シノケングループの年収は789万円|年齢帯別・役職別年収やボーナスなどを徹底調査【2022年最新版】

最終更新日:


シノケングループの平均年収ランキングのまとめ

株式会社シノケングループは、福岡県に本社を構える、不動産業で事業を手掛ける企業です。 シノケングループの平均年収は789万円で、業界ランキング35位の平均年収となっています。 今回は、そんなシノケングループに就職すると年収がいくらになるのかについて、年代別・役職別などの軸で徹底分析をしていきます。 ぜひ就職後のイメージと照らし合わせながら読んでみてください!また、面接対策に役立つシノケングループの事業内容や沿革も紹介していきます。 是非最後まで読んで、就職活動の参考にしてくださいね!

また、下記の記事では、シノケングループについて、より就活生にたった視点で平均年収を分析しているので、就活生の方はぜひこちらもチェックしてみてください!


おすすめコンテンツ


シノケングループの平均年収はいくら?

平均年収のサマリー

2022年度のシノケングループの平均年収は、789万円でした(有価証券報告書調べ)。全国平均の年収が614万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

ここで、平均年収の推移をみてみましょう。

平均年収の推移

シノケングループの平均年収の推移

シノケングループの平均年収は直近6年間で、 +8.5%増加と上昇トレンドとなり、平均年収が増加していることが分かります。

年代別の平均年収

シノケングループの年代別平均年収

次に、年代別の平均年収をみてみましょう。25~29歳の平均年収は556万円で、 30~34歳になると643万円と平均年収が87万円プラスとなります。 さらに、35~39歳になると747万円で、40~45歳になると789万円40~45歳になると830万円となります。 そして、50~54歳になると897万円55~59歳になると864万円となります。

※こちらの試算は、株式会社シノケングループが発表をしている有価証券報告書と、厚生労働省が発表をしている 賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。 詳しい計算方法については、こちらのページを参考にしてください。

ここまで、シノケングループの平均年収のサマリーについてみてきました。 しかし、就職活動をする上で他社との比較は欠かせません。 シノケングループの平均年収は業界やエリア別で分析した際に、 上位何位なのでしょうか?

それでは、ランキングについて確認をしていきましょう!


ランキング

業界内ランキング

シノケングループの業界内年収ランキング

シノケングループが属する業界である、「不動産業」の上場企業平均年収は675万円でした。 そのため、シノケングループの平均年収は業界平均と比較をして 114万円高く、 業界内ランキングでは、163社中35位と比較的高い平均年収となっています。

次に、エリア内のランキングについて確認していきましょう!

エリア内ランキング

シノケングループのエリア内年収ランキング

シノケングループの本社がある福岡県における上場企業の平均年収は566万円となります。
そのため、シノケングループの平均年収はエリア平均と比較をして 223万円高く、 エリア内ランキングでは、104社中12位比較的高い平均年収となっています。

以上、シノケングループの年収ランキングについて見てきました。 ここまで読んでボーナスの額や、出世するといくら貰えるか気になる方も多いかと思います。

それでは、ボーナスの額や役職別の平均年収について確認をしてみましょう!

シノケングループでキャリアを重ねると

ボーナスはどれくらい貰える?

シノケングループのボーナス額の平均値は、127万円でした。 同業種の業界平均が108万円であることから、 19万円程高い金額になっています。

出世するといくら貰える?

シノケングループの役職別平均年収の比較

次に、シノケングループの役職別平均年収をみてみましょう。

係長の平均年収は978万円、 課長の平均年収は1279万円、 部長の平均年収は1542万円と、 同業界の平均と比較をして 比較的高い水準にあることが分かります。


シノケングループの生涯年収はいくら?

シノケングループの生涯年収ランキング

調査の結果、シノケングループの平均生涯年収は2.7億円でした。

全国の平均生涯年収が2.4億円であることを考えると、 シノケングループの生涯年収は 比較的高い水準となっています。

※ 生涯年収は、新卒または第二新卒から60歳まで株式会社シノケングループで働いたと仮定して算出しています。


シノケングループの従業員調査

ここまでシノケングループの年収を様々な角度から分析してきました。 しかし、就職先を検討する際には、給与・収入面だけでなく、その企業にどういった人が働いているかを知っておくことが重要です。 従業員のデータを予め分析して入社後のミスマッチを減らしておきましょう。

シノケングループの従業員数

シノケングループの従業員数比較

有価証券報告書によると、シノケングループの従業員数は、14人でした。 不動産業の従業情報員の平均従業員数が、267人であることから、 業界より比較的少ない人数であることが分かります。
また、同業種内での従業員数ランキングが140位(163社中)であることからも、 規模の比較的小さい企業であることが分かります。

シノケングループの従業員の平均勤続年数

シノケングループの平均勤続年数比較

有価証券報告書によると、シノケングループの平均勤続年数は、2.9年でした。 不動産業の従業員の平均属年数が、7.8年であることから、 比較的、出入りの多い職場であると言えるでしょう。

シノケングループの従業員平均年齢

シノケングループの従業員の平均年齢比較

有価証券報告書によると、シノケングループの従業員の平均年齢は、38.7歳でした。 不動産業の従業員の平均年齢が、40.5歳であることから、 比較的若い人の多い職場であると言えます。


シノケングループの事業展望

「せっかくシノケングループに採用してもらったのに、仕事内容や社風が合わない、、、」なんてことは避けたいですよね。 そのためにも、シノケングループが今後どのような成長戦略を考えているのかを知っておくことはとても重要です。 また、それだけでなくシノケングループがどのような人を採用したいと考えているのか見えてくるかもしれません。 それでは一緒に事業展望を見ていきましょう!

シノケングループは、事業戦略として、「気候変動問題等の世界規模で顕在化してきている諸課題に対しては、中長期的な視点をもって、財務面だけでなく、非財務面での取組みや戦略の重要性を認識し、適切に対処しながら、持続可能な成長と社会の構築を両立するサステナビリティ経営を推進していく」ようです。
また、有価証券報告書によると、今後の事業成長のために以下の取り組みを掲げています。

  • 今後、これらビジョン・ミッションの達成に向け、既存事業の拡大に加え、新たな商品及びサービスの開発や積極的なM&A、海外事業、新規事業を展開し、世界中のあらゆる人々のライフサポートを実現していくとともに、社会的企業としての責務を果たしながら、持続的に企業価値を向上させていく
  • 新型コロナウイルス感染拡大に対しては、今後も不透明な状況が続くことを想定しておるが、新しい生活様式に合わせた商品開発やDXの推進、新規事業開発等、新たな時代に向けて進化するスピードを落とすことのないよう取組んでいく
  • さまざまな環境の変化にも柔軟に対応できる経営基盤を築いており、オーナー様や入居者様、及びそのご家族を含め、お客様の生涯を通して寄り添う「ライフサポートカンパニー」として、各種の課題へ対応している

業績分析

続いて、有価証券報告書の決算情報をもとに、シノケングループの将来性を分析していきしょう!

売上額から見るシノケングループの将来性

シノケングループの売上高推移のグラフ

シノケングループは、主な事業として、不動産セールス事業・不動産サービス事業・ゼネコン事業・エネルギー事業・ライフケア事業を手がけています。 ここで、シノケングループの売上高推移についてみて見ましょう。 直近6年間の売上成長率は412.3%で、 高い成長率を誇っている会社と言えるでしょう。
また、シノケングループの売上高ランキングは、 同業種で123位業界平均と同等程度、もしくは下位に位置しています。

純利益から見るシノケングループの将来性

シノケングループの純利益高推移のグラフ

次に、シノケングループの純利益推移についてみてみましょう。 直近6年間の純利益成長率は3207.2%で、 高い成長率を誇っている会社と言えるでしょう。
また、シノケングループの売上高ランキングは、 同業種で38位業界を牽引している企業となっています。


シノケングループの競合企業は?

シノケングループと企業規模が比較的近く、かつ類似した事業内容を展開する企業は以下の企業です。 これらの企業の情報もチェックをしてみて下さいね。

企業名 平均年収 事業内容
ウェルス・マネジメント株式会社 845万円 不動産業
株式会社プロスペクト 634万円 不動産業
株式会社日神グループホールディングス 506万円 不動産業
株式会社イントランス 557万円 不動産業
株式会社エフ・ジェー・ネクスト 746万円 不動産業
株式会社誠建設工業 516万円 不動産業
中央地所株式会社 405万円 不動産業
グローム・ホールディングス株式会社 684万円 不動産業
株式会社新日本建物 831万円 不動産業
株式会社アルデプロ 627万円 不動産業

不動産業業界の企業年収ランキングは?

シノケングループが属する不動産業業界において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、不動産業業界における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一業界の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 ヒューリック株式会社 1803万円 189人
2位 日本商業開発株式会社 1694万円 45人
3位 霞ヶ関キャピタル株式会社 1311万円 103人
4位 三井不動産株式会社 1273万円 1898人
5位 三菱地所株式会社 1264万円 1053人
6位 株式会社ランドビジネス 1158万円 24人
7位 ロードスターキャピタル株式会社 1124万円 52人
8位 株式会社プロパスト 1117万円 45人
9位 平和不動産株式会社 1067万円 91人
10位 東急不動産ホールディングス株式会社 1057万円 87人

不動産業業界に属する会社の年収ランキングの続きは、こちらをご覧ください!


福岡県の企業年収ランキングは?

シノケングループが属する福岡県において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、福岡県における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一エリア内の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 株式会社RKB毎日ホールディングス 1240万円 22人
2位 九州朝日放送株式会社 1234万円 231人
3位 株式会社 テレビ西日本 1203万円 168人
4位 株式会社西日本フィナンシャルホールディングス 1054万円 10人
5位 三井松島ホールディングス株式会社 914万円 37人
6位 若築建設株式会社 868万円 751人
7位 株式会社西日本新聞社 859万円 561人
8位 株式会社ふくおかフィナンシャルグループ 799万円 299人
9位 株式会社シノケングループ 789万円 14人
10位 株式会社安川電機 787万円 3313人

福岡県に本社を構える会社の年収ランキング続きは、こちらをご覧ください!


企業データ

最後に、シノケングループの企業データについて調査した結果を記載します。

項目詳細
会社名株式会社シノケングループ
所在地福岡県福岡市中央区天神1丁目1番1号
代表取締役社長代表取締役社長 篠原 英明
業種不動産業

シノケングループの歴史

歴史をもっと見る

1990年6月

 

福岡市中央区に㈱シノハラ建設システム設立、アパート販売事業及び不動産賃貸管理事業を開始(現㈱シノケングループ)

1991年1月

資産運用型アパートの初ブランド誕生「コンパートメントハウス」シリーズ発売開始

1993年1月

福岡県糟屋郡粕屋町(福岡流通センター南)に初代社屋完成(3階建・自社ビル)同時に本社を移転

1995年1月

新ブランド誕生、鉄骨造の「ネオ・コンパートメントハウス」シリーズ発売開始

1997年1月

福岡エリアにおける在来木造アパート着工棟数で「コンパートメントハウス」シリーズが第1位を獲得

1999年1月

アパート販売における地盤保証開始。独自に開発し全てのアパート販売物件に付加

2月

家賃等の債務保証を行う現㈱シノケンコミュニケーションズを設立

2000年6月

創業10周年

7月

福岡市博多区に新社屋完成(10階建・自社ビル)同時に本社を移転

2001年1月

東京進出、東京都港区にオフィスを開設、首都圏への事業拡大

3月

事業譲渡により㈱エスケーエナジーがLPガス小売販売事業を開始

2002年1月

業界初、全物件にインターネット常時接続、無料で使い放題のシステム導入

12月

日本証券業協会に株式を店頭登録

2003年7月

首都圏でワンルームマンション開発・販売を行う㈱日商ハーモニーの株式を100%取得し、完全子会社化

2004年1月

名古屋進出、名古屋市中区にオフィスを開設

8月

 

㈱東京スター銀行と業務提携、日本初、個人向けアパートローンでノンリコースローン(借主責任限定型)の活用開始

12月

 

日本証券業協会への店頭登録を取消しジャスダック証券取引所(現東京証券取引所JASDAQ)に株式を上場

2005年1月

札幌進出、札幌市中央区にオフィスを開設

3月

連結売上高が100億円を突破

2006年4月

仙台進出、仙台市青葉区にオフィスを開設

2007年1月

海外進出第1号、中国上海に希諾建房地産諮詢(上海)有限公司を設立

10月

持株会社制を導入、「㈱シノケングループ」に商号変更し、持株会社とする体制へ移行

12月

名古屋エリアでLPガス小売販売事業を行う㈱エスケーエナジー名古屋を設立

2008年8月

不動産賃貸管理を専業で行う、現㈱シノケンファシリティーズを設立

2009年12月

現 希諾建(上海)物業経営管理有限公司を子会社化

12月

東京エリアでLPガス小売販売事業を行う㈱エスケーエナジー東京を設立

2010年6月

創業20周年

9月

現㈱シノケンアメニティを完全子会社化、マンション管理事業へ参入

2011年5月

 

アパート販売事業の企画及びマーケティング事業を行うことを目的として、㈱シノケンプロデュースを設立

2012年12月

ライフケア事業の統括を行うことを目的として、㈱シノケンウェルネスを設立

2013年5月

本社をアクロス福岡(福岡市中央区)へ移転

9月

ジック少額短期保険㈱を子会社化、少額短期保険事業へ参入

10月

「高齢者安心サポート賃貸住宅」(寿らいふプラン)のビジネスモデルでグッドデザイン賞を受賞

11月

バックオフィス業務の充実を図ることを目的として、㈱シノケンオフィスサービスを設立

2014年2月

㈱小川建設を完全子会社化、ゼネコン事業へ参入

12月

大阪進出、大阪市淀川区にオフィスを開設

2015年2月

㈱フレンドを完全子会社化、グループホーム事業へ参入

8月

㈱小川建設が、インドネシア駐在員事務所開設

10月

㈱プロパストを持分法適用関連会社化

12月

連結売上高が500億円を突破

2016年1月

㈱アップルケアを完全子会社化、訪問介護事業へ参入

3月

インドネシアにおける業容拡大を目的とし、PT. Shinoken Development Indonesiaを設立

4月

仙台エリアでLPガス小売販売事業を行う㈱エスケーエナジー仙台を設立

9月

アパート販売の主力商品である「New Standard」のBRICK及びPLATFORMでグッドデザイン賞をダブル受賞

10月

不動産ファンドの運用等を目的とし、㈱シノケンアセットマネジメントを設立


まとめ

今回の記事では、シノケングループの年収を中心に、業績の推移や競合企業との比較など、就職活動のためになる情報を徹底調査をしてきました。
会社選びをするうえで、インターネットの評判や社員の方による口コミも参考になりますが、企業のデータを知ることもとても重要です。

関連する業界については、下記で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

また、他の同業種の企業についても企業研究をしたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい!

【関連企業の年収を徹底調査】

このサイトについて

各企業の平均年収や平均勤続年数・平均年齢・従業員数などの基本情報は、有価証券報告書をデータソースとして使用しています。また、年齢別年収・役職別年収・生涯年収は、政府が公表している各種調査情報を元に、統計的な手法によって独自に算出をしています。詳しい算出方法はこちらのページをご覧ください。

出典

監修 年収チェッカー編集部


本サイトの記事は、人材業界と統計学の双方に専門的な知識を持つ、年収チェッカー編集部によって作成されています。