虫眼鏡 ロゴ

SRSホールディングスの年収は674万円|年齢帯別・役職別年収やボーナスなどを徹底調査【2022年最新版】

最終更新日:


SRSホールディングスの平均年収ランキングのまとめ

SRSホールディングス株式会社は、大阪府に本社を構える、小売業で事業を手掛ける企業です。 SRSホールディングスの平均年収は674万円で、業界ランキング37位の平均年収となっています。 今回は、そんなSRSホールディングスに就職すると年収がいくらになるのかについて、年代別・役職別などの軸で徹底分析をしていきます。 ぜひ就職後のイメージと照らし合わせながら読んでみてください!また、面接対策に役立つSRSホールディングスの事業内容や沿革も紹介していきます。 是非最後まで読んで、就職活動の参考にしてくださいね!

また、下記の記事では、SRSホールディングスについて、より就活生にたった視点で平均年収を分析しているので、就活生の方はぜひこちらもチェックしてみてください!


おすすめコンテンツ


SRSホールディングスの平均年収はいくら?

平均年収のサマリー

2022年度のSRSホールディングスの平均年収は、674万円でした(有価証券報告書調べ)。全国平均の年収が614万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

ここで、平均年収の推移をみてみましょう。

平均年収の推移

SRSホールディングスの平均年収の推移

SRSホールディングスの平均年収は直近7年間で、 +48.5%増加と上昇トレンドとなり、平均年収が増加していることが分かります。

年代別の平均年収

SRSホールディングスの年代別平均年収

次に、年代別の平均年収をみてみましょう。25~29歳の平均年収は425万円で、 30~34歳になると472万円と平均年収が47万円プラスとなります。 さらに、35~39歳になると533万円で、40~45歳になると586万円40~45歳になると622万円となります。 そして、50~54歳になると674万円55~59歳になると647万円となります。

※こちらの試算は、SRSホールディングス株式会社が発表をしている有価証券報告書と、厚生労働省が発表をしている 賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。 詳しい計算方法については、こちらのページを参考にしてください。

ここまで、SRSホールディングスの平均年収のサマリーについてみてきました。 しかし、就職活動をする上で他社との比較は欠かせません。 SRSホールディングスの平均年収は業界やエリア別で分析した際に、 上位何位なのでしょうか?

それでは、ランキングについて確認をしていきましょう!


ランキング

業界内ランキング

SRSホールディングスの業界内年収ランキング

SRSホールディングスが属する業界である、「小売業」の上場企業平均年収は505万円でした。 そのため、SRSホールディングスの平均年収は業界平均と比較をして 169万円高く、 業界内ランキングでは、372社中37位と比較的高い平均年収となっています。

次に、エリア内のランキングについて確認していきましょう!

エリア内ランキング

SRSホールディングスのエリア内年収ランキング

SRSホールディングスの本社がある大阪府における上場企業の平均年収は633万円となります。
そのため、SRSホールディングスの平均年収はエリア平均と比較をして 41万円高く、 エリア内ランキングでは、485社中171位同程度の平均年収となっています。

以上、SRSホールディングスの年収ランキングについて見てきました。 ここまで読んでボーナスの額や、出世するといくら貰えるか気になる方も多いかと思います。

それでは、ボーナスの額や役職別の平均年収について確認をしてみましょう!

SRSホールディングスでキャリアを重ねると

ボーナスはどれくらい貰える?

SRSホールディングスのボーナス額の平均値は、108万円でした。 同業種の業界平均が81万円であることから、 27万円程高い金額になっています。

出世するといくら貰える?

SRSホールディングスの役職別平均年収の比較

次に、SRSホールディングスの役職別平均年収をみてみましょう。

係長の平均年収は836万円、 課長の平均年収は1093万円、 部長の平均年収は1317万円と、 同業界の平均と比較をして 比較的高い水準にあることが分かります。


SRSホールディングスの生涯年収はいくら?

SRSホールディングスの生涯年収ランキング

調査の結果、SRSホールディングスの平均生涯年収は2.0億円でした。

全国の平均生涯年収が2.4億円であることを考えると、 SRSホールディングスの生涯年収は 比較的高い水準となっています。

※ 生涯年収は、新卒または第二新卒から60歳までSRSホールディングス株式会社で働いたと仮定して算出しています。


SRSホールディングスの従業員調査

ここまでSRSホールディングスの年収を様々な角度から分析してきました。 しかし、就職先を検討する際には、給与・収入面だけでなく、その企業にどういった人が働いているかを知っておくことが重要です。 従業員のデータを予め分析して入社後のミスマッチを減らしておきましょう。

SRSホールディングスの従業員数

SRSホールディングスの従業員数比較

有価証券報告書によると、SRSホールディングスの従業員数は、71人でした。 小売業の従業情報員の平均従業員数が、737人であることから、 業界より比較的少ない人数であることが分かります。
また、同業種内での従業員数ランキングが279位(372社中)であることからも、 規模の比較的小さい企業であることが分かります。

SRSホールディングスの従業員の平均勤続年数

SRSホールディングスの平均勤続年数比較

有価証券報告書によると、SRSホールディングスの平均勤続年数は、16.4年でした。 小売業の従業員の平均属年数が、11.4年であることから、 一度SRSホールディングスに就職した人が比較的長い期間働いている、定着率の高い職場と言えそうです。

SRSホールディングスの従業員平均年齢

SRSホールディングスの従業員の平均年齢比較

有価証券報告書によると、SRSホールディングスの従業員の平均年齢は、47.9歳でした。 小売業の従業員の平均年齢が、40.9歳であることから、 比較的年齢の高い職場であると言えます。


SRSホールディングスの事業展望

「せっかくSRSホールディングスに採用してもらったのに、仕事内容や社風が合わない、、、」なんてことは避けたいですよね。 そのためにも、SRSホールディングスが今後どのような成長戦略を考えているのかを知っておくことはとても重要です。 また、それだけでなくSRSホールディングスがどのような人を採用したいと考えているのか見えてくるかもしれません。 それでは一緒に事業展望を見ていきましょう!

SRSホールディングスは、事業戦略として、「フィロソフィー(企業哲学)である「私たちは、食を通じて社会に貢献する。」を実現すべく、従業員、お客様の安全を確保しながら、テイクアウトやデリバリー需要の増加に合わせた各種施策を継続的に実施すると共に、配送費用、家賃の削減による固定費の圧縮や、食材、備品購買のグループシナジー創出に向けた取り組みに注力しながら、新たに策定した中期経営計画の達成に向けて、各事業を早期に成長軌道に乗せるべく、諸施策を進めていく」ようです。
また、有価証券報告書によると、今後の事業成長のために以下の取り組みを掲げています。

  • 私たちは、食を通じて社会に貢献する。」をフィロソフィー(企業哲学)としており、人々が生きていく上で最も大切な「食」を事業の柱とし、潤いのある、楽しい食事の機会を提供することにより、豊かな暮らしを実現することをめざし、地域になくてはならない企業として、「最も顧客に信頼されるレストランの実現」を基本方針としている
  • 状況に対応するため新型コロナウイルスの影響からの早期回復と、ウィズコロナ、アフターコロナを踏まえた既存事業の収益力強化を第一の経営課題とし、令和3年5月に策定した中期経営計画にて、売上高、経常利益、出店数の目標を設定している
  • 基本方針である「最も顧客に信頼されるレストランの実現」に向け、経営ビジョンとして「100年企業として必要不可欠な社会インフラになること」を掲げ、令和3年5月に新たに策定した中期経営計画にて下記6点を重点テーマとして、さまざまな経営課題に取り組んでいく

業績分析

続いて、有価証券報告書の決算情報をもとに、SRSホールディングスの将来性を分析していきしょう!

売上額から見るSRSホールディングスの将来性

SRSホールディングスの売上高推移のグラフ

SRSホールディングスは、主な事業として、外食事業を手がけています。 ここで、SRSホールディングスの売上高推移についてみて見ましょう。 直近7年間の売上成長率は-50.9%で、 成長がやや鈍化していると言えるでしょう。
また、SRSホールディングスの売上高ランキングは、 同業種で229位業界平均と同等程度、もしくは下位に位置しています。

純利益から見るSRSホールディングスの将来性

SRSホールディングスの純利益高推移のグラフ

次に、SRSホールディングスの純利益推移についてみてみましょう。 直近7年間の純利益成長率は4700.0%で、 高い成長率を誇っている会社と言えるでしょう。
また、SRSホールディングスの売上高ランキングは、 同業種で180位業界を牽引している企業となっています。


SRSホールディングスの競合企業は?

SRSホールディングスと企業規模が比較的近く、かつ類似した事業内容を展開する企業は以下の企業です。 これらの企業の情報もチェックをしてみて下さいね。

企業名 平均年収 事業内容
株式会社松屋フーズホールディングス 642万円 小売業
株式会社はるやまホールディングス 473万円 小売業
株式会社三洋堂ホールディングス 477万円 小売業
ウエルシアホールディングス株式会社 795万円 小売業
アイエーグループ株式会社 551万円 小売業
株式会社G‐7ホールディングス 503万円 小売業
株式会社スタジオアタオ 353万円 小売業
株式会社ケーユーホールディングス 498万円 小売業
日産東京販売ホールディングス株式会社 748万円 小売業
株式会社オーエムツーネットワーク 455万円 小売業

小売業業界の企業年収ランキングは?

SRSホールディングスが属する小売業業界において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、小売業業界における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一業界の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 株式会社クリエイトSDホールディングス 1154万円 7人
2位 株式会社ファーストリテイリング 901万円 1589人
3位 イオン株式会社 856万円 433人
4位 株式会社ニトリホールディングス 835万円 867人
5位 株式会社マツモトキヨシホールディングス 834万円 72人
6位 株式会社ATグループ 828万円 56人
7位 株式会社FOOD & LIFE COMPANIES 812万円 190人
8位 ウエルシアホールディングス株式会社 795万円 29人
9位 アスクル株式会社 785万円 771人
10位 エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社 772万円 125人

小売業業界に属する会社の年収ランキングの続きは、こちらをご覧ください!


大阪府の企業年収ランキングは?

SRSホールディングスが属する大阪府において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、大阪府における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一エリア内の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 株式会社キーエンス 2182万円 2599人
2位 日本商業開発株式会社 1694万円 45人
3位 伊藤忠商事株式会社 1627万円 4215人
4位 株式会社MBSメディアホールディングス 1344万円 627人
5位 朝日放送グループホールディングス株式会社 1253万円 72人
6位 サントリーホールディングス株式会社 1140万円 482人
7位 株式会社朝日新聞社 1113万円 3619人
8位 武田薬品工業株式会社 1105万円 5149人
9位 アンジェス株式会社 1078万円 42人
10位 長瀬産業株式会社 1029万円 892人

大阪府に本社を構える会社の年収ランキング続きは、こちらをご覧ください!


企業データ

最後に、SRSホールディングスの企業データについて調査した結果を記載します。

項目詳細
会社名SRSホールディングス株式会社
所在地大阪府大阪市中央区安土町2丁目3番13号大阪国際ビルディング30階
代表取締役社長代表取締役執行役員社長  重里 政彦
業種小売業

SRSホールディングスの歴史

歴史をもっと見る

昭和43年8月

株式会社尼崎すし半本店を設立。

昭和45年1月

恒栄フード・サービス株式会社に商号を変更。本社を大阪市淀川区に移転し、工場を新設。

昭和49年7月

株式会社サトに商号を変更。

昭和57年6月

大阪府堺市に工場を移転。

昭和59年3月

大阪証券取引所市場第二部に上場。

昭和59年9月

子会社サト運輸株式会社を設立。

昭和62年8月

神奈川県相模原市に関東配送センターを新設。

昭和63年9月

子会社株式会社芳醇を設立し、居酒屋事業に進出。

平成元年8月

株式会社芳醇の株式の100%を取得。

平成元年9月

大阪証券取引所市場第一部銘柄に指定。

平成2年7月

子会社スペースサプライ株式会社を設立。

平成3年3月

株式会社スインビー・フーズを買収し、酒類販売業に進出。

平成8年4月

子会社株式会社芳醇を吸収合併。

平成9年3月

子会社株式会社スインビー・フーズを清算。

平成10年10月

サトレストランシステムズ株式会社に商号を変更。

平成18年3月

大阪府堺市(現・堺市堺区)に本社を移転。

平成20年2月

中国上海に子会社上海莎都餐飲管理有限公司を設立。

平成20年9月

子会社サト運輸株式会社を清算。

平成22年8月

子会社上海莎都餐飲管理有限公司の出資持分の81%を譲渡。

平成22年10月

子会社サト・アークランドフードサービス株式会社(現・連結子会社)を設立。

平成24年11月

大阪市中央区に本社を移転。

平成25年7月

株式会社フーズネットの全株式を取得し、完全子会社化。

平成25年7月

東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所市場第一部に上場。

平成28年2月

統一上都股份有限公司を完全子会社化(社名を台湾上都餐飲股份有限公司に変更)。

平成28年9月

株式会社宮本むなし及び株式会社TWO SIXの全株式を取得し、完全子会社化。

平成29年3月

株式会社宮本むなし(吸収合併存続会社)と株式会社TWO SIX(吸収合併消滅会社)を吸収合併の方式により合併。

 

平成29年4月

平成29年2月に設立した株式会社すし半にすし半事業を吸収分割し、同社の全株式を譲渡。

平成29年4月

持株会社体制への移行を目的として、サトフードサービス株式会社を設立。

平成29年10月

SRSホールディングス株式会社に商号変更。飲食店の経営及びFC本部の運営等の事業を会社分割により、100%子会社であるサトフードサービス株式会社に承継。

 

令和元年5月

エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社と資本業務提携。

令和2年2月

株式交換により、株式会社家族亭及び株式会社サンローリーの全株式を取得し、完全子会社化。

令和3年4月

株式会社宮本むなし(吸収合併存続会社)と株式会社サンローリー(吸収合併消滅会社)を吸収合併の方式により合併し、存続会社である株式会社宮本むなしの商号を「M&Sフードサービス株式会社」に変更。

 

令和4年4月

子会社スペースサプライ株式会社を吸収合併。

令和4年4月

東京証券取引所の市場区分の見直しにより、東京証券取引所の市場第一部からプライム市場に移行。


まとめ

今回の記事では、SRSホールディングスの年収を中心に、業績の推移や競合企業との比較など、就職活動のためになる情報を徹底調査をしてきました。
会社選びをするうえで、インターネットの評判や社員の方による口コミも参考になりますが、企業のデータを知ることもとても重要です。

関連する業界については、下記で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

また、他の同業種の企業についても企業研究をしたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい!

【関連企業の年収を徹底調査】

このサイトについて

各企業の平均年収や平均勤続年数・平均年齢・従業員数などの基本情報は、有価証券報告書をデータソースとして使用しています。また、年齢別年収・役職別年収・生涯年収は、政府が公表している各種調査情報を元に、統計的な手法によって独自に算出をしています。詳しい算出方法はこちらのページをご覧ください。

出典

監修 年収チェッカー編集部


本サイトの記事は、人材業界と統計学の双方に専門的な知識を持つ、年収チェッカー編集部によって作成されています。