.)

1975年4月

株式会社鐵興社と合併 南陽、四日市、酒田、山形、富山、日向及び石巻の7工場体制となる

1975年5月

 

三井物産株式会社及び現地資本と共同出資にてインドネシアにPT.スタンダード・トーヨー・ポリマーを設立(現・連結子会社)

1975年9月

日本ハロン株式会社を設立(現・連結子会社 東ソー・ファインケム株式会社)

1979年6月

北米にトーソー・USA,Inc.を設立(現・連結子会社)

1981年7月

東ソー有機化学株式会社を設立(現・連結子会社 東ソー・ファインケム株式会社)

1983年3月

酒田、石巻両工場を分離し、東北東ソー化学株式会社を設立(現・連結子会社)

1983年9月

ジルコニア粉末製造設備新設(南陽事業所)

1986年4月

日本石英硝子株式会社に資本参加(現・連結子会社 東ソー・クォーツ株式会社)

1986年4月

山口日本石英株式会社に資本参加(現・連結子会社 東ソー・エスジーエム株式会社)

1986年4月

ベルギーのユーロ・ジェネティクス N.V.へ資本参加(現・連結子会社 トーソー・ヨーロッパ N.V.)

1987年5月

ローム・アンド・ハース社と共同出資にて北米にトーソー・ハースを設立(現・連結子会社 トーソー・バイオサイエンス LLC)

1987年10月

東ソー株式会社へ商号変更

1988年6月

北米のVARIAN社よりターゲット部門を買収し、トーソー・SMD,Inc.を設立(現・連結子会社)

 


まとめ

今回の記事では、東ソーの年収を中心に、業績の推移や競合企業との比較など、就職活動のためになる情報を徹底調査をしてきました。
会社選びをするうえで、インターネットの評判や社員の方による口コミも参考になりますが、企業のデータを知ることもとても重要です。

関連する業界については、下記で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

また、他の同業種の企業についても企業研究をしたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい!

【関連企業の年収を徹底調査】

このサイトについて

各企業の平均年収や平均勤続年数・平均年齢・従業員数などの基本情報は、有価証券報告書をデータソースとして使用しています。また、年齢別年収・役職別年収・生涯年収は、政府が公表している各種調査情報を元に、統計的な手法によって独自に算出をしています。詳しい算出方法はこちらのページをご覧ください。

出典

監修 年収チェッカー編集部


本サイトの記事は、人材業界と統計学の双方に専門的な知識を持つ、年収チェッカー編集部によって作成されています。