虫眼鏡 ロゴ

【2021年最新版】保温工事の平均年収はいくら? | 年代・役職別年収や仕事内容を徹底調査

最終更新日:


保温工事は、「オフィスビルやマンションの冷暖房換気設備、給排水衛生設備、ビル群にエネルギーを供給する地域冷暖房の配管網、工場や発電所における高温の蒸気装置、低温の天然ガスや石油液化ガスの配管、半導体工場のクリーンルームに清浄な空気を送るダクトなどには、必ず保温・保冷工事が施される」職業です 。
厚生労働省が発表をしている賃金構造基本統計調査によると、保温工事の平均年収は433万円で、職業年収ランキング203位の平均年収となっています。 今回は、そんな保温工事の年収を、年代別・役職別などの軸で徹底分析をしていきます。 是非最後まで読んで、職業選びの参考にしてくださいね!


目次


保温工事の平均年収はいくら?

平均年収のサマリー

保温工事の平均年収は、433万円でした(賃金構造基本統計調査より)。 全国平均の年収が436万円であることを考えると、 全国平均よりもやや低い水準となっています。 ここで、年代別の平均年収をみてみましょう。

年代別の平均年収

25~29歳の平均年収は369万円で、30~34歳になると397万円と平均年収が28万円プラスとなります。 さらに、40~45歳になると433万円で、50~54歳になると458万円となります。
※こちらの試算は、厚生労働省が発表をしている賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。

出世するといくら貰える?

次に、保温工事の役職別平均年収をみてみましょう。 係長の平均年収は538万円、 課長の平均年収は703万円、 部長の平均年収は848万円となっており、 全国平均よりもやや低い水準となっています。


保温工事ってどのくらいいるの?

平成27の国勢調査によると、保温工事の就業者数は598750人でした。


保温工事の平均年齢は?

令和2年の賃金構造基本統計調査によると、保温工事の平均年齢は、42.4歳でした。 全職種全体の平均年齢が46.7歳であることを踏まえると、 他の職業と比較をしてやや若めの年齢であることが分かります。


保温工事の学歴は?

保温工事の学歴で最も比率が多いのは、高卒で、次に大卒、高卒未満となっています。


保温工事ってどんな業務をするの?

保温工事の業務として、主に以下の業務を行います。

  • 巻き尺、手引きのこ、ナイフ、はさみを使用し、断熱材を測って裁断する。
  • 構造物の表面に断熱材を鋲、針金、金属性バンド、金網などの補助材を使って取りつける。
  • 断熱材をつけるための下地づくりをする。
  • 設計図を読み、工事対象物の温度や形状、目的に合った適切な断熱材を選択する。
  • 結露防止のため、断熱材の外側をフィルムやシート、防水紙などで覆う。

参考サイト一覧

こちらの記事は、以下のサイトを参考に作成をしています。 さらなる情報に興味がある人は、以下のサイトもチェックしてみて下さいね!

まとめ

今回の記事では、保温工事の年収を中心に、年代別・役職別などの軸で徹底調査をしてきました。こちらの記事を元に、職種選びの参考にしてみて下さい。 また、他の職種についてさらに研究をしたい方は、他の記事もぜひ参考にしてみて下さい!