スリーエフの年収は631万円|年齢帯別・役職別年収やボーナスなどを徹底調査【最新版】

最終更新日:


スリーエフの平均年収ランキングのまとめ

株式会社スリーエフは、神奈川県に本社を構える、小売業で事業を手掛ける企業です。 スリーエフの平均年収は631万円で、業界ランキング53位の平均年収となっています。 今回は、そんなスリーエフに就職すると年収がいくらになるのかについて、年代別・役職別などの軸で徹底分析をしていきます。 ぜひ就職後のイメージと照らし合わせながら読んでみてください!また、面接対策に役立つスリーエフの事業内容や沿革も紹介していきます。 是非最後まで読んで、就職活動の参考にしてくださいね!

また、下記の記事では、スリーエフについて、より就活生にたった視点で平均年収を分析しているので、就活生の方はぜひこちらもチェックしてみてください!


おすすめコンテンツ


スリーエフの平均年収はいくら?

平均年収のサマリー

2022年度のスリーエフの平均年収は、631万円でした(有価証券報告書調べ)。全国平均の年収が614万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

ここで、平均年収の推移をみてみましょう。

平均年収の推移

スリーエフの平均年収の推移

スリーエフの平均年収は直近6年間で、 +19.7%増加と上昇トレンドとなり、平均年収が増加していることが分かります。

年代別の平均年収

スリーエフの年代別平均年収

次に、年代別の平均年収をみてみましょう。25~29歳の平均年収は431万円で、 30~34歳になると479万円と平均年収が48万円プラスとなります。 さらに、35~39歳になると541万円で、40~45歳になると595万円40~45歳になると631万円となります。 そして、50~54歳になると684万円55~59歳になると657万円となります。

※こちらの試算は、株式会社スリーエフが発表をしている有価証券報告書と、厚生労働省が発表をしている 賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。 詳しい計算方法については、こちらのページを参考にしてください。

ここまで、スリーエフの平均年収のサマリーについてみてきました。 しかし、就職活動をする上で他社との比較は欠かせません。 スリーエフの平均年収は業界やエリア別で分析した際に、 上位何位なのでしょうか?

それでは、ランキングについて確認をしていきましょう!


ランキング

業界内ランキング

スリーエフの業界内年収ランキング

スリーエフが属する業界である、「小売業」の上場企業平均年収は505万円でした。 そのため、スリーエフの平均年収は業界平均と比較をして 126万円高く、 業界内ランキングでは、372社中53位と比較的高い平均年収となっています。

次に、エリア内のランキングについて確認していきましょう!

エリア内ランキング

スリーエフのエリア内年収ランキング

スリーエフの本社がある神奈川県における上場企業の平均年収は617万円となります。
そのため、スリーエフの平均年収はエリア平均と比較をして 14万円高く、 エリア内ランキングでは、210社中82位同程度の平均年収となっています。

以上、スリーエフの年収ランキングについて見てきました。 ここまで読んでボーナスの額や、出世するといくら貰えるか気になる方も多いかと思います。

それでは、ボーナスの額や役職別の平均年収について確認をしてみましょう!

スリーエフでキャリアを重ねると

ボーナスはどれくらい貰える?

スリーエフのボーナス額の平均値は、101万円でした。 同業種の業界平均が81万円であることから、 20万円程高い金額になっています。

出世するといくら貰える?

スリーエフの役職別平均年収の比較

次に、スリーエフの役職別平均年収をみてみましょう。

係長の平均年収は782万円、 課長の平均年収は1023万円、 部長の平均年収は1233万円と、 同業界の平均と比較をして 比較的高い水準にあることが分かります。


スリーエフの生涯年収はいくら?

スリーエフの生涯年収ランキング

調査の結果、スリーエフの平均生涯年収は2.0億円でした。

全国の平均生涯年収が2.4億円であることを考えると、 スリーエフの生涯年収は 比較的高い水準となっています。

※ 生涯年収は、新卒または第二新卒から60歳まで株式会社スリーエフで働いたと仮定して算出しています。


スリーエフの従業員調査

ここまでスリーエフの年収を様々な角度から分析してきました。 しかし、就職先を検討する際には、給与・収入面だけでなく、その企業にどういった人が働いているかを知っておくことが重要です。 従業員のデータを予め分析して入社後のミスマッチを減らしておきましょう。

スリーエフの従業員数

スリーエフの従業員数比較

有価証券報告書によると、スリーエフの従業員数は、39人でした。 小売業の従業情報員の平均従業員数が、737人であることから、 業界より比較的少ない人数であることが分かります。
また、同業種内での従業員数ランキングが317位(372社中)であることからも、 規模の比較的小さい企業であることが分かります。

スリーエフの従業員の平均勤続年数

スリーエフの平均勤続年数比較

有価証券報告書によると、スリーエフの平均勤続年数は、19.4年でした。 小売業の従業員の平均属年数が、11.4年であることから、 一度スリーエフに就職した人が比較的長い期間働いている、定着率の高い職場と言えそうです。

スリーエフの従業員平均年齢

スリーエフの従業員の平均年齢比較

有価証券報告書によると、スリーエフの従業員の平均年齢は、46.0歳でした。 小売業の従業員の平均年齢が、40.9歳であることから、 比較的年齢の高い職場であると言えます。


スリーエフは女性にとって働きやすい?

スリーエフの女性活躍を推進する取り組み

スリーエフは次のような取り組みによって、女性の活躍を推進しているようです。

平均年齢39.8歳 男性40.1歳 女性34.6歳

出典:厚生労働省発表 – 女性の活躍推進企業データベースオープンデータ(2021年10月25日時点)


スリーエフの事業展望

「せっかくスリーエフに採用してもらったのに、仕事内容や社風が合わない、、、」なんてことは避けたいですよね。 そのためにも、スリーエフが今後どのような成長戦略を考えているのかを知っておくことはとても重要です。 また、それだけでなくスリーエフがどのような人を採用したいと考えているのか見えてくるかもしれません。 それでは一緒に事業展望を見ていきましょう!

スリーエフは、事業戦略として、「そのために、ブランド転換に費やした2018年2月期から2020年2月期までの3ヶ年を「接合期」、2021年2月期から2023年2月期までの3ヶ年を「育成期」、2024年2月期から2025年2月期までの2ヶ年を「成長期」、2026年2月期から2027年2月期までの2ヶ年を「収穫期」と位置付け、苗木が成長して大樹に至るような10年経営を実践していく」ようです。
また、有価証券報告書によると、今後の事業成長のために以下の取り組みを掲げています。

  • 全店一律のマーチャンダイジングから脱却して「個店の個性」に応じたお店作りを推進してまいりましたが、ウィズコロナの環境下において、お客様の利用動向の変化に柔軟に対応できている店舗と上手く対応できていない店舗で二極化が生じ、個店のオペレーション格差が拡大傾向にあることが課題となっている
  • 今後のわが国経済は、感染者数の減少に伴い経済活動制限が緩和されることで、景気は緩やかながら回復基調に向かうことが期待されるものの、ロシアのウクライナ侵攻などを受け、原油を中心とした一次産品価格の動向が経済活動や個人消費に影響を及ぼすことも懸念され、引き続き不透明な状況で推移するものと思われる
  • コンビニエンスストア業界は、業態を超えた販売競争が激化する中、コロナ禍によるお客様の消費行動の変化も加わり、これまで以上に個店の置かれた環境に応じたお店作りが必要となっており、チェーン間の競争の時代から個店の経営者間の競争の時代に移ったと言える

業績分析

続いて、有価証券報告書の決算情報をもとに、スリーエフの将来性を分析していきしょう!

純利益から見るスリーエフの将来性

スリーエフの純利益高推移のグラフ

次に、スリーエフの純利益推移についてみてみましょう。 直近6年間の純利益成長率は-91.2%で、 高い成長率を誇っている会社と言えるでしょう。
また、スリーエフの売上高ランキングは、 同業種で281位業界平均と同等程度、もしくは下位に位置しています。


スリーエフの競合企業は?

スリーエフと企業規模が比較的近く、かつ類似した事業内容を展開する企業は以下の企業です。 これらの企業の情報もチェックをしてみて下さいね。

企業名 平均年収 事業内容
株式会社シー・ヴイ・エス・ベイエリア 408万円 小売業
株式会社ポプラ 392万円 小売業
株式会社一や 354万円 小売業
株式会社ジェイグループホールディングス 474万円 小売業
株式会社幸楽苑ホールディングス 427万円 小売業
日産東京販売ホールディングス株式会社 748万円 小売業
株式会社メディカル一光グループ 573万円 小売業
株式会社はるやまホールディングス 473万円 小売業
株式会社音通 487万円 小売業
株式会社ドトール・日レスホールディングス 513万円 小売業

小売業業界の企業年収ランキングは?

スリーエフが属する小売業業界において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、小売業業界における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一業界の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 株式会社クリエイトSDホールディングス 1154万円 7人
2位 株式会社ファーストリテイリング 901万円 1589人
3位 イオン株式会社 856万円 433人
4位 株式会社ニトリホールディングス 835万円 867人
5位 株式会社マツモトキヨシホールディングス 834万円 72人
6位 株式会社ATグループ 828万円 56人
7位 株式会社FOOD & LIFE COMPANIES 812万円 190人
8位 ウエルシアホールディングス株式会社 795万円 29人
9位 アスクル株式会社 785万円 771人
10位 エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社 772万円 125人

小売業業界に属する会社の年収ランキングの続きは、こちらをご覧ください!


神奈川県の企業年収ランキングは?

スリーエフが属する神奈川県において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、神奈川県における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一エリア内の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 マクニカ・富士エレ ホールディングス株式会社 1873万円 28人
2位 レーザーテック株式会社 1379万円 328人
3位 株式会社クリエイトSDホールディングス 1154万円 7人
4位 東京汽船株式会社 954万円 236人
5位 千代田化工建設株式会社 926万円 1603人
6位 ペプチドリーム株式会社 882万円 141人
7位 東京エレクトロンデバイス株式会社 872万円 971人
8位 日揮ホールディングス株式会社 864万円 236人
9位 ブライトパス・バイオ株式会社 860万円 38人
10位 東京応化工業株式会社 859万円 1261人

神奈川県に本社を構える会社の年収ランキング続きは、こちらをご覧ください!


企業データ

最後に、スリーエフの企業データについて調査した結果を記載します。

項目 詳細
会社名 株式会社スリーエフ
所在地 神奈川県横浜市中区日本大通17番地
代表取締役社長 代表取締役社長    山  口  浩  志
業種 小売業

スリーエフの歴史

歴史をもっと見る

年月

事項

1979年8月

㈱富士スーパー(現  富士シティオ㈱)のコンビニエンス事業部としてスタート

1979年11月

直営1号店(栗木店)を横浜市磯子区に開店

1981年2月
 

コンビニエンスストアの経営並びにフランチャイズ店の経営指導を目的として横浜市港南区に㈱スリーエフを設立

1982年4月

フランチャイズ1号店(野毛店)を横浜市中区に開店

1988年1月

CI導入

1988年3月

POS(販売時点情報管理システム)実験開始

1989年6月

100店舗達成

1989年11月

本店を横浜市中区日本大通17番地に移転

1991年8月

EOB(電子発注システム)導入

1992年6月

200店舗達成

1994年2月

300店舗達成

1995年8月

400店舗達成

1997年7月

日本証券業協会に株式を店頭登録

1998年2月

500店舗達成

2000年7月

東京証券取引所市場第二部に株式を上場

2000年10月

スリーエフ・オンライン㈱(連結子会社)を設立

2001年2月

600店舗達成

2001年3月

㈱サニーマートと四国4県におけるエリア・フランチャイズ契約を締結

2015年2月

㈱スリーエフ中四国との四国地区エリア・フランチャイズ契約を終了

2016年4月

㈱ローソンとの資本業務提携契約締結

2016年9月

㈱エル・ティーエフ(連結子会社)を設立

 

千葉県・埼玉県に「ローソン・スリーエフ」をオープン

2017年6月

㈱L・TF・PJ(連結子会社)を設立

2017年8月

東京都・神奈川県に「ローソン・スリーエフ」をオープン

2018年1月

「ローソン・スリーエフ」ブランドへの転換に伴い「スリーエフ」ブランドでの店舗運営を終了

2018年2月

㈱エル・ティーエフ(存続会社)と㈱L・TF・PJ(消滅会社)を合併

 


まとめ

今回の記事では、スリーエフの年収を中心に、業績の推移や競合企業との比較など、就職活動のためになる情報を徹底調査をしてきました。
会社選びをするうえで、インターネットの評判や社員の方による口コミも参考になりますが、企業のデータを知ることもとても重要です。

関連する業界については、下記で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

また、他の同業種の企業についても企業研究をしたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい!

【関連企業の年収を徹底調査】

このサイトについて

各企業の平均年収や平均勤続年数・平均年齢・従業員数などの基本情報は、有価証券報告書をデータソースとして使用しています。また、年齢別年収・役職別年収・生涯年収は、政府が公表している各種調査情報を元に、統計的な手法によって独自に算出をしています。詳しい算出方法はこちらのページをご覧ください。

出典

監修 年収チェッカー編集部


本サイトの記事は、人材業界と統計学の双方に専門的な知識を持つ、年収チェッカー編集部によって作成されています。