虫眼鏡 ロゴ

【2021年最新版】空運業の平均年収はいくら? | 年代・役職別年収や、業界内ランキングを徹底調査

最終更新日:


空運業業界の平均年収は、652万円で、全30業界のうち、年収ランキングは4位となります。 空運業に就職もしくは転職した場合、いくらのお給料がもらえるか気になる方も多いかもしれません。また、空運業に属する会社には色んな会社がありますが、会社毎の平均年収が気になる方もいらっしゃるでしょう。 そこで、本記事では年収を中心として、空運業業界について徹底的にリサーチをしていきます! 是非最後まで読んで、会社・業界選びの参考にしてくださいね!


目次


空運業の平均年収はいくら?

年代別の平均年収

まず初めに、年代別の平均年収をみてみましょう。 20~24歳の平均年収は0万円で、 30~34歳になると0万円と 平均年収が0万円プラスとなります。 さらに、40~45歳になると0万円で、 50~54歳になると0万円となります。 ※こちらの試算は、ソフトバンクが発表をしている有価証券報告書と、厚生労働省が発表をしている賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。

役職別の平均年収

次に、空運業の役職別平均年収をみてみましょう。 係長の平均年収は0万円、 課長の平均年収は0万円、 部長の平均年収は0万円と、 同業界の平均と比較をして比較的高い水準にあることが分かります。


空運業で働いている人は?

平均年齢

有価証券報告書によると、空運業の従業員の平均年齢は、39.7歳でした。 全業界での従業員の平均年齢が、歳であることから、業界水準と同程度であるといえます。

平均勤続年数

有価証券報告書によると、空運業の平均勤続年数は、12.4年でした。 全業界での平均勤続年数が、年であることから、業界水準と同程度であるといえます。


空運業の会社ランキング

平均年収別

上場企業の内、空運業に分類される会社数は10社あります。 これらの会社に入るといくらの年収が貰えるか気になる方も多いと思います。 そこで、平均年収を軸として、空運業の会社ランキングTOP30を一挙公開します!

企業名平均年収
アジア航測株式会社 696万円
日本航空株式会社 678万円
株式会社パスコ 655万円
ANAホールディングス株式会社 563万円
株式会社AIRDO 559万円
株式会社スターフライヤー 500万円
株式会社ソラシドエア 454万円

売上額別

ここまで、平均年収を軸として会社ランキングを見てきました。次に、売上額別のランキングTOP30を見てみましょう!

企業名売上高
ANAホールディングス株式会社 2336億円
株式会社パスコ 502億円
アジア航測株式会社 282億円
株式会社スターフライヤー 182億円

利益額別

次に、利益額別のランキングTOP30を見てみましょう!

企業名利益額
株式会社パスコ 31億円
アジア航測株式会社 16億円
株式会社ソラシドエア -76億円
株式会社スターフライヤー -100億円
株式会社AIRDO -121億円
ANAホールディングス株式会社 -261億円
日本航空株式会社 -0.3兆円

まとめ

以上、空運業について平均年収を中心としてリサーチを見てきました。 働きたい会社は見つかりましたでしょうか? 是非、こちらの記事を元に業界研究を進めていってくださいね!

また、他の業界について調べたい場合、以下の記事を参考にして下さいね!