虫眼鏡 ロゴ

【2021年最新版】家庭裁判所調査官の平均年収はいくら? | 年代・役職別年収や仕事内容を徹底調査

最終更新日:


家庭裁判所調査官は、「行動科学等の専門的な知見や技法を活用して、家庭内の紛争解決や非行少年の立ち直りに向けた調査活動を行う」職業です (別名で裁判所調査官と呼ばれることもあります) 。
厚生労働省が発表をしている賃金構造基本統計調査によると、家庭裁判所調査官の平均年収は878万円で、職業年収ランキング9位の平均年収となっています。 今回は、そんな家庭裁判所調査官の年収を、年代別・役職別などの軸で徹底分析をしていきます。 是非最後まで読んで、職業選びの参考にしてくださいね!


目次


家庭裁判所調査官の平均年収はいくら?

平均年収のサマリー

家庭裁判所調査官の平均年収は、878万円でした(賃金構造基本統計調査より)。 全国平均の年収が436万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。 ここで、年代別の平均年収をみてみましょう。

年代別の平均年収

25~29歳の平均年収は728万円で、30~34歳になると783万円と平均年収が55万円プラスとなります。 さらに、40~45歳になると854万円で、50~54歳になると903万円となります。
※こちらの試算は、厚生労働省が発表をしている賃金構造基本統計調査を元に試算をしています。

出世するといくら貰える?

次に、家庭裁判所調査官の役職別平均年収をみてみましょう。 係長の平均年収は1090万円、 課長の平均年収は1424万円、 部長の平均年収は1718万円となっており、 全国平均よりも高い水準となっています。


家庭裁判所調査官ってどのくらいいるの?

平成27の国勢調査によると、家庭裁判所調査官の就業者数は24680人でした。


家庭裁判所調査官の平均年齢は?

令和2年の賃金構造基本統計調査によると、家庭裁判所調査官の平均年齢は、46.0歳でした。 全職種全体の平均年齢が46.7歳であることを踏まえると、 他の職業と比較をしてやや若めの年齢であることが分かります。


家庭裁判所調査官の学歴は?

家庭裁判所調査官の学歴で最も比率が多いのは、大卒で、次に修士課程卒、博士課程卒となっています。 他の職業と比較をして学歴が高めの人が多い職業であることが分かります。


家庭裁判所調査官ってどんな業務をするの?

家庭裁判所調査官の業務として、主に以下の業務を行います。

  • 家庭内の問題について当事者との面接を行い、事件処理に必要な調査をする。
  • 少年の行状、経歴、家庭環境を調べ、事件処理に必要な調査報告にまとめる。
  • 少年が冷静に審判に臨めるように援助を行い、実際の審判に出席して意見を述べる。
  • 罪を犯した少年の面接や心理テストを行う。
  • 当事者に対してカウンセリングの技法を用いて心理的な援助を与える。

参考サイト一覧

こちらの記事は、以下のサイトを参考に作成をしています。 さらなる情報に興味がある人は、以下のサイトもチェックしてみて下さいね!

まとめ

今回の記事では、家庭裁判所調査官の年収を中心に、年代別・役職別などの軸で徹底調査をしてきました。こちらの記事を元に、職種選びの参考にしてみて下さい。 また、他の職種についてさらに研究をしたい方は、他の記事もぜひ参考にしてみて下さい!