虫眼鏡 ロゴ

東亜石油の年収は746万円|年齢帯別・役職別年収やボーナスなどを徹底調査【2022年最新版】

最終更新日:


東亜石油の平均年収ランキングのまとめ

東亜石油株式会社は、神奈川県に本社を構える、石油・石炭製品で事業を手掛ける企業です。 東亜石油の平均年収は746万円で、業界ランキング8位の平均年収となっています。 今回は、そんな東亜石油に就職すると年収がいくらになるのかについて、年代別・役職別などの軸で徹底分析をしていきます。 ぜひ就職後のイメージと照らし合わせながら読んでみてください!また、面接対策に役立つ東亜石油の事業内容や沿革も紹介していきます。 是非最後まで読んで、就職活動の参考にしてくださいね!

また、下記の記事では、東亜石油について、より就活生にたった視点で平均年収を分析しているので、就活生の方はぜひこちらもチェックしてみてください!


おすすめコンテンツ


東亜石油の平均年収はいくら?

平均年収のサマリー

2022年度の東亜石油の平均年収は、746万円でした(有価証券報告書調べ)。全国平均の年収が614万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

ここで、平均年収の推移をみてみましょう。

平均年収の推移

東亜石油の平均年収の推移

東亜石油の平均年収は直近6年間で、 -5.1%減少と減少トレンドとなり、平均年収が減少していることが分かります。

年代別の平均年収

東亜石油の年代別平均年収

次に、年代別の平均年収をみてみましょう。25~29歳の平均年収は497万円で、 30~34歳になると573万円と平均年収が76万円プラスとなります。 さらに、35~39歳になると652万円で、40~45歳になると697万円40~45歳になると746万円となります。 そして、50~54歳になると805万円55~59歳になると804万円となります。

※こちらの試算は、東亜石油株式会社が発表をしている有価証券報告書と、厚生労働省が発表をしている 賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。 詳しい計算方法については、こちらのページを参考にしてください。

ここまで、東亜石油の平均年収のサマリーについてみてきました。 しかし、就職活動をする上で他社との比較は欠かせません。 東亜石油の平均年収は業界やエリア別で分析した際に、 上位何位なのでしょうか?

それでは、ランキングについて確認をしていきましょう!


ランキング

業界内ランキング

東亜石油の業界内年収ランキング

東亜石油が属する業界である、「石油・石炭製品」の上場企業平均年収は792万円でした。 そのため、東亜石油の平均年収は業界平均と比較をして 46万円低く、 業界内ランキングでは、13社中8位と比較的低い平均年収となっています。

次に、エリア内のランキングについて確認していきましょう!

エリア内ランキング

東亜石油のエリア内年収ランキング

東亜石油の本社がある神奈川県における上場企業の平均年収は617万円となります。
そのため、東亜石油の平均年収はエリア平均と比較をして 129万円高く、 エリア内ランキングでは、210社中30位比較的高い平均年収となっています。

以上、東亜石油の年収ランキングについて見てきました。 ここまで読んでボーナスの額や、出世するといくら貰えるか気になる方も多いかと思います。

それでは、ボーナスの額や役職別の平均年収について確認をしてみましょう!

東亜石油でキャリアを重ねると

ボーナスはどれくらい貰える?

東亜石油のボーナス額の平均値は、120万円でした。 同業種の業界平均が127万円であることから、 7万円程低い金額になっています。

出世するといくら貰える?

東亜石油の役職別平均年収の比較

次に、東亜石油の役職別平均年収をみてみましょう。

係長の平均年収は925万円、 課長の平均年収は1209万円、 部長の平均年収は1458万円と、 同業界の平均と比較をして 比較的低い水準にあることが分かります。


東亜石油の生涯年収はいくら?

東亜石油の生涯年収ランキング

調査の結果、東亜石油の平均生涯年収は2.4億円でした。

全国の平均生涯年収が2.4億円であることを考えると、 東亜石油の生涯年収は 比較的高い水準となっています。

※ 生涯年収は、新卒または第二新卒から60歳まで東亜石油株式会社で働いたと仮定して算出しています。


東亜石油の従業員調査

ここまで東亜石油の年収を様々な角度から分析してきました。 しかし、就職先を検討する際には、給与・収入面だけでなく、その企業にどういった人が働いているかを知っておくことが重要です。 従業員のデータを予め分析して入社後のミスマッチを減らしておきましょう。

東亜石油の従業員数

東亜石油の従業員数比較

有価証券報告書によると、東亜石油の従業員数は、437人でした。 石油・石炭製品の従業情報員の平均従業員数が、924人であることから、 業界より比較的少ない人数であることが分かります。
また、同業種内での従業員数ランキングが7位(13社中)であることからも、 規模の比較的小さい企業であることが分かります。

東亜石油の従業員の平均勤続年数

東亜石油の平均勤続年数比較

有価証券報告書によると、東亜石油の平均勤続年数は、19.2年でした。 石油・石炭製品の従業員の平均属年数が、17.6年であることから、 一度東亜石油に就職した人が比較的長い期間働いている、定着率の高い職場と言えそうです。

東亜石油の従業員平均年齢

東亜石油の従業員の平均年齢比較

有価証券報告書によると、東亜石油の従業員の平均年齢は、43.11歳でした。 石油・石炭製品の従業員の平均年齢が、43.0歳であることから、 比較的年齢の高い職場であると言えます。


東亜石油の事業展望

「せっかく東亜石油に採用してもらったのに、仕事内容や社風が合わない、、、」なんてことは避けたいですよね。 そのためにも、東亜石油が今後どのような成長戦略を考えているのかを知っておくことはとても重要です。 また、それだけでなく東亜石油がどのような人を採用したいと考えているのか見えてくるかもしれません。 それでは一緒に事業展望を見ていきましょう!

東亜石油は、事業戦略として、「状況の中、エネルギー供給を社会的使命とする製油所としての勝ち残りを果たすため、「首都圏トップの効率/精製コストと設備信頼性を備え、社員のやりがいが溢れ安全文化が根付いた会社」をありたい姿とし、「安全」「設備信頼性」「効率」「従業員満足度」の四項目について目標を設定し取り組むことで、首都圏へのエネルギー供給の一翼を担う石油精製・発電のエキスパートとして社会が求めるエネルギーを提供していく」ようです。
また、有価証券報告書によると、今後の事業成長のために以下の取り組みを掲げています。

  • 業務改善活動を推進し、生産性を向上させるのみならず、従業員一人ひとりが改善活動を通じて成功や成長を実感しやりがいを向上すると同時に、働くことの役割を認識し、安心感と納得感を高めて、風通しの良い、持続的に発展する会社を目指していく
  • 技術と知識を持った社員の多くが定年を迎え、引き継ぐ社員が急激に若返るといった大規模な世代交代の時期にあり、定期修繕工事の周期延長による経験の機会の減少等、人材配置や技術伝承についての課題が顕在化している
  • 事故ゼロ・災害ゼロ・環境トラブルゼロおよび品質事故ゼロの取り組みを継続するとともに、管理者・監督者がルール遵守を自ら行動をもって示す「率先垂範」の活動を継続し、安全文化の浸透と定着を進めていく

業績分析

続いて、有価証券報告書の決算情報をもとに、東亜石油の将来性を分析していきしょう!

売上額から見る東亜石油の将来性

東亜石油の売上高推移のグラフ

東亜石油は、主な事業として、石油事業・電気事業を手がけています。 ここで、東亜石油の売上高推移についてみて見ましょう。 直近6年間の売上成長率は-4.2%で、 成長がやや鈍化していると言えるでしょう。
また、東亜石油の売上高ランキングは、 同業種で10位業界平均と同等程度、もしくは下位に位置しています。

純利益から見る東亜石油の将来性

東亜石油の純利益高推移のグラフ

次に、東亜石油の純利益推移についてみてみましょう。 直近6年間の純利益成長率は-12.2%で、 成長がやや鈍化していると言えるでしょう。
また、東亜石油の売上高ランキングは、 同業種で9位業界平均と同等程度、もしくは下位に位置しています。


東亜石油の競合企業は?

東亜石油と企業規模が比較的近く、かつ類似した事業内容を展開する企業は以下の企業です。 これらの企業の情報もチェックをしてみて下さいね。

企業名 平均年収 事業内容
ニチレキ株式会社 735万円 石油・石炭製品
富士石油株式会社 762万円 石油・石炭製品
日本コークス工業株式会社 599万円 石油・石炭製品
株式会社MORESCO 666万円 石油・石炭製品

石油・石炭製品業界の企業年収ランキングは?

東亜石油が属する石油・石炭製品業界において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、石油・石炭製品業界における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一業界の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 ENEOSホールディングス株式会社 1006万円 905人
2位 RSエナジー株式会社 947万円 921人
3位 東燃ゼネラル石油株式会社 901万円 1947人
4位 コスモエネルギーホールディングス株式会社 899万円 217人
5位 ビーピー・カストロール株式会社 897万円 96人
6位 出光興産株式会社 861万円 5123人
7位 富士石油株式会社 762万円 500人
8位 東亜石油株式会社 746万円 437人
9位 ニチレキ株式会社 735万円 431人
10位 ユシロ化学工業株式会社 694万円 314人

石油・石炭製品業界に属する会社の年収ランキングの続きは、こちらをご覧ください!


神奈川県の企業年収ランキングは?

東亜石油が属する神奈川県において、どの企業の年収が多いか気になる方も多いかと思います。 そこで、神奈川県における平均年収のランキングをまとめてみました。 同一エリア内の年収ランキングについても是非チェックしてみてください!

順位 企業名 平均年収 従業員数
1位 マクニカ・富士エレ ホールディングス株式会社 1873万円 28人
2位 レーザーテック株式会社 1379万円 328人
3位 株式会社クリエイトSDホールディングス 1154万円 7人
4位 東京汽船株式会社 954万円 236人
5位 千代田化工建設株式会社 926万円 1603人
6位 ペプチドリーム株式会社 882万円 141人
7位 東京エレクトロンデバイス株式会社 872万円 971人
8位 日揮ホールディングス株式会社 864万円 236人
9位 ブライトパス・バイオ株式会社 860万円 38人
10位 東京応化工業株式会社 859万円 1261人

神奈川県に本社を構える会社の年収ランキング続きは、こちらをご覧ください!


企業データ

最後に、東亜石油の企業データについて調査した結果を記載します。

項目詳細
会社名東亜石油株式会社
会社ホームページhttp://www.toaoil.co.jp/
所在地神奈川県川崎市川崎区水江町3番1号
代表取締役社長代表取締役社長  原 田 和 久
業種石油・石炭製品
事業内容主たる事業:石油精製   その他:電気事業(電力卸供給)

東亜石油の歴史

歴史をもっと見る

1924年2月

「日本重油株式会社」として創立、石油製品類の販売を開始する。(資本金10万円)

1942年4月

商号を「東亜石油株式会社」と改称する。

1950年5月

東京証券取引所へ株式上場する。

1953年1月

大阪証券取引所へ株式上場する。

1955年7月

神奈川県川崎市に、日産6,000バーレルの製油所を建設し、石油精製業に進出する。

1961年3月

原油処理能力を日産20,000バーレルに増強する。

1961年10月

名古屋証券取引所へ株式上場する。

1962年3月

原油処理能力を日産50,000バーレルに増強する。

1965年8月

日本鉱業株式会社及びアジア石油株式会社とともに「共同石油株式会社」を設立し、販売・運輸部門を集約する。

1966年11月

伊藤忠商事株式会社が筆頭株主となり、以降、1979年12月までの間、伊藤忠商事株式会社の経営傘下となる。

1968年10月

原油処理能力を日産100,000バーレルに増強する。

1973年6月

「東亜共石株式会社」を設立し、同年10月に、愛知県知多市に日産100,000バーレルの新製油所を建設、稼働する。

1976年8月

川崎製油所の構内作業を行う会社として、株式会社東亜サービス(現:東亜テックス株式会社(東亜石油株式会社連結子会社))を設立する。

1977年10月

川崎製油所にガス化脱硫装置(重質油熱分解装置)を建設、稼働する。

1979年12月

昭和石油株式会社が筆頭株主となり、伊藤忠商事株式会社より同社へ経営権が譲渡されたことにより、当社は「共石グループ」を離脱した。同時に、当社は昭和石油株式会社および共同石油株式会社(伊藤忠商事株式会社が受託斡旋)の受託精製専業会社となる。

1980年4月

昭和石油株式会社・シェル興産株式会社との間で「原油精製委託契約」を締結する。

1983年10月

原油処理能力日産35,000バーレルを休止し、日産65,000バーレルとなる。

1985年1月

伊藤忠商事株式会社との関係を解消し、共同石油株式会社と直接受託精製を行う。

1987年7月

流動接触分解装置(FCC装置)を建設、稼働する。

1989年9月

溶剤製造装置を建設、稼働する。

1989年12月

共同石油株式会社との原油精製受託契約を終了する。

1993年10月

プロピレン精密蒸留装置を建設、稼働する。

1996年1月

株式会社東亜サービス(現:東亜テックス株式会社)の100%子会社として、東石商事株式会社を設立する。

1996年5月

軽油深度脱硫装置(HDD装置)を建設、稼働する。

1998年1月

東京電力株式会社との間で「電力受給契約」を締結する。

2000年2月

本社所在地を東京都千代田区から川崎市川崎区に変更する。

2000年10月

昭和シェル石油株式会社川崎製油所の設備を賃借し、当社川崎製油所と併せて一体運営を開始する。(当社の川崎製油所を水江工場、昭和シェル石油株式会社川崎製油所を扇町工場とし、全体を京浜製油所と総称する。)

2001年2月

昭和シェル石油株式会社との「原油精製委託契約」を改定する。

2001年7月

電源開発株式会社との間で、電力卸供給事業(IPP)について「共同事業化協定書」を締結する。

2001年9月

電力卸供給事業(IPP)の事業会社として、株式会社ジェネックスを設立する。

2003年4月

電力卸供給事業(IPP)を株式会社ジェネックスに営業譲渡し、同社は電源開発株式会社の100%連結子会社である株式会社ジェイパワージェネックスキャピタルから出資(40%)を受ける。

2003年6月

株式会社ジェネックスが営業運転を開始する。

2005年10月

昭和シェル石油株式会社を割当先とする第三者割当増資を行い、同社が当社の親会社となる。

 


まとめ

今回の記事では、東亜石油の年収を中心に、業績の推移や競合企業との比較など、就職活動のためになる情報を徹底調査をしてきました。
会社選びをするうえで、インターネットの評判や社員の方による口コミも参考になりますが、企業のデータを知ることもとても重要です。

関連する業界については、下記で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

また、他の同業種の企業についても企業研究をしたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい!

【関連企業の年収を徹底調査】

このサイトについて

各企業の平均年収や平均勤続年数・平均年齢・従業員数などの基本情報は、有価証券報告書をデータソースとして使用しています。また、年齢別年収・役職別年収・生涯年収は、政府が公表している各種調査情報を元に、統計的な手法によって独自に算出をしています。詳しい算出方法はこちらのページをご覧ください。

出典

監修 年収チェッカー編集部


本サイトの記事は、人材業界と統計学の双方に専門的な知識を持つ、年収チェッカー編集部によって作成されています。